カテゴリー「海事」図書一覧

国際物流のクレーム実務−NVOCCはいかに対処するか―

クレームへの対応力の差がNVOCCの良否を決める!よくある事柄から共同海損、特殊ケースまでを実務的に解説。関係条約・規則も収録。 【はじめに】より  2007年7月27日にコンテナ船“WAN HAI 307号”とバルクキャリアー“ALPHA ACTION”号の衝突事件が発生した。その後、“WAN HAN 307号”の船主が共同海損を宣言し、共同海損として処理することとなった。  このような大きな共同海損事件は、年に何度となく発生するような種類の事件ではなく、2〜3年に一度発生するようなものである。したがって、日本国内で国際複合運送事業を営む、いわゆるNVOCC(Non Verssel Operating Common Carrier)事業者のクレーム対応部門担当者も、戸惑いながら、顧客対応に追われたものと思われる。  また、どのように対応していくことにより、その作業……

商船設計の基礎知識【改訂版】

基本用語から法規にいたる概要、基本計画、船殻・船体艤装設計について、設計の実務者がわかりやすくまとめた入門書。 【まえがき】より  本書は昭和59年9月に初版を出版し、また平成7年に改訂した「商船設計の概要」の全面改訂版である。改訂に当たっては、新しい技術の進歩や関連する規則を取り入れて見直しを行ったほか、一層分かりやすい記述や各編の整合性にも充分な配慮を心掛けた。また書名もこの機会に「商船設計の基礎知識」に改めることにした。  本書の意図するところは、これから商船の設計を勉強しようと思っておられる学生や技術者に、実際に役立つ基礎知識を出来るだけ分かりやすく説明することにある。また設計のベテランの方々にも知識の整理に充分役に立つと考える。更に船舶に関係しておられる技術者以外の方々でも、商船に対する理解を深めて頂くのに参考になると思われる。このような著者等の意図が受け入れられて、今……

最新 水先法及び関係法令

水先法と同施行令、同施行規則、同事務取扱要領及び関係法令を収録。(平成21年1月末日現在)巻末に標準水先約款、水先人試験の手引等併載。 <主な収録法令> ・全国水先区一覧 ・水先法 ・日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定及び日本国における国際連合の軍隊の地位に関する協定の実施に伴う水先法の特例に関する法律 ・水先法施行令 ・水先法施行規則 ・登録水先人養成施設及び登録水先免許更新講習に関する省令 ・海上物流の基盤強化のための港湾法等の一部を改正する法律の一部の施行に伴う関係政令の整備等に関する政令の施行に伴う経過措置に関する省令 ・水先法施行規則第九条の三第二項、第十条第二項及び第十四条第一項第五号の国土交通大臣が定める医師を定める告示 ・水先法施行規則第二十二条の五第五号の……

四・五・六級 海事法規読本 2訂版

過去に出題された海技国家試験を徹底分析。出題傾向に沿って重点解説。法令改正に伴い、内容を改めた改訂版。 【目次】 第1章 海上衝突予防法  1-1 総則   1-1-1 目的   1-1-2 適用船舶   1-1-3 定義  1-2 航法  [A] あらゆる視界の状態における船舶の航法   1-2A-1 適用船舶   1-2A-2 見張り   1-2A-3 安全な速力   1-2A-4 衝突のおそれ   1-2A-5 衝突を避けるための動作   1-2A-6 狭い水道等   1-2A-7 分離通航方式  [B]互いに他の船舶の視野の内にある船舶の航法   1-2B-1 適用船舶   1-2B-2 帆船同士の航法   1-2B-3 追越し船の航法   1-2B-4 行会い船……

造船技術と生産システム

幅広い造船技術を生産システムの面からとらえ、建造技術の発達の歴史や、現在の最新技術を紹介した本。 造船業界は長引いた不況の影響で、団塊の世代である造船のベテラン技術者・技能者が退職した後の後継者が育っておらず、技術や技能の継承に断絶が見られています。 著者は大阪大学接合科学研究所特任教授。企業で技術開発やシステム開発に携わった経験と、その後の大学での研究成果を合わせ、その蓄積を次世代に残そうと本書をまとめました。 造船システムの歴史と概要、生産計画・管理、3次元CADを中心とした生産設計、切断・曲げ・溶接・艤装・塗装など各工事の基礎と現在の最新技術を10章にわたり紹介しています。造船の生産技術全般にわたって記述した書籍は今までになく、貴重な資料です。 今や日本の造船技術は韓国に追いつかれ、次いで中国がひたひたと押し寄せています。このような状況を打開し、造船ニッポンを蘇らすためにはIT時代に……

海の安全管理学−操船リスクアナリシス・予防安全の科学的技法−

これまでの海の世界の安全管理は、自然を相手にした予測の難しい事象が多かったこともあり、現実的には事が起きてから対策を取らざるを得ないことが多くありました。しかし、現在ではさまざまな情報が蓄積され、予測技術や解析手法などが飛躍的に発達し、予防安全の実効性が広く認められるようになってきています。 その一方で、予防安全を絵に描いた餅に終わらせないためには、現場の海技者が安全管理の概念から実践的な手法まで習得し、船舶運行能力とともに高度な安全管理能力を身につける必要があります。 本書は、海事における「安全」「管理」「予防安全」の概念を指針的に解説するとともに次世代の海技者に求められる安全管理技法、リスクアナリシス技法などについても実例を交えて実践的に解説したものです。特にBRM(Bridge Resource Management)、FTA(Fault Tree Analysis)、M-SHE……

発音カナ付英文・和文新しい機関日誌の書き方【新訂版】

最もわかりやすい英文機関日誌の書き方。基礎となる語句や英文の書き方、話し方を紹介。事故・緊急時の文例も豊富に収録。船舶機関士向。 【目次】第1編 機関日誌 第1章 機関日誌の種類 第2章 機関日誌の取扱いと記載上の心得 第3章 機関日誌 第2編 基礎 第1章 始めに知っておきたいこと  1.発音について  2.語の配列順序  3.英文における習慣  4.八品詞 第2章 奇数と序数 第3章 日づけ 第4章 時刻  1.時刻の書き方  2.時刻変更の必要と日付変更線  3.時刻の変更 第5章 天候・波浪(海上の模様)・風力・風向の書き方  1.天候を表す符号の書き方  2.波浪(海上の模様)の強さの表し方  3.風力・風向 第3編 記事の書き方 第1章 出港準備  1.燃料・水・消耗品その他の積込み  2.暖機  3.起動準備  4.試運転 第2章 出入港  1.スタンバイとエンジ……

船舶安全法の解説−法と船舶検査の制度−【5訂版】

船舶検査制度の基になる船舶安全法について逐条解説。関連各種制度の詳細、検査業務の実際、申請手続等も実務に則して詳説。平成26年9月現在。 【はしがき】より  本書の原本である「船舶安全法と船舶検査の制度」が著されてから32年、途中『船舶安全法の解説 -法と船舶検査の制度-』と書名を変えて今回が5度目の改訂版となる。船舶安全法は、わが国における船舶及び人名の安全を確保するための取締法規の一つで、SOLAS条約を国内法化するための根幹をなす法律である。昭和8年の法律制定以来世の中の変遷と共に幾多の改正を行いながら今日に至っている。近年の規制緩和の世相の中にあって、海上人名安全条約の規制は強化される傾向にあるものの、船舶安全法及び関係省令は一部規制強化になりつつも全体として時代の流れを汲み規制緩和が推し進められている。  平成19年5月の第4訂版以後、国際的には2006年の海上……

LNG船がわかる本 【新訂版】

高熱量・低公害という優れた性質を持つLNG(液化天然ガス)は、近年ますます注目を集め、それに伴い猛烈な勢いでLNG船が建造されています。必然的に、新たにLNG船に携わる人や船舶の絶対数が急増するため、関係者はこれまで以上にLNG船に関する知識をおさえておかなければなりません。 本書は、LNG船の開発を長年手がけてきた著者の知識と経験をもとに、高度な建造・運航技術を必要とするLNG船の概要をわかりやすくまとめたものです。内容は、LNGの物性・特質に触れながら、超低温貨物を輸送するためのタンクがいかに開発され、発展してきたのかを技術的見地から論じ、将来展望まで述べています。 増補改訂版では近年のLNG船を取り巻く状況をふまえ、ディーゼル推進船、新しい船型、タンク方式の新技術、建造トレンド等の記述を追加し、各種データを最新のものに改めています。 これからLNG船を学ぶ人にとって格好の入門書……

航海当直用 レーダープロッティング用紙

海上衝突予防法で義務付けられているプロッティングを、初心者でもすぐに利用できるようにわかりやすく解説した船橋での必需品。 (海事図書)
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG