海事

はじめに

1954年の創業から当社の大きな柱の一つとなっている海事図書(船舶、海運、港湾、航海、機関、運用、造船、法令)。日本は小さな国ながらも、海を含めると、とても大きな面積となっています。そして、海から得られる恩恵もとってもたくさんあります。その海に関する事柄(海事)について、当社では多くの専門書を発行しています。

遡ること、創業当時。創業者である小川實は「海事図書をつくろう!」と思い、成山堂書店を立ち上げました。戦争をくぐり抜け、船会社で勤めていた中、勉強しようにも当時は今のように豊富に本がある時代ではありませんでした。

「日本は海に囲まれているのに、その海に関する本がない。 日本人はもっともっと海について勉強していかなければならい」そこから、海事図書の発行に向けて進み始めます。しかし、自分一人でできるはずもなく、恩師や友人・知人のつてを頼りに、本の製作を開始。

やろうと思ったものの本作りは素人。あれこれ悪戦苦闘しながら、昭和31年に発行した「海事概要ー海と船の常識ー」が大ヒット。学校の教科書などで使われました。

昭和35年には今でも売れ続けている『概説 海事法規(2訂版)』の前身である、「海事法規の解説」を発行。昭和42年にうぐいす六法の愛称で親しまれている、「海事法令シリーズ」を発行。その後、数多くの海事図書を発行し、20年、30年と今でも使われている本が多数あります。

海事業界で働いている方、海事業界を目指して勉強している学生たち、働きながら次のステップへ向けて勉強をされている方、海に関わる多くの方に愛用されている本を発行し続けています。


海事の書籍紹介

海技試験六法 2024年版

国土交通省海事局海技課 監修

◆本書の特徴◆ 海技試験科目のうち、「海事法令」は、筆記試験が行われるいくつかの基本法令を除いて口述試験中心に行われ、同時に、口述試験場に法令集を持ち込み、これを見ながら回答することが許されています。このため、筆記試験はもとより、口述試験に合格するには、日頃から法令集を使いなじんでおく必要があります。 本書は、筆記試験と口述試験の全出題範囲を網羅したもので、国土交通省海事局海技課の監修を得て、口述試験場に携帯することが認められています。現在、海技試験のために編集されている専用の法令集は他に例がなく、まさに受験者必携の六法と言えます……

四・五・六級 運用読本 改訂版

及川 実 著

過去に出題された海技国家試験を徹底分析。出題傾向に沿って重点解説。筆記・口述試験を問わず本書で勉強すれば、4・5・6級海技士運用科目の攻略は万全。 【改訂版によせて】 本書は,「船舶職員及び小型船舶操縦者法」に定める海技士国家試験(海技試験)の試験科目の1 つ,「運用に関する科目」について,主に四級,五級及び六級海技士(航海)を目指す方々を対象として「学科試験科目の細目」に合わせて編集しております。 新版の発行から12 年が経過し,その間,「STCW 条約」,「SOLAS 条約」,「MARPOL 条約」等の国際条約の見直し及……

ばら積み船の運用実務

関根博 監修 / 酒井明彦・亀田義則・山本惠太 共著

世界中で約13,000隻、全船舶総トン数の40%以上を占めているばら積み船の実務書。 ばら積み船の構造、荷役、管理、保守の実務全般を写真と各種フォームを取り入れて紹介します。 【著者まえがき】 2013年において約10,000隻のばら積み船が世界で運航されていたが、10年後の2023年においては約13,000隻と大幅に増加している。これは世界の全船舶総トン数の40%以上を占めている(Intercargo)。 このように世界で主流のばら積み船を使用したビジネス、すなわちドライバルクビジネスにおいては、投入される船型、輸送貨物、……

航海訓練所シリーズ 読んでわかる三級航海 運用編(2訂版)

独立行政法人 海技教育機構 編著

航海訓練所の練習船で使っているテキストです。 三級海技士の習得に必要な知識を体系化した新シリーズ。 最新資料をもとに全面書きおろし。 現役航海士ならではの実務的でわかりやすい解説。 操船、復原性、船体の構造から非常時の対応、機関概要まで、運用の基礎を幅広く収録。 海技士試験にも役立つ。 【はじめに】より 本書は航海士を目指す人のための入門書です。本書は船舶運用学の基礎を勉強したい方に最適となるように執筆しました。すでに出版されている航海編と併せてご利用頂き、船舶に関する幅広い知識習得の一助として頂ければ幸いで……

傭船契約の実務的解説 3訂版

谷本裕範・宮脇亮次 共著

傭船契約から船を雇い入れる契約(他人の所有船を一定の取り決め、条件の下使うこと)→裸傭船、定期傭船、航海傭船これらについてのポイントを民法・商法の典拠を明らかにし、様々な契約書式(海運集会所フォーム、ボルチック国際海運協議会書式のBARECON、BALTIME、NYPEを用いて、国内外の契約に関する争議の判例も挙げながら実務上の注意点を解説。 平成30年に公布が期待されている「商法及び国際海上物品運送法」の改正法案を見据えての解説を加えた「2訂版」。 実務で使われている契約書式(海運集会所フォーム、BARECON、BALTIM……

クルーズポート読本 2024年版

一般財団法人 みなと総合研究財団 クルーズ総合研究所 編著

クルーズ船の歴史からクルーズ船の誘致、寄港に関する業務を網羅的に掲載、クルーズ関係業務に携わる方の基礎知識の習得に役立つ内容で、クルーズ船の誘致に関わる港湾関係者はもちろん、クルーズ産業に携わる方がたのテキストに最適な一冊となっています。 [toc] 【はじめに】 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、見合わせていたクルーズ船の運航は、日本籍船による国内クルーズが2020年10月、国際クルーズは2022年12月、外国籍のクルーズ船の寄港は2023 年3月に再開されました。外国籍のクルーズ船は、2023年には……

海洋法と船舶の通航(増補2訂版)

兼原敦子 監修/公益財団法人 日本海事センター 編

国連海洋法条約諸規定のうち、船舶の通航に関する規定を海域の区分ごとに解説した唯一の書。海賊、環境、EEZ、便宜置籍船等、近年注目の事項も多く取り入れ、歴史的経緯から最新事情までを網羅。 【はしがき】 日本海事センターは,日本海事財団と財団法人日本海運振興会の両法人を統合して2007年4月に発足。2011年4月に「公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律」に基づく公益財団法人への移行に伴い,名称が公益財団法人日本海事センターとなった。当センターは,海洋国家たるわが国の発展に貢献するため,海事関係の各種調査研究・政策提言……

舶用金属材料の基礎

盛田 元彰 著

船舶乗組員・舶用機器メーカーを目指す学生を対象に、金属材料の利用方法から実際に作成することまで幅広く習得できるようにまとめたテキスト。金属に関連する各種の加工、腐食と防食、表面処理、非破壊検査、JIS・NKなどの諸規則までわかりやすく解説。 【まえがき】 本書は2001 年に出版された「新訂 金属材料の基礎」の改訂新版である。本書は将来上級の海技従事者や船舶乗組員を志す学生や、舶用機器メーカー等に勤めることを希望する学生を念頭に置き、金属材料の利用方法から実際に金属材料を作成することまで考え幅広く修得できるように編集した。 ……

最新 船員法及び関係法令(令和5年9月25日現在)

国土交通省海事局船員政策課 監修

令和5年9月25日現在の内容。実務に便利な事務取扱要領と事務処理基準を完全収録。船内備置図書にも最適。  ・船員法  ・船員法施行規則  ・航海当直基準  ・航海に関する記録を定める件  ・指定漁船に乗り組む海員の労働時間及び休日に関する省令  ・船内における食料の支給を行う者に関する省令  ・船員電離放射線障害防止規則  ・船舶に乗り組む医師及び衛生管理者に関する省令  ・救命艇手規則  ・船員法事務取扱要領  ・船員法事務処理基準  ・船員災害防止活動の促進に関する法律  ・最低賃金法  ・賃金……

新訂 舶用ディーゼル機関教範

岡田博・塚本達郎、佐々木秀次・津田稔・西尾澄人・仁木洋一 共著

船舶用内燃機関の進歩発達は実にめざましく、文字通り日進月歩の発展を見ており、性能の優れた動力源となっていますが、内燃機関は故障を生ずることが比較的多いといわれています。その原因が材料、工作の欠陥によることもありますが、使用上の不適によることも少なくありません。特に中・小型機関を載せる船舶では、故障はその用途上海難につながりますから、機関を取り扱う者としては内燃機関の本質をよく理解して用法に万全を期することが大切です。 本書は、内燃機関の基礎概念,燃料,潤滑油,性能,各部の詳細,軸系,補機,取扱い,故障の原因及び処置等中小型ディーゼル……
本を出版したい方へ