航空無線と安全運航 交通ブックス312


978-4-425-77811-9
著者名:杉江 弘 著
ISBN:978-4-425-77811-9
発行年月日:2017/11/8
サイズ/頁数:四六判 164
在庫状況:在庫有り
価格

¥1,980円(税込)

数量

Amazonでの購入はこちらから

本書は航空無線の種類と使い方をまとめたものです。航空無線は科学技術の進歩によって近年大きく進化し、とりわけ衛星を使った通信システムの活用は目ざましいものがあります。
しかし一方で、その運用の誤りによる事故は依然として起こっており、とくに離着陸時に多く発生しています。
本書では数多くの事例を挙げて、その実際や正しい運用方法、事故はどのようにして起こるのかについて一つずつ解き明かしていきます。

【はじめに】より  本書は航空無線の種類と使い方をまとめたものである。航空無線は科学技術の進歩によって近年大きく進化し、とりわけ衛星を使った通信システムの活用は目ざましいものがある。以前なら長距離運航で主流となっていたHF(短波)での通信は電離層の状態や地域、季節、それに時間帯などによって困難をきたすことも多く、のちに詳しく紹介しているが東南アジアでは国境までに次に通過する国の管制官と通信(位置情報等)設定がないままで飛行せざるを得ない現実があった。言うまでもなくルールでは国際線では、ある国の領空通過するまでに当該国の管制官と連絡がとれていることが前提である。しかし現在ではVHF でカバーされる空域も増えそのような問題も解決しつつある。長距離フライトや洋上フライトではCPDLC(本文で詳述)と呼ばれる衛星を利用したデジタル通信の登場によって以前のような電波障害や音声による会話から生じる誤解やトラブルが解消されつつあることは画期的なことであろう。
 本書ではこれら航空無線の種類や運用方法等について解説を行うほか、運航の現場でパイロットと管制官が標準的な管制用語を使わなかったり、タイミングを誤ったために大事故につながったいくつかの事例も紹介している。それらの多くは離着陸時に発生しており、パイロットの緊急事態宣言が遅れたり管制官とパイロットの間で通信がダブルトランスミッションになりながら互いに再確認しないままで離着陸を続けた結果事故になった例もある。航空の安全にとっては航空無線の正しい使い方がいかに大事であるかを知ってほしい。それが著者が本書の執筆につながった最大の理由でもある。

2017年9月
杉江 弘

【目次】
第1章 航空無線通信士という資格

第2章 航空機で使う通信システム
第3章 航空無線通信の「ルール」 (1)「ルール」はどのようにしてできているのか
(2)通信の始まりはコールサインで呼び合うことから
(3)数字とアルファベットの読み方
  【参考資料】
(a)航空管制における時刻、高度、速度などの通信ルール
(b)航空管制における針路、旋回角、航空路、トランスポンダーコードの通信ルール
(c)航空管制における距離、周波数、滑走路番号、風向風速、高度気圧値の通信ルール
(d)航空管制でよく使われる用語の英語・日本語表記と日本語訳
(e)管制方式基準(国土交通省航空局)からの抜粋
  【通信の設定】 【送信要領】
(4)位置通報の内容と順番
(5)世界で実際に行われている習慣事例
(a)用語は英語圏の違いで異なる表現に注意
(b)コールサインを会話の最後につける習慣も
(c)コールサインは管制官によって変わることも
(d)国内線は自国語で通信する国々
(e)ATC で私語はどの程度許されるのか
(f)通信の最後につける「OVER」という用語などについて

第4章 パイロットと管制官との通信 (1)航空機の出発から洋上通信まで
(2)ATC トランスポンダーによる位置確認
(3)トランスポンダーによる緊急通信
(4)新世代の衛星を利用した通信システム
(a)ADS-B 電波を使う位置情報通信
(b)CPDLC の運用と操作方法

第5章 パイロットと運航管理者との通信 (1)VHF・HF・エアリンクを使う通信
(2)エーカーズ(ACARS)という通信システム

第6章 その他の通信 (1)客室内での通話
(2)空港の天気を知るVOLMET
(3)空港に関する情報を伝えるATIS
(4)軍用機による通信

第7章 緊急時の通信 (1)遭難および緊急時の手順
(2)使用周波数
(3)遭難および緊急の通報
(a)ELT(Emergency Locator Transmitter)が発信する電波
(b)ブラックボックスから発信される電波
(4)ハイジャックが発生したときの対応
(5)要撃を受けた場合の対応
(6)パイロットと管制官が通信不能に陥った場合の対応
(a)通信機等機材故障の場合
(b)通信機故障時の飛行方法
(c)航法機器故障時の飛行方法
(d)ロストポジション時の措置
(e)国や空港ごとに決められた飛行方法─

第8章 航空無線と事故 (1)緊急事態が管制官に正しく伝わらなかったことによって起きたサッカーチーム機の事故
(2)燃料不足を管制官に伝え切れずに墜落したアビアンカ航空機
(3)ダブルトランスミッションによる大事故
(a)航空史上最悪の悲劇はどうして起きたか
(b)日本で起きたあわや大事故の重大インシデント
(4)ヒューマンエラーを誘発する管制用語による事故
(5)マレーシア航空機失踪の真相は「エアリンク」がヒント

第9章 航空人生で印象に残った体験記 (1)時候の挨拶をATC 周波数で
(2)米9.11同時多発テロ勃発時に著者が行った通信
(3)英語が理解できず管制官をウンザリさせた時代
(4)沖縄上空で毎日のように繰り返される警告通信
(5)サービス精神が豊かなアメリカの管制官
(6)全日空雫石事故機のATC を傍受
(7)フライトレコーダー24 でかなり事故原因が推察できる
(8)航空無線に必要な英語力とは

終章 ハード・ソフトの改善で安全運航を
【著者略歴】 杉江 弘(すぎえ ひろし)
 元日本航空機長、日本エッセイストクラブ会員。愛知県豊橋市生まれ。1969年、慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、日本航空入社。
DC-8、ボーイング747(ジャンボジェット)、エンブラエルE170の機長として、国内線と国際線のほぼすべての路線に乗務、総飛行時間は2 万1000 時間を超える。ボーイング747 の飛行時間は約1万4000時間を記録し、世界で最も多く乗務したパイロットとしてボーイング社より表彰を受ける。首相フライトなど政府要請による特別便の乗務経験も多い。同社運航安全推進部兼務時には「スタビライズト・アプローチ」など航空界の安全施策を立案推進した。さらに数々の著作において航空機事故を検証、ハイテク機に対する過信に対して警鐘を鳴らしている。
 著書に『機長の告白』(講談社)、『機長の「失敗学」』(講談社)、『機長が語るヒューマン・エラーの真実』(ソフトバンク新書)、『プロフェッショナル・パイロット』(イカロス出版)、『ジャンボと飛んだ空の半世紀』(交通新聞社新書)、『危ういハイテク機とLCC の真実』(扶桑社)、『マレーシア航空機はなぜ消えた』(講談社)、『機長の絶景空路』(イカロス出版)、『空のプロの仕事術』(交通新聞社新書)、『高度一万メートルから届いた 世界の夕景・夜景』(成山堂書店)、『747 ジャンボ物語』(JTB パブリッシング)、『交通ブックス310 飛行機ダイヤのしくみ』(成山堂書店)、『乗ってはいけない航空会社』(双葉社)など多数。2016年9月24日公開の映画「ハドソン川の奇跡」(主演トム・ハンクス)の劇場用パンフレットでは奇跡の生還を果した判断や技術を解説している。
カテゴリー:交通ブックス 航空 タグ:パイロット 滑走路 無線 空港 管制塔 管制官 飛行機 
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG