土砂災害の疑問55 みんなが知りたいシリーズ17


978-4-425-98401-5
著者名:一般社団法人 日本応用地質学会災害地質研究部会 編
ISBN:978-4-425-98401-5
発行年月日:2022/6/28
サイズ/頁数:四六判 232頁
在庫状況:在庫有り
価格¥1,980円(税込)
数量

Amazonでの購入はこちらから

近年発生頻度の高くなっている土砂災害を中心として、地震・津波災害や火山噴火災害など様々な地質災害について仕組み・種類・原因・対策などを平易に解説。とくに、前兆現象から災害発生後の行動など身の守り方の参考になる事柄を多く紹介。また、近年発生した大規模な自然災害(昨年の熱海の土砂災害など)の概況や最新の調査技術などもコラムで紹介。

【はしがき】 私たちが生活している地球表層は,地圏,水圏,気圏が交差する極めて厳しい自然環境にあります。その中でも,日本列島は亜熱帯から亜寒帯までを含む中緯度地域に位置しており,四季のはっきりした温帯モンスーン気候となっています。季節の移り変わりを楽しめる一方で,台風や大雨,時には大雪に見舞われることもあります。これに加えて,日本列島は四つのプレートがぶつかり合う世界的に見ても珍しい変動帯の中に位置しています。このため,地震活動や火山活動が活発であり,自然災害のリスクが非常に高い地域となっています。残念ながら,これらの自然現象は止めることができません。自然災害から身を守るためには,日本列島という場の特徴を知り,様々な自然災害が起こりうるリスクを想定して,常日頃から準備しておくことが必要ではないでしょうか。
本書では,近年発生頻度の高くなっている土砂災害を中心として,地震・津波災害や火山噴火災害など,様々な地質災害を含む幅広い内容が,平易な表現を用いて紹介されています。その中には,近年発生した大規模な自然災害の概況や最新の調査技術を紹介したコラムも含まれています。したがって,最初からお読みいただければ,日本で発生しうる災害リスクと最新の動向を掴むことができると思います。一方で,自然災害には地域性がありますので,次のような使い方もあるかもしれません。
みなさんのお住まいの地域には,それぞれハザードマップが作成されています。そこで,本書を片手に,大切なご家族と一緒に,ハザードマップを見ながら,ぶらぶらと歩いてみてはいかがでしょうか。思わぬ危険が潜む場所や災害碑の発見など,新しい事実が見つかるかもしれません。そのような体験がいざというときの適切な状況判断や迅速な避難につながれば,大変嬉しく思います。
一般社団法人日本応用地質学会では,自然災害が発生するたびに,災害調査団を派遣して,その詳細を記録として残す活動をしています。本書の内容は,そのようにして自然災害から学んだ知識や経験を,それらの災害と向き合った研究者と技術者が紹介したものともいえます。ただ,遠く離れた国で生じた海底火山噴火が日本に津波被害をもたらすように,まだまだ私たちの知らない災害リスクがあるのかもしれません。また,私たちの日常生活がいかに高度化したとしても自然災害の脅威を払拭することはできません。本書を読むことを通して,今一度,過去を振り返って現在までの知見を整理し,自然を正しく畏れる準備をするきっかけとしていただければと思います。

2022年5月
一般社団法人 日本応用地質学会   
代表理事・会長   長田 昌彦

【目次】
Section 1 ⼟砂災害とは
 Question1 ⼟砂災害とはどのようなものですか?
 Question2 地質と地形は⼟砂災害に関係しているの?
 【コラム1】 近年の地震災害①東日本大震災(2011 年)
 Question3 ⼟砂災害はどのようなことが影響して起こるの?
 Question4 大雪,火山の噴火によっても⼟砂災害は起こるの?
 【コラム2】 近年の火山災害①有珠山(2000 年)
 Question5 ⽇本は地震大国といわれますが,地震で土砂災害が起きやすい⽇本の地質を教えて
 【コラム3】 近年の地震災害②熊本地震(2016 年)
 Question6 ⼟砂災害はどんなところで起きるの?
 Question7 ⼟砂災害の発⽣原因で最も多いものはなに?
 【コラム4】 近年の豪雨災害①平成26 年広島大規模土砂災害(2014 年)
 Question8 昔に比べて土砂災害は増えていますか,減っていますか?
 Question9 深層崩壊と表層崩壊ってなに?
 Question10 樹木と⼟砂崩れの関係を教えて
 Question11 森林を活用した⼟砂崩れ対策はありますか?

Section 2 がけ崩れ  Question12 がけ崩れの現象を教えて
 Question13 がけ崩れと⼟砂崩れの違いは何ですか?
 【コラム4】 近年の豪雨災害②平成29 年九州北部豪雨災害(2017 年)
 Question14 がけ崩れの発⽣の仕組みを教えて
 Question15 がけ崩れの発生前の予兆はありますか?
 Question16 がけ崩れを防ぐための対策はありますか?

Section 3 ⼟石流  Question17 土石流とはどのような現象ですか?
 Question18 土石流の発生前の現象を教えて
 【コラム6】 近年の豪雨災害③平成30 年西日本豪雨災害(2018 年)
 Question19 土石流と火砕流の違いは?
 【コラム7】 近年の火山災害②三宅島(2000 年)
 Question20 土石流の仕組みを教えて
 Question21 ⼟石流災害を防ぐためにはどうしたらいいの?
 【コラム8】 近年の豪雨災害④令和元年東日本台風災害(2019 年)

Section 4 地すべり  Question22 地すべりとはどのような現象ですか?
 Question23 地すべり発生の仕組みはどうなっていますか?
 Question24 地すべりが発⽣する前にはどんなことが起こりますか?
 Question25 雪崩と地すべりは違う?
 【コラム9】 近年の融雪災害①利賀の上百瀬地すべり(2017 年)
 Question26 地すべり災害はどのように防ぎますか?
 【コラム10】 近年の融雪災害②高田の国川地すべり(2012 年)

Section 5 地質災害と種類  Question27 地質災害とはどのような災害ですか?
 Question28 日本の地形の特徴はどのようなものですか?
 Question29 地震による災害はどのようなものがありますか?
 【コラム11】 近年の地震災害③北海道胆振東部地震(2018 年)
 Question30 津波による災害とはどのようなものですか?
 Question31 火山による災害って何があるの?
 【コラム12】 近年の火山災害③御嶽山(2014 年)
 Question32 水害にはどんなものがあるの?
 【コラム13】 近年の豪雨災害⑤令和2 年7 月九州北部豪雨災害(2020 年)
 Question33 地下水が影響して災害が起きるの?
 Question34 地震による液状化の仕組みと影響を教えて
 Question35 液状化は地質災害なのですか?
 【コラム14】 近年の豪雨災害⑥熱海土石流災害(2021 年)
 Question36 ⽇本と欧米の地質は違う?
 Question37 欧米での地質災害を教えて

Section 6 ⼟砂災害から身を守る  Question38 前兆現象を知るための⽅法はありますか?
 【コラム15】 最新の調査技術①衛星からみる SAR 衛星
 Question39 災害が発生した場所を知ることはできますか?
 Question40 ⼟砂災害が起きたらどうすればいいのですか?
 【コラム16】 最新の調査技術②地形をみる 航空レーザ測量
 Question41 普段からの備えを教えて
 Question42 備蓄の心得として最低限必要なものは何でしょうか?
 Question43 外出先で⼟砂災害にあった場合どうすればよいですか?
 【コラム17】 最新の調査技術③地形からみる ドローン撮影
 Question44 避難情報の種類はどのようなものがあるの?
 Question45 避難する際の注意点は?(服装,周囲の状況,避難するタイミング)
 【コラム18】 最新の調査技術④海底をみる 水中探査
 Question46 ハザードマップを利用して避難場所,経路を確認するためにはどうすればいいのですか?
 Question47 土砂災害警戒区域(レッドゾーン,イエローゾーン)とはどのような区域ですか?
 Question48 土砂災害警戒区域の外でも油断は禁物ですか?
 Question49 ⼟砂災害警戒情報は「いつ」「どのように」発表されるの?
 Question50 警戒レベルとは?
 Question51 マイ・タイムライン(自身の避難計画)の作成⽅法を教えて
 Question52 垂直避難とはどのような避難⽅法でしょうか?
 【コラム19】 最新の調査技術⑤ AI からみる 深層学習
 Question53 知っておきたいサービス,ウェブサイトは何がありますか?
 Question54 個人としての対策⽅法はありますか?
 Question55 土砂災害の多い日本で暮らす工夫は何ですか?
カテゴリー:趣味・実用 タグ:みんなが知りたいシリーズ 気象 
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG