カテゴリー「海事」図書一覧

新訂 ビジュアルでわかる船と海運のはなし(増補2訂版)

海運・貿易・物流をビジュアルで学べるロングセラーテキスト!   船の種類や構造から、航海に関する基本知識、港の役割、海運が物流の中で果たしている機能といったことを、写真や図版を多く使ってビジュアルに、やさしく解説。海運・貿易・物流などの仕事を初めて学ぼうとする人、船について基礎的なことを知りたい人に最適の解説書。 【はじめに】より 太平洋に浮かぶ小さな島々からなる国・ミクロネシア連邦にヤップと呼ばれる島々があります。ヤップでは昔から男たちがシングル・アウトリガー・カヌーに乗って南西約500キロのところに浮かぶパラオ諸島まで渡り,そこにあるライムストーン(結晶石灰岩)を円形に切り出して持ち帰るという航海をしていました。持ち帰った石はヤップでは貨幣(石貨)として流通するのですが,石貨の価値は往復の航海の苦労や,その後のヤップでの使われ方など,島民の間で共有できる物語によって決まった……

タグボートのしごとーその概要と活躍の姿ー

港には、客船やコンテナ船、原料を運ぶタンカーなど、大型の船が出入りします。その船が、運んできた貨物や石油などを陸揚げするには、港の岸壁や桟橋に着けなければなりません。しかし、狭い港のなかでは、大きな船は自由に動くことができません。また、20万トンもの重さがある船が、港の指定された場所に自力で着岸するのは至難の技です。そこでタグボートの登場です。タグボートは、見た目こそ小さいですが、強力なエンジンを積んでいて、すごく力のある船です。船の推進させるプロペラの向きが、360度旋回するものもあり、方向転換やバックが容易で小回りが効きます。タグボートはその特徴を活かして、港に出入りする大型の船を押したり引いたりして、安全に港に着岸させたり、出港させたりする重要な役割を担っています。 本書では主に大型船の入出港の支援を中心に「しごと」の内容と「現場」の概略について写真や乗組員の話を交えながら紹介しま……

竹島をめぐる韓国の海洋政策

韓国の海洋当局は竹島周辺海域において、いかなる動きを見せているのか。韓国国会での長官や庁長等の答弁のほか、海洋水産部・国土海洋部・海洋警察庁や外交当局の報告書をもとに、韓国における海洋政策の論点とその狙いを考察する。 【はじめに】 日本政府のホームページをちょっと覗いてみよう。「内閣官房 領土・主権対策企画調整室」のホームページである。そこに記されている「政府の取組について」というか所をクリックしてみたい。領土および主権に関連する諸課題に対し、各省庁がどのような取組を行っているのか、確認できるようになっている。さて、ここで注目したいのが、文部科学省のサイトである(「文部科学省の取組について」)。本書の題目からは、やや意外な感もあるかも知れないが、今は議論を進めたい。 同省は冒頭で「発達段階に応じた領土に関する教育」について説明している。文字どおり、小学校から高等学校まで、児童の発……

どうして海のしごとは大事なの?

船を造る造船所、船を動かす船員の仕事、船で運ぶ仕事、その船を検査する仕事、海を守る海上保安や海上自衛官、海底探査、海洋調査など海に関わる仕事は多くありますが、実際にはどんな仕事なのかは、一般にはあまり知られていません。本書は、日本を支える海事産業、すなわち「海しごと」にはどのようなものがあり、なぜ必要なのかを伝えるため、それらのしごとに携わる方々にその内容、役割、意義、やりがいなどを紹介しています。 ■元海上保安官の鈴木様に海上保安官の仕事についてインタビューを行いました。 こちらからどうぞ 【はじめに】より 日本は四方を海で囲まれた海洋国家です。貿易や漁業など海を利用してさまざまな恩恵を受けています。一方で、日本は資源国ではないため、食糧や資源エネルギーのほとんどを海外からの輸入に頼っており、このうち海上貿易は重量ベースで99.7% を占めています。海運は日本の貿易に……

水中考古学のABC

海や河川、湖沼、池など、常時水面下にある遺跡や遺物を発掘調査する「水中考古学」。東京海洋大学、東海大学海洋学部、金沢大学などで水中考古学関連の講座も設置され、急速に脚光を集めている学問分野である。本書は「水中考古学」という学問の概要と各国の取り組み、その歴史を紹介する。そしてこれから水中考古学を学ぼうとする方に向けて、具体的な発掘方法・保存処理方法を解説する。 【まえがき】より  わたしは、子どものころから海に親しんでいたこともあり、海底の難破船探しをいつかはしてみたいと夢見ていた。「それらの難破船にはどんな宝物が積まれているのだろうか?」。想像するだけで、わたしの胸はときめいた。  そんな矢先、まるで小説『宝島』にも似た冒険性に富む世界を、学問として学べる水中考古学に出会い、次第にその魅力に惹かれていった。海に潜り、難破船や海底都市を調査研究するのが水中考古学だが、いかにもおも……

船舶知識のABC(10訂版)

船の種類、用語、構造など、船舶における基礎知識を網羅した解説書。船体の構造や、主記・補機、艤装等について、図や写真を使ってわかりやすく紹介。 船のことを知りたい人、これから船舶関係の仕事に就く方、船舶の勉強を始める方にオススメの一冊。本書を読めば、船の基本的なことがわかります。 【10訂版発行にあたって】 第二次世界大戦後、輸送コスト切り下げのための船舶の大型化が進んでいます。基幹定期航路に就航するコンテナ船では2万TEU型が大型化の限界であるといわれておりULCSの発注および就航は一段落しています。 第一次世界大戦勃発と同じ頃に建造された閘門式パナマ運河は、第二次世界大戦後の船舶の大型化に対応できず、通航船舶の輻輳による順番待ちなどで、通過時間が伸びました。混雑による遅れがなければ20時間程度で通過できたのが、数日も要する事態が発生するようになったのです。 運河庁はこれを解……

海と船のいろいろ 【3訂版】

海や船の様々な話題を紹介。船の名前やノットの由来、マストやロープ、風や波など図・写真と実際のエピソードを交えわかりやすく説明。 【はじめに】より 本書は海と船にまつわるいろいろな話題を拾い、たとえば船の速度を「ノット」という、そのいわれなど一般の方にも興味をもっていただけるように編集したものです。 大阪商船三井株式会社の社内報「うなばら」に連載された『船の話』がもとになっており、今回の出版にあたり気軽に読んでいただけるように、かなりの部分を書き直し、データなど古くなっている部分については修正しました。また、専門的すぎるものは省いたり、あるいは追加したものもあります。特殊な用語については、巻末に索引をかねて用語解説のページを設けました。 この本が、多くの方が海と船に興味をもっていただく機会になれば幸いです。 【目次】 1 船のいろいろ 2 トン数 3 テクノスーパーライナー(TSL) 4……

水中考古学への招待 【改訂版】−海底からのメッセージ−

海底に眠るツタンカーメンの秘宝、廃墟と化した海底都市への探検など、水中考古学者の著者が若人たちに贈るアドベンチャー物語の数々。 【はじめに】より 水中に眠るたくさんの古代遺跡のうち、かけ値なしの「世紀の大発見」といえば、1996年にエジプトのアレクサンドリア港内の海底で発見された古代エジプトの女王・クレオパトラの宮殿でしょう。「もしも彼女の鼻がもう少し低かったら、世界の歴史は変わっていただろう」といわれた“絶世の美女”クレオパトラは、どんな宮殿に住み、どんな生活をしていたのでしょうか。過去を振り返ってもこれに匹敵するのは、トロイアの遺跡やツタンカーメン王墓の発見ぐらいのものですから、考古学者ならずとも胸がワクワクしてきます。 それに伴って、彼女との恋に落ちたローマの戦士・アントニウスの住居跡や世界七不思議の一つとされるファロスの灯台など超A級の遺跡が見つかったのですから、それこそ今世界が……

気がついたら水中考古学者

海に潜り難破船や海底都市を探す海の冒険家が、幾多の困難を乗り越え水中考古学者になるまでの航路を描く。人生を応援してくれる一冊。 【はじめに】より どうせ一度は死ぬのであれば 青春とはいったいなんだろう?人生とはいったいなんだろう?人が生きるってなんだろう?人間の本当の幸せとはいったいなんだろう?自分はなんのためにこの世に生まれてきたんだろう?紆余曲折という言葉があるが、大半の人が自分がいかに生きるべきかについて自問自答し、心のなかでもがき苦しんでいるにちがいない。その答えがすぐにでもわかったら、どんなにか楽なことだろう。 人間は一度は死ななくてはならない。この世に「生」を受ける機会は、たぶんただの一度かぎり。 やがて、あなたは確実にこの世からいなくなる。だとするなら、せめてやりたいことを一部でも成し遂げることができたら、どんなにか幸せな人生だろう。人はみなそう考えるにちがいない。 誰でも……
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG