富士山測候所のはなし 日本一高いところにある研究施設


978-4-425-51481-6
著者名:佐々木一哉・片山葉子・松田千夏・土器屋由紀子 共編著
ISBN:978-4-425-51481-6
発行年月日:2022/7/28
サイズ/頁数:四六判 252頁
在庫状況:在庫有り
価格¥2,750円(税込)
数量

Amazonでの購入はこちらから

日本一高いところにある「富士山測候所」で行われている研究とは?
近年、火山噴火予知や通信技術など各方面から注目される研究事項が加わり、多彩となってきていることを知っていますか?
第一部は、改めて富士山そのものを知ることができる事柄を記載。火山としての特徴のほか、文化と芸術の対象として日本人が富士山をどのように捉えてきたのか?などにも触れています。
第二部では、一般にも関心が高い研究内容について厳選して紹介。中学生や高校生、ご家庭でも楽しみながら読み進められるよう編集されています。
このほか、17項目に及ぶコラムはどれも知的好奇心をくすぐる興味深い内容。読後、「富士山」の見方が変わります!

【はじめに】 この本の出版計画が始まったのは、2020年の秋です。『よみがえる富士山測候所2005-2011』(土器屋由紀子・佐々木一哉編著)を上梓してから10年近くが過ぎ、富士山測候所を活用した研究が15年を迎える頃でした。この間の本NPOの活動の書籍化をぼんやりと考えていたところ、成山堂書店から続編出版のご提案をいただいたのを契機に、改めて山頂の研究を見直してみる良い機会と捉えて本書の執筆を開始しました。
この10年間で、本NPOも「NPO法人」から「認定NPO 法人」となることができました。「認定NPO法人」は「全NPO法人」のわずか2%以下(2016年の認定時)であり、認定NPO法人化は会員やご寄付をくださった皆様のご支援のもと、適切な運営体制や活動内容などが評価されたおかげです。この間、富士山測候所を利用した研究も、大学や官民の研究機関の研究者により大きな成果をあげました。2017年には、大気化学と物理学に関する山岳を利用した国際集会(ACPM2017)を本NPOの実質的主催にて開催したことで、本NPOの知名度と研究への貢献が国際的に認識されました。2019 年には、富士山環境研究センター(Laboratory for Environmental Research at Mount Fuji: LERMF)を設立して本NPO自体も積極的な自主研究を開始しました。
富士山測候所に対する一般の方の認識は、『よみがえる􀊜』を出版した頃の「富士山測候所はレーダー観測が終わったことで役割を終え、無人化され廃墟となっている」というものから、「富士山頂では測候所を活用して多くの有益な研究活動が行われている」というものに大きく変わってきていると感じています。気象庁との間にも強い信頼関係を築くことができました。
気象庁との間で交わした「研究教育目的以外は利用しない(たとえ公共放送のためでも)」という契約を遵守して活動を続けたことで、当初は1 期3 年の更新であった借用契約が2013年の第3期契約からは1期を5年で契約できるようになり、長期間の活動計画を立てやすくなりました。現在は、近年のコロナ禍の影響による困難な時期も乗り越えて第4期5年契約の4年目を迎え、第5期の契約を視野に入れた活動を進めることができています。
研究分野も、2012年頃までは大気化学や物理学に比較的限定されていましたが、火山噴火予知や通信技術などといった一般の方にも注目されるものが加わり、多彩となってきました。また高所医学研究では、登山者をはじめとする高所で活動する人たちへの重要な知見を与え続けています。本NPO の理事としての自賛をお許しいただけるなら、これらは「新しいタイプの研究組織」の形を体現した本NPO ならではの活動の成果であるといえるでしょう。
さて、本書は、『よみがえる・・・』と同様の二部構成としました。第一部では、改めて富士山そのものを知ってもらえるような事柄を記載しました。富士山がどのようにしてでき、火山としてはどのような特徴があるのかなどといった富士山を山として捉えた内容や、文化と芸術の対象として日本人が富士山をどのように捉えてきたのか? などを記載しました。第二部では、本NPOが実施あるいは支援した研究の中から、読者の皆様に興味をもってもらえそうなものを厳選して紹介しました。
広く多くの皆様に読んでいただくことを目指し、できる限り平易な表現で記述したつもりです。著者はほとんど研究者であるため厳密な表現で原稿を書いてくださいましたが、中学生や高校生、ご家庭の皆様にも容易に読み進んでいただけるように、編集の段階で難しい内容をかみ砕いた表現に修正させてもらいました。そのため、大幅に内容を割愛・修正させていただいた個所もあります。厳密さが多少犠牲になっているかもしれません。しかし、これらの分野の知識として覚えていただくには問題がない記述とするように努めました。どこかで活用していただければ著者・編集者としてうれしく思います。また、間違った記載などにお気づきの際はご指摘いただければ幸いです。
第二部は、広い分野における先端的研究に関する原稿を多く集めるため、多数の専門家に分担執筆いただきました。そのため、本書の構想から出版まで2年近い時間がかかってしまいました。しかし、自信をもって推奨できる内容になったと自負しております。
本書作成においては、著者としてはお名前を記載しておりませんが、本NPOの元の事務局員である中山良夫氏、および、現在の事務局員である林真彦氏には図表の作成でお世話になりました。記して感謝申し上げます。
前書である『よみがえる・・・』は、富士山測候所の歴史的背景や我が国の気象予報への貢献およびNPO法人富士山測候所を活用する会の研究活動をまとめた書籍であり、富士山測候所および本測候所が現代において果たしている役割を紹介できたという意味では重要な役割を果たしたと自認しているものの、当時の販売数自体は多くはなく“ 儲かる本” とは言えませんでした。それにもかかわらず続編をご提案くださった株式会社成山堂書店小川典子社長および本書を企画提案くださった小野哲史氏には感謝申し上げます。
なお、本書が最終的には本NPOの事業として出版されることになったことを記しておきます。

2022年6月
編集者代表 佐々木一哉

【目次】
第1部 富士山だからできる研究
第1章 富士山とは
 1.富士山ができた歴史、噴火の歴史
  コラム1:寄生火山
  コラム2:青木ヶ原樹海
  コラム3:富士五湖
  コラム4:富士山の湧き水
 2.日本人と富士山(霊峰富士山、美しい山、世界遺産、最も人気がある山)
  コラム5:富士山本宮浅間大社
  コラム6:富士講
 3.富士山の山の形の特徴
  コラム7:「対流圏」、「成層圏」、「中間圏」および「熱圏」
  コラム8:オーロラ

第2章 富士山測候所で研究すると何ができるか?  1.高所医学・生理学から見た高所科学研究所の必要性
 2.グローバルネットワークの構築に向けて
  コラム9:山頂測候所:気象庁からの借用物件

第3章 現在の管理体制  1.本NPOによる管理
 2.富士山環境研究センター
  コラム10:グローバルな大気の流れ
  コラム11: 設立以来の最大存続の危機にコロナに負けるな‼クラウドファンディング‼
 3.世界一の高所科学研究拠点への夢

第2部 富士山で調べていること
第1章 大気環境を監視する
 1.富士山頂の気象
 2.粒子を監視する
 3.ガスを監視する
  コラム12:空飛ぶマイクロプラスチックを富士山頂で捕まえる

第2章 微生物の観測  1.富士山におけるエアロバイオロジー
 2.氷晶核としてはたらく微生物
  コラム13:エアロバイオロジーとは
  コラム14:成層圏微生物とパンスペルミア説

第3章 高所と人間  1. 高所登山と血圧
 2. 高所順応・高所トレーニング
 3. 高所医学研究

第4章 雷の魅力  1.雷雲上空で起こる雷放電
 2.富士山からの雷観測
 3.雷の最新の観測と研究
  コラム15:フランクリンの凧

第5章 気候影響
 1.温室効果ガスによる地球温暖化
 2.微粒子が気候を変える
  コラム16:過飽和度

第6章 放射能の監視  1.富士山の放射能汚染
  コラム17:放射性核種

第7章 富士山の噴火と噴火予知  1.火山噴火とはどんな自然災害なのか
 2.富士山は生きている
 3.火山噴火予知とは
 4.噴火予知の方法
 5.富士山の噴火予知研究の問題点
カテゴリー:気象・海洋 
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG