新幹線開発百年史 東海道新幹線の礎を築いた運転技術者たち


978-4-425-96251-8
著者名:中村信雄 著
ISBN:978-4-425-96251-8
発行年月日:2016/3/24
サイズ/頁数:A5判 330頁
在庫状況:在庫有り
価格¥3,520円(税込)
数量

Amazonでの購入はこちらから

東海道新幹線の歴史を在来線の発達から読み解く
2014年10月1日に開業50年を迎えた東海道新幹線。その新幹線の基盤ともいえる日本国有鉄道の百年以上にわたる歴史を解説した。明治時代にさかのぼる新幹線のルーツとそれを支えた運転技術者たちの試行錯誤の日々をお届けする。

———————————————————————————————-
【お詫び】 本文中の写真提供者の名前が間違っておりました。

「誤」
杉本元六

「正」
杉本源六

ご本人並びに関係者の方々には大変ご迷惑をおかけしました。
この場を借りてお詫び申し上げます。
———————————————————————————————-

【はじめに】より 私は物心ついた頃から鉄道に興味を持ち、以来、国鉄の電車運転士になりたいという夢を持ち続けていた。小学校時代は電車気狂いなどと呼ばれ、当時は電車関係の書物を読み漁っていた。また、鉄道に興味を持つ友人もかなり居て、彼らは私とは違い皆、学業の優秀な生徒だった。その多くは理工系に進み、社会に企業に大いに貢献した。
1949年頃、日本一の機関士と言われ、小学校の教科書にも載った、吹田機関区の機関士、名越一男の伝記「驀進」(上田廣 著)という本を読んだ。名越は幼少の頃、毎日、駅構内の黒焼きの柵にもたれかかり、行き交う列車を眺め、列車の先頭の乗る機関士の雄姿に憧れ、機関士を夢見て国鉄に入った。彼は判任官機関士になりながら、昇進の薦めを断り続け、定年まで一機関士として勤め上げた方である。国鉄というと都会では低賃金の代名詞のような存在であったが、国鉄時代、鉄道に魅せられ、運転畑を志し、働いた人々の中には似たような熱い思いを抱いて国鉄に入った人が大勢居た。
私は1958年4月1日品川電車区に就職、池袋電車区・八王子機関区、五日市支区・八王子機関区・田町電車区を経て1962年11月14日、武蔵小金井電車区で電車運転士を拝命、そして開業半年後に新幹線電車運転士の発令を受け、1996年3月まで、国鉄分割民営化の中で三年間、運転士を降ろされガードマンに出された時期を除いて、33年4ケ月憧れ続けた運転士生活を送り、その内31年余を新幹線の運転士として勤め上げることができた。特に、国鉄時代の新幹線東京運転所は、管理職には如何にも学歴不問の[十河派]に選ばれたらしい、官僚臭くないスケールの大きい人格者が居り、そして東京運転所・国労分会にはいつも馥郁たる文化の香りが漂い、最高の人間関係があった。そこには[組合員連絡帳]があり、誰でも読むことができた。また、誰もが当日の出来事を自由に書き、情報を共有することができた。そこに蓄積された多くの仲間が書き込んだ生情報は、新幹線運転現場の貴重な歴史の記録として大きな意味がある。そして、未知の新幹線に皆が如何に上下の区別なく真剣にいろいろなことに対峙したかを如実に語っている。また、モデル線管理区の管理係、加藤潔編纂になる『モデル線略史』に記載された緻密な記録は新幹線の運転関係の未知への挑戦の歴史を詳しく知る上で欠かせない貴重なものである。
昨年で東海道新幹線は開業半世紀を迎えた。その間、脱線、衝突といった運転事故による死者はゼロであり、その記録は日々更新されている。しかしこれは一朝一夕に成し遂げられたものでなく、先人の血と汗と熱意と努力の上に成り立っていることを忘れてはならない。新幹線は国鉄時代に人材を発掘し、良い人間関係の中、未知への事に挑戦し、失敗での落胆や大成功の歓喜の歴史の積み重ねの末に今日がある。新幹線の歴史に触れる前に、先人の熱い心を知ることが必要であろうと思い、過去に見聞きした記憶を紐解きながらその出来事も書くことにした。特に、戦後間もない1948年から刊行された学生時代から国鉄時代を通じ愛読していた月刊誌『電気車の科学』や『鉄道ピクトリアル』、戦前から鉄道図書を刊行していた鉄道図書の源流、交友社刊の後発の月刊誌『電車』や『鉄道ファン』に掲載されていた多くの歴史的に意義ある記事をはじめ、『日本国有鉄道百年史』に記録されている貴重な記録を多くの記述に参考にさせていただいた。思えば私は、本当に良い時代に多くの人たちとの出会いに恵まれて国鉄の栄光の運転畑で働くことができた。特に1896年生れで、大正初期、黎明期の国鉄に就職、浜松機関区で機関士を務め、二俣線の開業に大きく貢献した杉山久吉、大正時代国鉄に就職、1930年10月11日運転を開始した、超特急「燕」の機関士であった、沼津機関区の猪原平次郎、杉本源六、一杉甚五郎の各氏や、薩摩線の人吉機関区の久保田政吉機関士、石北本線の遠軽機関区の遠藤義雄、藤井清民、大辻幸一機関士の方々をはじめ、就職以来、職場でご一緒した多くの方々から運転職場の貴重な大圏や歴史の変遷の話をたくさん伺うことができた。千人の機関士(運転士)には、先のそれぞれの貴重な大圏、珍談奇談の歴史、物語があり、勿論それを全部記録に残すことは不可能である。多くの大先輩から聞いた、今は時効となったと思われるお話は貴重な歴史の一ページである。また私自身実際に見聞きし、現場で体験した事も明らかにし、教訓としても是非とも歴史として残しておきたいと思う。それは多くの後輩の願いであった。そして、過去、等しく経済的には貧しくとも、心豊かな良き時代に思いは馳せることにも意味があると思う。昨今は人間関係が希薄になり、歴史が伝承される機会も少なくなった。「過去に目を閉ざすものは、未来に対して盲目になる」は、ドイツの元大統領ワイツゼッカーの言葉であるが、それは多くの事に当てはまるだろう。
文中、一部に参考させていただいた書物、著者名を記したが、さらに巻末に参考にさせていただいた多くの文献に敬意をこめて掲載させていただく。また、文中敬称は略したので、ご了承いただきたい。

平成28年3月
中村信雄

【目次】
第1章 新幹線前史ー在来線の発展ー
 1.1 在来線のはじまり
  1.1.1 運転ことはじめ
  1.1.2 定時運転の確立
  1.1.3 関東大震災
  1.1.4 黎明期の名機関士 杉山久吉
  1.1.5 超特急・燕
  1.1.6 電気機関車の輸入と使用の拡大
  1.1.7 Buchli(ブッフリ)式駆動装置
 1.2 戦前・戦後の国鉄
  1.2.1 石炭事情
  1.2.2 新製EF58の運転室と機関室の例
  1.2.3 特急列車復活に向けて試運転
  1.2.4 RTO・白帯車の廃止
  1.2.5 国鉄部内の戦後処理
  1.2.6 鉄道信号
  1.2.7 機関車労働組合の分裂
  1.2.8 湘南電車
  1.2.9 モユニ81のノーブレーキ
  1.2.10 桜木町事故・電車火災
  1.2.11 特急のスピードアップに向けて
  1.2.12 十河信二国鉄総裁になる
  1.2.13 気道車時代の幕開け
  1.2.14 新性能電車の誕生
 1.3 運転記録
  1.3.1 鉄道趣味から本職へ
  1.3.2 憧れの国鉄に就職
  1.3.3 新生「あさかぜ」・ビジネス特急「こだま」誕生
  1.3.4 ちよだ号
  1.3.5 品川電車区から池袋電車区・八王子機関区 五日市支区へ
  1.3.6 八王子機関区の機関車
  1.3.7 戦中戦後の八高線・中央線の大事故
  1.3.8 八王子機関区の名士?
  1.3.9 機関士と機関助士の関係
 1.4 機関車から電車へ
  1.4.1 電車の時代
  1.4.2 電車運転助士としてのスタート
  1.4.3 電車運転助士として初乗務で大きな踏切事故を目の当たりに見る
  1.4.4 飛び込み自殺に遭遇
  1.4.5 運転士と信号掛の信号に対する意識の差
  1.4.6 逼迫する国鉄輸送と電車運転技術
  1.4.7 伊東支区と伊豆急
  1.4.8 隔時法の廃止
  1.4.9 電車運転士科へ入学
  1.4.10 電車運転士科を卒業、武蔵小金井電車区へ配属
  1.4.11 電車運転士を拝命
  1.4.12 自動ブレーキ
  1.4.13 荷物電車と配給電車
  1.4.14 苛酷な国電の運転士勤務
  1.4.15 飛び込み事故・オーバーラン・車掌の欠乗・電力不足
 1.5 田町電車区
  1.5.1 憧れの田町電車区 電車運転士の発令を受ける
  1.5.2 伊東線
  1.5.3 東海道本線
  1.5.4 中長距離電車急行
  1.5.5 横須賀線
  1.5.6 大船駅のインシデント・鶴見事故・線路立ち入り
  1.5.7 新幹線計画に向けての高速度試験
  1.5.8 サンパチ(38)豪雪

第2章 東海道新幹線の歴史  2.1 新幹線
  2.1.1 明治時代の日本の高速鉄道構想
  2.1.2 戦後の高速度鉄道構想
  2.1.3 商用周波数を使った交流電化の先駆者はドイツとフランス
  2.1.4 電車列車か客車列車か 広軌か 狭軌か
 2.2 課題
  2.2.1 新幹線の線路規格
  2.2.2 電化方式(なぜ新幹線は交流方式なのか)
  2.2.3 周波数の問題(50Hz/60Hz問題は60Hzで統一)
  2.2.4 運転保安・ATC
  2.2.5 ブレーキ
  2.2.6 電気機器
  2.2.7 車両構造・耳ツン対策
  2.2.8 台車・駆動装置
  2.2.9 新幹線の運転・検修の指導者を養成した「小金井大学」
 2.3 試運転
  2.3.1 モデル線の建設
  2.3.2 モデル線管理区
  2.3.3 試作車両の落成
  2.3.4 モデル線試運転
  2.3.5 中央鉄道学園 小田原分所
  2.3.6 高速度試運転に向けて
  2.3.7 初めて200km/hの達成
  2.3.8 電車による最高速度記録への挑戦
  2.3.9 高松宮ご夫婦の試乗と高まる世間の関心
 2.4 本線開通に向けて
  2.4.1 救援機911の導入決定
  2.4.2 試運転中、鴨宮基地での車両転動
  2.4.3 モデル線での人身事故
  2.4.4 東海道新幹線支社発足、大阪方で量産車の試運転開始
  2.4.5 B編成の脱線と列車妨害
  2.4.6 鴨宮を引き払い、建設中の東京運転所へ
  2.4.7 東京〜新大阪の通し試運転開始
  2.4.8 労働組合(国幹労)問題

第3章 ヨーロッパの高速鉄道  3.1 ヨーロッパの鉄道高速化に貢献した名機DBの103電気機関車
 3.2 フランスの新幹線TGV
  3.2.1 Lyriaの運行ネット
 3.3 ドイツの新幹線ICE
  3.3.1 試作車ICE-V
  3.3.2 ICE-1
  3.3.3 ICE-2
  3.3.4 ICE-3
  3.3.5 ICE-T
  3.3.6 ICE-S
  3.3.7 ICEの大事故
 3.4 ヨーロッパの新幹線
  3.4.1 イタリアの新幹線(ディレッシマ)
  3.4.2 スウェーデンの新幹線X2000
  3.4.3 ポルトガルの新幹線
  3.4.4 ヨーロッパの鉄道に魅せられる

コラム  C57の日々
 省線電車の窮状をどうして打開するか
 都内人口と輸送量
 最近二、三年に実施すべき事項
 悪夢
 二十年前の八月十五日
 国鉄白書
 善光寺通過事故
 EF13
 大塚滋の車内アナウンス
 黎明期の東京運転所
カテゴリー:鉄道 タグ:新幹線 歴史 鉄道 
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG