自動車リユースとグローバル市場ー中古車・中古部品の国際流通ー


978-4-425-93141-5
著者名:浅妻裕・福田友子・外川健一・岡本勝規 共著
ISBN:978-4-425-93141-5
発行年月日:2017/6/18
サイズ/頁数:A5判 284頁
在庫状況:在庫有り
価格¥3,080円(税込)
数量

Amazonでの購入はこちらから

日本国内で使用された中古車・中古部品の国際的なリユースについて、流通面を中心に、その市場の歴史や制度の変遷、環境や産業面での規制、商品調達から輸出入、商品の仕向地の決定要素などを、各国の事例をあげながら、分析解説する。世界中で活躍する日本の中古車の国際市場の動向をまとめた意義ある一冊。

【まえがき】より 日本は自動車輸出大国であり、諸外国に出向くと多くの国で日本製自動車の活躍を目にすることができる。それは日本から新車で輸出されたものかもしれないし、現地工場で生産されたものかもしれない。あるいは他国の工場で製造されたものが輸入されるケースもあるだろう。
ところが明らかにそれらに当てはまらない自動車を目にする国々がある。たとえば「日本に一番近いヨーロッパ」と言われるロシアのウラジオストクでは、製造後幾年も経っていないトヨタの「プリウス」や、古めかしい1990年代製のセダン、「○○運輸」などの社名が書かれた4 トントラックなど、多種多様な日本車が街中にあふれている。トラックなどは一瞬、現地進出した日本企業のものでは、と思うかもしれない。
実はこれらの多くが日本から輸出された中古車である。その証拠に、検査標章や車庫証明といった公的書類、「トヨタビスタ○○」などといった販売店名が入ったステッカーなどが貼ってある。ロシアと日本で検査標章が共通(しかも日本語で)になったというニュースは聞いたことがない。さらにロシアは右側通行の国であり本来であればハンドルは左側席についているべきである。しかし大半の自動車が日本と同じ右ハンドル車なのである このような状況はロシアに限らない。本章第8 章以降でも紹介されるように、ミャンマーをはじめとした東南アジア諸国、アフリカ諸国、南米諸国、ニュージーランドなど中古車の輸出先は世界中に広がっている。経済のグローバル化が進んだいま、自動車リユースはもはや国内では完結せず、国境を越えグローバル市場を形成している。
国内でも、自動車リユースのさまざまな場面でこのことを実感する。いまや中古車流通の中心はオークションであるといってよい。「一点もの」と言われる中古車であるがゆえに、買い手が望む中古車を希望価格で入手するのは容易ではない。当然、売り手側も同じ状況である。オークションにはその需要と供給をマッチングさせる重要な機能がある。全国各地に中古車オークション会場があるが、そこでは多数の外国人バイヤーを目にすることができる。なかでもムスリム(イスラム教徒)の存在が目立つ。オークション施設内の一室が礼拝施設である「ムサッラー」となっていたり、レストランではムスリム対応の「ハラール」メニューが提供されていたりする。世界中からやってきた外国人バイヤーはこのようなオークション会場で中古車を買い付け、世界各地に輸出するのである。
中古車が輸出されれば、その補修用の自動車中古部品(以下、本書では単に「中古部品」と略する)の海外での需要も高まる。日本のように、「トヨタ部品〇〇共販」といった新品純正部品の供給企業(システム)が発達していない国では新品部品の調達が難しいのは当然だが、そもそも年式が古いものは新品部品が存在しない。そこで、日本で廃車となった自動車の中古部品への需要が発生する。中古部品はおもに日本国内の「廃車処理」を専門とする工場で生産される。これを「自動車解体工場」「自動車解体業(者)」と呼ぶ。このような工場を初めて訪問する人は、何らかの作業をしている多数の外国人の姿に驚くであろう。彼らは東南アジア、中東やアフリカ諸国からやってきた「バイヤー」である。多くの場合、彼らは輸出先国に籍を置く中古部品ディーラーの社員であるが、日本の自動車解体業界では「バイヤー」で通っている。現地から派遣され、解体工場内に数か月住み込み、せっせとオーナーのいる国に日本の自動車解体工場で取り外した多種多様の中古部品をコンテナに積めて送っている。
日本にはこのような自動車解体業者が集積している地域がいくつか存在し、そこでは工場内だけではなく、街中にも独特の雰囲気が漂う。中古車貿易業者の集積地でも同様である。そこでは、自転車に乗ったバイヤーが自動車解体工場のオーナーに道すがら、流暢な日本語で挨拶をしている姿を目にする。このような地域にはタイ料理、インド料理といった「エスニック・レストラン」があり、日本に居ながらにして異国情緒をたっぷりと味わうことができる。
やや専門的な内容もあるが、本書は学生にも読んでいただきたいと思っている。近年の教育界では、キャリア教育との関連で、「グローバル人材」や「グローバルキャリア」といった標語が花盛りである。しかしそこで念頭に置かれる(むしろ、学生が念頭に置いてしまう)「グローバル」とは、どのような世界だろうか。やや画一的なイメージで捉えられてはいないだろうか。
ひるがえって、いわば中小零細企業が多数を占める自動車解体業者が集まる地域では、世界中の多くの地域出身の方と関わることができる。しかも、それは歴史的に脈々と続いてきたものである。実は、足元にある自動車解体工場や中古車オークション会場からグローバル市場が透けて見えるのである。中古車や中古部品のマーケットは格好の教材であり、筆者らはこういう現場を教育と連動させたいと考える。
本書では「モノの行方」という点も意識している。日本の自動車保有台数は世帯数を凌いでおり、非常に身近な乗り物である。しかし多くのユーザーはその自動車を手放したのち、どのように流通しどこに向かうのか、誰の手に渡るのか、ということに関心が高いとはいえないだろう。他者の手に渡った自動車のなかには、国境を越えてもう一働きも二働きもするものも多いということを自動車ユーザーに知ってもらえばと思う。国境を越えた資源循環という点からは、中古車や部品が海外に渡っていることを知るにとどまらず、資源輸入大国である日本が今後資源とどう向き合っていくべきか、あるいは国境を越えたリサイクル・廃棄物処理にどのように向き合っていくべきか、という課題に関するヒントを提供することができればとも考えている。
いまや人やモノ、カネ、情報の流れは、そのブロック化への懸念を潜在的にはらみつつも、ますます活発化し、世界経済のグローバル化のベクトルが大きく変化することは考えにくい。本書ではその動向を読み解くひとつの鍵として、国境を越える自動車リユース、それを支える国際流通をさまざまな観点から紹介する。岡本・浅妻・福田(2013)を原型としつつ、筆者らの国際流通や国際リユースに関するこれまでの断片的な成果を、これらの点を意識しながらまとめた。研究者だけでなく、学生や自動車ユーザー、あるいは自動車流通や自動車リサイクルに携わる実務家の方がたにも関心を持っていただければと、やや専門的な内容を含みつつも、なるべく表現を平易にするなどの工夫を施したつもりである。
課題も多々残されてはいるが、このような切り口の書籍を世に問う意味は大きいと考えている。本書が自動車リユース業界において、これまで蓄積されてきた知識や経験の再評価に多少なりとも寄与できれば幸いである。

2017年5月
著者一同

【目次】
第1章 自動車国際リユースをみる視点
 1.1 本テーマの意義に関する多様な視点
 1.2 本書の構成と用語の定義

第2章 越境する自動車リユースの統計分析  2.1 中古車流通量
 2.2 中古部品輸出量
 2.3 輸出量把握の意義と課題

第3章 国際リユースの歴史と制度  3.1 これまでの歴史研究
 3.2 中古車輸出の歴史
 3.3 中古部品輸出
 3.4 中古車や部品流通に関わる制度について
 3.5 輸出入制度の国際流通への影響
 3.6 極立つ国際リユースの特徴

第4章 中古車輸出の地域特性  4.1 本章の目的
 4.2 日本からの中古車輸出にみる地域別・港湾別特徴
 4.3 地域別・港湾別にみる中古車貿易業とエスニック・ビジネスの展開
 4.4 結論―太平洋側と日本海側の差異―

第5章 中古車の仕入れと輸出  5.1 ユーザーから輸出に至るまで
 5.2 中古車の仕入れ
 5.3 中古車輸出をめぐる貿易制度の変化
 5.4 輸出に向けた輸送手続きと荷物の流れ
 5.5 商品代金回収のための手続き
 5.6 税等の還付手続き
 5.7 輸出手続きが与えるビジネス収益への影響

第6章 中古部品の集荷と輸出  6.1 使用済自動車の発生と中古部品の生産、それを担う解体業者
 6.2 中古部品の輸出ルート
 6.3 中古部品輸出の新展開
 6.4 補論―中古エアバッグのインターネット販売問題

第7章 移民企業家と中古車・中古部品貿易業  7.1 移民とエスニック・ビジネス
 7.2 トランスナショナリズムと社会関係資本
 7.3 エスニック・ビジネス研究
 7.4 パキスタン人とアフガニスタン人の世界的なビジネス展開

第8章 ロシア  8.1 統計からみるロシア向け中古車・中古部品輸出
 8.2 ロシアとの中古車貿易の歴史
 8.3 ロシアにおける中古車販売市場の成立
 8.4 近年の市場の状況
 8.5 ロシア市場の今後と対応

第9章 タイ・ミャンマー・マレーシア  9.1 各国別流通量の把握
 9.2 タイ市場
 9.3 ミャンマー市場
 9.4 マレーシア市場
 9.5 各国市場の比較

第10章 アラブ首長国連邦(UAE)  10.1 UAE における中古車市場の形成と担い手
 10.2 中古車流通量について
 10.3 現地中古部品市場の流通構造
 10.4 UAE 市場の特殊性

第11章 ニュージーランドと太平洋島嶼地域  11.1 ニュージーランドの中古車市場
 11.2 オークランドの中古車市場
 11.3 ニュージーランドと太平洋島嶼地域の廃車処理
 11.4 事例から見えてきたこと

第12章 チリとその周辺国  12.1 中継貿易拠点としてのチリ
 12.2 車両カテゴリー別の再輸出傾向
 12.3 チリの中継貿易機能
 12.4 ZOFRI における中古車・中古部品貿易業の歴史

第13章 研究の到達点と課題  13.1 自動車リユースに関わる多様なテーマ
 13.2 各国市場の比較
 13.3 本書に残された課題
カテゴリー:物流 
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG