カテゴリー「海事」図書一覧

海なお深くー徴用された船員の悲劇ー【上下巻セット+DVD】

太平洋戦争時に徴用された船員たちの悲惨な体験を「手記」にしてまとめた内容です。実際に戦火を潜り抜け生還された方、生還を願っても叶わなかった戦争犠牲者の遺族によって書かれています。 【海員不戦の誓い】より れわれ船員の諸先輩は太平洋戦争で民間船舶とともに軍事徴用され、物資輸送、兵員輸送の任務に従事しました。その結果、1万9千人余の14歳から19歳の少年船員を含む6万人余の尊い命が奪われました。この船員の損耗率は、海軍や陸軍の比率をはるかに上回るもので、当時の徴用された船員のおかれた状況の苛烈さは計り知れません。 この体験記には、実際に戦火を潜り抜け生還された方、生還を願っても叶わなかった戦争犠牲者の遺族や戦火の体験者により、いまなお海中に眠る6万人余の旧友の霊への思いや慰め、そして、戦火の海での実体験などが語られ、海上の平和が願われています。 皆さまには、この体験記を通して、戦……

海なお深くー徴用された船員の悲劇ー【下巻】

太平洋戦争時に徴用された船員たちの悲惨な体験を「手記」にしてまとめた内容です。実際に戦火を潜り抜け生還された方、生還を願っても叶わなかった戦争犠牲者の遺族によって書かれています。 【海員不戦の誓い】より れわれ船員の諸先輩は太平洋戦争で民間船舶とともに軍事徴用され、物資輸送、兵員輸送の任務に従事しました。その結果、1万9千人余の14歳から19歳の少年船員を含む6万人余の尊い命が奪われました。この船員の損耗率は、海軍や陸軍の比率をはるかに上回るもので、当時の徴用された船員のおかれた状況の苛烈さは計り知れません。 この体験記には、実際に戦火を潜り抜け生還された方、生還を願っても叶わなかった戦争犠牲者の遺族や戦火の体験者により、いまなお海中に眠る6万人余の旧友の霊への思いや慰め、そして、戦火の海での実体験などが語られ、海上の平和が願われています。 皆さまには、この体験記を通して、戦……

海なお深くー徴用された船員の悲劇ー【上巻】

太平洋戦争時に徴用された船員たちの悲惨な体験を「手記」にしてまとめた内容です。実際に戦火を潜り抜け生還された方、生還を願っても叶わなかった戦争犠牲者の遺族によって書かれています。 【海員不戦の誓い】より れわれ船員の諸先輩は太平洋戦争で民間船舶とともに軍事徴用され、物資輸送、兵員輸送の任務に従事しました。その結果、1万9千人余の14歳から19歳の少年船員を含む6万人余の尊い命が奪われました。この船員の損耗率は、海軍や陸軍の比率をはるかに上回るもので、当時の徴用された船員のおかれた状況の苛烈さは計り知れません。 この体験記には、実際に戦火を潜り抜け生還された方、生還を願っても叶わなかった戦争犠牲者の遺族や戦火の体験者により、いまなお海中に眠る6万人余の旧友の霊への思いや慰め、そして、戦火の海での実体験などが語られ、海上の平和が願われています。 皆さまには、この体験記を通して、戦……

加除式 危険物船舶運送及び貯蔵規則並びに関係告示【追録第22号加除済み台本】

これは書店でのお取り扱いはなく、直接販売のみです。およそ2年に1回くらいのペースで、「追録」が出されます。成山堂書店はバインダー形式を採用、追録を該当箇所に差し込むだけで、ご使用できます。 成山堂書店でご購入のメリット ●追録発行の際には事前にお知らせするので、漏れがありません。  (発行の約1か月前にお手紙をお送りします) ●加除式なので、急な追録の発生でもすぐに差し替えができ、経済的。  (まるごと買い換える必要はありません) ●バインダー形式なのでめくりやすく、便利で使いやすい。……

加除式 危険物船舶運送及び貯蔵規則並びに関係告示【追録第22号】

これは書店でのお取り扱いはなく、直接販売のみです。およそ2年に1回くらいのペースで、「追録」が出されます。成山堂書店はバインダー形式を採用、追録を該当箇所に差し込むだけで、ご使用できます。 この商品は「中身」のみです。赤いバインダーをお持ちでない方は、以下の台本をお買い求めください。 『加除式 危険物船舶運送及び貯蔵規則並びに関係告示【追録第22号加除済み台本】』 成山堂書店でご購入のメリット ●追録発行の際には事前にお知らせするので、漏れがありません。  (発行の約1か月前にお手紙をお送りします) ●加除式なので、急な追録の発生でもすぐに差し替えができ、経済的。  (まるごと買い換える必要はありません) ●バインダー形式なのでめくりやすく、便利で使いやすい。……

海上衝突予防法史概説

本書は、日本の海上衝突予防法(以下「予防法」)及びその母体になっている国際海上衝突予防規則の歴史についてその概略をまとめたものである。 一般に、予防法の航法は人類が水上輸送の手段として船舶を利用するようになって以来、船舶運航に携わる“船乗り” の間で慣習的に実施されてきた衝突を避ける方法が、長い年月を経て法的確信を得、成文化されたものであるといわれている。ところが、それらの慣習の内容及びその慣習がどのような過程を経て成文化されたかについて説明した解説書は極めて少ない。日本においては、現時点で、昭和2 年(1927)12月10日発行、海法会誌第12号に掲載された論文、津島憲一『海上衝突予防法』しかない。この論文は主として、リューベック国立商船学校助教授Roland Fuhrmann が1909年(明治42)に著した「Das Seestrabenrect」(「海上交通法」)に拠ったもので……

LNG・LH2のタンクシステムー物理モデルとCFDによる熱流動解析ー

長年の研究成果を基に、4つのタンク様式ごとに支配力方程式を作成。 実務者に必要な固有の解を得るために、多くの条件設定をして数値解を算出。 超低温液化ガスの熱的な挙動や電熱現象を解説した稀有な一冊である。 【まえがき】より 最近のクリーンエネルギーとしての世界的なLNG海上輸送の増加や各種のタンク方式の開発と実用化を眺めると、著者が最初にLNG関連の研究、設計を始めた1970年当時から考えると隔世の感がある。また次世代エネルギーとして注目を浴びるようになった水素エネルギーの現状、さらに家庭向けの燃料電池の普及や一般消費者向けの燃料電池車の出現、水素発電推進の日本政府方針を見るに、同じくその可能性についての検討を命じられた1987年の当時から見るとようやくその時代が到来したかと感慨を覚える。我が国のようにエネルギー資源を海外に頼らざるを得ない状況において、さらに原子力発電に制約を課せられた国……

設問式 船荷証券の実務的解説

船荷証券とは貿易における船積書類のひとつです。 船会社・NVOCCなど運送業者が発行し、貨物の引き受けを証明し、当該貨物受け取りの際の依拠とする。 英語ではBill of Lading 、B/Lと略します。 船積書類のうち最も重要な書類であるが、貨物や取引先との関係によってさまざまなタイプの船荷証券があるため複雑で理解が難しくなっています。 本書は、船荷証券のしくみや特徴を豊富な事例をもとに解説し、具体的にどのように取り扱えばよいのか海事ビジネスの現場で役立つように構成となっています。 【はしがき】より 本書は、外航の船荷証券をめぐる法律問題に関して実務家が実務家の視点で可能な限り解りやすく解説したものである。 本書は国際的な貿易において、船荷証券に関与するあらゆる実務担当者のために執筆されたものであり、その対象は、船会社、商社、メーカー、フレイトフォワーダー、銀行、ブローカー、保険会社……

図解 港則法(3訂版)

カラー図解で一目瞭然。 航海の常識を完全理解。 海には船舶の衝突を防ぐため「海上衝突予防法」「海上交通安全法」「港則法」(海上交通三法)が定められています。「港則法」は、港内における「交通の安全」と「港内の整とん」のために定めた法律です。 ・本書の特徴 港則法をわかりやすいカラー図解で条文ごとに解説 各港の港域、灯標など必要な情報を図示 初学者の方はもちろん、改めて学習し直したい方にもおすすめです。 【まえがき】より 海上交通三法として知られる海上衝突予防法、海上交通安全法及び港則法は、船舶を運航する者にとって安全に航海の目的を達成するためには欠かせない海上交通規則です。特に港則法は、港内における船舶交通の安全と港内の整頓の確保に多大なる貢献をしています。 近年、経済発展に伴う船舶の増加に加え、船舶の大型化や原油、LNG・LPG 船などの危険物積載船の増加、プレジ……

新訂 外航海運概論

急変する外航海運業の現状、直面する問題点を踏まえ、外航船社の日常業務内容を詳細かつ平易に開設。海運業の全体を理解するうえで最適の書。 【はしがき】より 20世紀後半、外航海運は構造不況産業といわれる長く暗い時期を経験した。21世紀に入り、金融を始め多くの産業が業績不振に苦しんだ時期があったが、そうした業界の苦悩をしり目に、2007年までの10年近くの間、毎年、過去最高益を更新してきた。過去長い間、構造不況産業といわれてきたのが嘘のようであった。2007年サブプライムローン問題が顕在化し始め、2008年9月15日158年の歴史を持つ米国第4位の証券会社リーマン・ブラザーズが米国連邦破産法11条(チャプター・イレブン)の適用を申請した。いわゆるリーマン・ショックである。これを機に、世界景気が急激に冷え込んだ。1929年の世界恐慌と比較される深刻な事態である。米国の個人消費の大きな落ち込みはG……
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG