カテゴリー「趣味・実用」図書一覧

「脱炭素化」はとまらない!ー未来を描くビジネスのヒントー

エネルギー・環境分野に携わるビジネスマンへのメッセージ。 「脱炭素化」はなぜ必要か? どう取り組めばいいのか? そのヒントを紹介します。 2010年代の助走期間を過ぎ、大きな変革期を迎えている「エネルギー産業」。その肝となるキーワードが本書のテーマである「脱炭素化」です。大学の研究者、日本の環境・エネルギー分野の専門家、シリコンバレー在住のコンサルタントと異なるバックグラウンドを持つ3人が、各々の視点から「脱炭素化」を解説。世界の流れから日本の方針を踏まえて、日本・米国での企業や官公庁の取り組み、事業展開を紹介します。 【はじめに】より 「2020年代の10年間を振り返った時に一番大きく変わった産業は何か?」と聞かれると「エネルギー産業」と答えることになるでしょう。なぜなら、エネルギーを取り巻く環境は、2010年代の助走期間を過ぎ、根本的な変化の時期を迎えているからです……

乳酸菌の疑問50 みんなが知りたいシリーズ14

近ごろ菌活や腸活がブームである。いずれも微生物の働きを利用して私たちの健康に役立てようとする活動のことであるが、中でも乳酸菌はその代表格といえます。現に、特定保健用食品(トクホ)市場の約半分を乳酸菌発酵乳、すなわちヨーグルトが占めています。もともと乳酸菌には整腸作用があることが認められてきていましたが、近年はアレルギー抑制作用、血圧調節作用、感染防御作用なども報告・承認され、乳酸菌の研究や乳酸菌を利用した商品開発が盛んです。 本書は、乳酸菌とはどのような生き物なのかから、ビフィズス菌との違い、ヨーグルトやチーズの作り方、乳酸菌が多く含まれる食品、保健効果、自分に合った乳酸菌の選び方に至るまで、乳酸菌研究の第一人者たちがわかりやすく解説しています。通読すると、乳酸菌が人類にとっていかに身近で有益な存在であるのかが理解できるでしょう。最近は健康面で注目されがちだが、乳製品、漬物から酒造りに至……

地下水・湧水の疑問50 みんなが知りたいシリーズ13

私たちは、古くから地下水・湧水を飲料・農業・工業用水や神事などに利用してきた。世界に目を向けると、現在でも日本の井戸掘削技術が開発途上国等で求められている。また、近年は「水循環」という視点に立った総合的な地下水政策も注目されている。本書は、地下水・湧水の成り立ちから民俗・利用・環境問題・法令に至る50の疑問と10のトピックスを地下水の研究者たちがわかりやすく解説しています。 中身を見てみる 【はしがき】 水は,私たち人類の生存にとって不可欠なものであり,また,私たちの周りを取り巻く環境を構成する重要な要素の一つです。その中で,地下水は,私たちの足元の地下を極めてゆっくりと流れていくという特徴を持つため,湧水や井戸などでは,その存在を知ることができますが,多くの場合,それほど意識されないのではないでしょうか。特に,私たちの生活が極めて豊かになり,水道や下水道等の発達を通し,水……

再生可能エネルギーによる循環型社会の構築

2030年までの国際目標として掲げられた「持続可能な開発目標(SDGs)」には、分野ごとに17のゴールおよび169のターゲットが示されています。 一方、地球の気候システムをも改変させ始めている肥大化した現在の産業文明は、その存続の危機に立たされていると考えられます。 SDGsの目標の達成のためには、個々の政府・企業・非営利法人などの活動が一層重要になってきていますが、同時に、現在の産業文明の構造自体から考え直して、真に持続可能な文明の形を考えていく必要があります。 その中で、自分なりシナリオを構築し、目標に向けて真摯に実行していくことが必要となりますが、本書では、その方法の一つとして考え方やシナリオを提示しています。 それはもちろんまだ完璧なものではありませんが、今後の世界や日本の進むべき方向を考えるための議論のたたき台になれば幸いと考えています。 【目次】 第1章 文明の……

IWC脱退と国際交渉

【はしがき】より 2018年12月26日、日本政府は菅義偉官房長官の談話により国際捕鯨委員会(IWC : International Whaling Commission)からの脱退(正確にはIWCを設立した国際捕鯨取締条約からの脱退)と商業捕鯨の再開を発表した。この決定は国際捕鯨取締条約の寄託国である米国政府に直ちに通告され、同条約第11条の規定に基づき、翌2019年6月30日に脱退が実現した。 このIWC からの脱退と商業捕鯨再開の決定について、日本国内からは歓迎と期待の声が聞かれる一方で、特に脱退については「なぜ今脱退か」、「国際協調に影を落とす」、「短慮に過ぎる」、「冷静な判断を」などといった批判や懸念も表明された。脱退の決定が、IWC において自らの主張が通らない日本がついに堪忍袋の緒が切れて、感情的に国際社会に背を向けるものであるというイメージに基づく批判や懸念ではないかと……

発酵・醸造の疑問50 みんなが知りたいシリーズ12

食生活を豊かにする“ 醸す” 技術のひみつがこれだ!  Q.発酵と醸造の違いは何ですか?  Q.酵母と麹菌の違いは何ですか?  Q.お酒の味って,何から来るの?  Q.ワインの醸造に乳酸菌は役に立っているの?  Q.うすくち醤油はこいくち醤油よりも塩分が高い?  Q.塩麹が“ 魔法の調味料” と呼ばれるのはなぜですか?  Q.納豆はなぜ臭いのですか?  Q.微生物が分解できるプラスチックは微生物が作るって本当ですか? ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」を影で支える発酵調味料や発酵食品に 関する疑問に答える。 「読んでなるほど!」の50問。 中身を見てみる 【はしがき】より 皆さんのご家庭の食卓を見回すと,味噌汁,お刺身,煮物,酢の物のように味噌,醤油,お酢といった発酵調味料が使用されている料理や,納豆や漬物といった発酵食品が並んでいると思います。……

日本の国石「ひすい」ーバラエティに富んだ鉱物の国ー

(一社)日本鉱物科学会が2016年9月実施した「日本の国石」選定事業を導入部として、「石」の定義から「石」を調べて地球の歴史を探り宇宙とをつなぐ学問である「鉱物学」について、そして「国石」に選ばれた「ひすい」と日本・日本人との古くからの関わりや多様な地形をもち多くの鉱物が産出される日本の地質的な特異さ、資源としての利用や石との身近な楽しみ方まで、アカデミックな基礎知識を盛り込みつつ、日本の「石」「岩石」「鉱物」の魅力を存分に伝える。 ※クリックすると拡大します Chapter 1 日本の「国石」を決める  「国石」とは?  「国石」は「水晶」であるとの説  なぜ「国石」を選定するのか?  「国石」の条件  選定方法  22の候補  最終候補5選   花崗岩、輝安鉱、自然金、水晶、ひすい  いざ投票へ!「国石」の決定  投票を終えて―“Gem sparkles deep” ……

水草の疑問50 みんなが知りたいシリーズ10

水草は、普通に「植物」と呼ばれて陸上に棲んでいるものが、水中で暮らせるように進化した植物と言われる。本書ではそのような水草の世界のさまざまな不思議、疑問を掘り起こし、それぞれを専門とする研究者が本シリーズの例にならって、一問一答式で回答している。その生態や進化はもちろんのこと、水草を衣食住に利用する文化、水槽で楽しむ趣味の世界まで、広く網羅した内容。 中身を見てみる 【はじめに】より 水草は,水の中で生活しています。 水草なのだから当たり前のことだと思われるかもしれません。 それでは,もしも私たち霊長類の一種が水中で暮らしていることがわかったらどう思われますか?驚愕,興味,懐疑……世界を揺るがす一大事件です。残念ながら,そのような霊長類は見つかっていませんが,これは決して空想だけの話ではなく,植物の世界では実際に起こっているのです。 桜,ひまわり,杉,ワラビなど,私た……

電波の疑問50ー電波はスマホ、Wi-Fi、GPSにも必要?ー

身近だけど意外と知らない電波の世界へようこと。 Q.電波はどのように利用されているの? Q.電波ってなに? Q.電波はどうやってつくるの? Q.自然に出る電波ってなに? Q.電波を感じる生物はいるの? Q.Wi-Fiは電波なの? Q.腕時計型ウェアラブル電話ってなに? など、電波のことについて正しい理解をするための50の疑問に、電波環境学の専門家が丁寧に答えます。 中身を見てみる 【はじめに】より 電波は目に見えないのですが,地上空間にたくさん行き交い,そしてさまざまなことに応用されています。ところが「世の中で電波がどのように応用されているか,知っているだけあげてみなさい」と学生たちに聞いてみると,意外と知らないことに驚きます。たとえば,空気は見えないからその大事さをそれほど意識しないまま,人間は呼吸しています。電波もまったく同じで目に見えません。そ……

なるやま君ぬいぐるみ

成山堂書店マスコットキャラクターの「なるやま君」のぬいぐるみが発売になります。 ふてぶてしくて無愛想だけど、どこか憎めないペンギン。 その愛くるしい、なるやま君をお届けします。 サイズは高さ約12cm、横約7cmです。 ・なるやま君の由来 社名に由来するんです。当社の創業者は淡路島出身。その淡路島に「成山(なるやま)関」というお相撲さんがいて、その大ファンだったとか。当時、破竹の勢いで出世をしていくところにあやかって、社名を「成山堂(せいざんどう)書店」にしたと聞いています。 ・購入方法 お支払いはクレジットカードまたは代金引換にてお願いしています。……
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG