客船の時代を拓いた男たち 交通ブックス220


978-4-425-77191-2
著者名:野間 恒 著
ISBN:978-4-425-77191-2
発行年月日:2015/12/15
サイズ/頁数:四六判 236頁
在庫状況:在庫有り
価格¥1,980円(税込)
数量
船を造り、運航させることに人生を捧げた熱き男たちの物語。
19世紀から20世紀初頭、欧州各国では速くて、大きな大西洋航路定期船を造ることに国威をかけて凌ぎを削っていた。やがて巨大な豪華客船への挑戦が始まる。他方、アメリカは国が持つ世界一の船造りに情熱を燃やす。そして日本では、海運会社の誕生、海外にいくつもの航路を開設し、美しい客船が造られていく。
本書の主人公は、これらの船を造った男たち。ライバル船会社との熾烈な争い、海難事故、戦争など数々の至難を乗り越えながらも船造りに挑み続けた彼らのドラマである。

【まえがき】より  交通機関のなかで、船は《世界最大の動く物体world?s largest moving object》である。海事史を紐解くと、多くの経営者や技術者が船を愛し、その誕生と運航に心血をそそぎ、命までかけた姿が浮かびあがってくる。何故これほどまでに凄まじい生涯を送ることになってゆくのだろうか。
 大量生産の自動車や航空機とは対照的に、船は1隻、1隻が手づくりで造られる。露天下の作業だから、木造船であれ鋼鉄船であれ、雨の日も風の日も造船工は船の形づくりに勤しむ。粒々辛苦のすえに完成した船が進水するときには、造船技術者(海外ではネイバル・アーキテクトNaval Architect と呼ばれる)や造船工など、仕事に携わった誰もが万感の気持ちで船を海上に送りだす。
 経営者の立場からすれば、巨大な物体に乗客や貨物を乗せて大洋を往復させることから得られる大きな社会的満足感そして喜び、さらにライバル船会社との闘い。男子一生の挑戦として離れられない執着となる。それだけに船に魅力があると言えるが、別の見方では人間を惹き付けてやまない「魔力」があるのかもしれない。
 自動車や列車には望めない海運の社会的な使命は、世界の歴史を担ったことである。中世から現代まで、海運、なかでも客船は世界秩序の形成で不可欠の動力となった。また戦時における国家への挺身、すなわち輸送船として果たした大きな役割も無視できない。現在では客船の使命はクルーズが主体であるが、広く海上運送(海運)に眼を移せば私たちの生活がどれほど商船に支えられているかが明瞭になる。
 自給自足のアメリカと異なり、日本は燃料(石炭、石油、LNG)から食料まで、国民が日々の生活に必要な物資のすべてと言えるほど、海外から輸入している。これら必要不可欠の物資は商船で運ばれている。だから、商船という輸送手段が無くなれば、日本国民はただちに飢える運命にある。私たちにとり、これほど重要な役目を果たしている海運の存在は広く日本人のあいだに知られているだろうか。大量生産の列車や自動車は、メディアのお蔭で人びとに興味を持たれているが、残念ながら海運については、興味本位のメディアからは無視されている。筆者の少年時代、『四面環海』とか『我は海の子』と、どの新聞でも紙面を賑わせていたが、今のメディアが青少年をそのように啓蒙する役目を忘れているのは寂しい限りである。
 粒々辛苦して船を造り、その運航に携わった人びとの姿の一部を本書で採りあげたが、読者はこれらの人間像に触れることでわが国にとって海運が如何に大切な存在かということを認識して頂ければ幸いである。

2015年11月
野間 恒

【目次】 §1 イザンバード・ブルーネル
   ―時代に先行した巨船に命をかけた技術者―
§2 サミュエル・キュナードとエドワード・コリンズ
   ―熾烈なライバル競争を展開した北大西洋の先駆者たち―
§3 浅野総一郎
   ―日の丸客船で太平洋航路に切り込んだ日本人―
§4 ハーランド&ウルフをめぐる人びと
   ―美しい船造りに取り組んだネイバル・アーキテクトたち―
§5 アルベルト・バリーン
   ― ドイツ皇帝の恩愛のもと世界一の海運会社に育てあげた海運人―
§6  和辻春樹
   ― 京都文化を体したスタイリッシュな客船を産みだしたネイバル・アーキテクト―
§7 ウィリアム・ギブス    
   ― 20世紀の名客船ユナイテッド・ステーツを産んだネイバル・アーキテクト―
   
資料 主な人物の海事関係年表
カテゴリー:交通ブックス 
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG