英文和文 新しい航海日誌の書き方


978-4-425-17026-5
著者名:四之宮 博 著
ISBN:978-4-425-17026-5
発行年月日:2003/3/28
サイズ/頁数:B6判 208頁
在庫状況:在庫有り
価格¥1,980円(税込)
数量

Amazonでの購入はこちらから

航海日誌の文例を船の動静、環境、作業、漁撈等に分けて英文の組立てを明らかにし、項目ごとに関連の英語語句をまとめたもの。

【目次】
第1編 航海日誌に関する心得
第1章 航海日誌の種類とその特長
 1.甲板部当直日誌
 2.船用航海日誌
 3.官用または公用航海日誌
 4.甲板部撮要日誌または航海撮要日誌
 5.その他

第2章 航海日誌の取扱い法
 1.航海日誌の重要性
 2.航海日誌管理上の心得
 3.航海日誌記載上の注意

第2編 航海日誌の書き方
第1章 航海日誌文の特長と作成上の注意
 1.ログ・ブック英文の特長
 2.ログ・ブック英文作成上の注意
 3.和文航海日誌文の特長と作成上の注意

第2章 航海日誌本欄の書き方
 1.時刻
 2.航程
 3.針路
 4.自差
 5.風圧差
 6.風
 7.天候
 8.気圧および温度
 9.波浪
 10.回転数
 11.正午位置、直航針路および航程
 12.海潮流
 13.偏差
 14.燃料、清水、缶水
 15.検測
 16.航海統計
 17.錨位
 18.時計
 19.喫水
 20.貨物、漁獲物の積載、陸揚げ
 21.客船、郵便物

第3章 航海日誌記事欄の書き方
第1節 入出港に関する事項
 1.出港用意および入港用意
 2.着発時刻および港名
 3.錨の使用
 4.係索の使用
 5.機関の使用
 6.引き船の使用
 7.水先人
 8.税関、検疫ならびに移民検査
 9.錨地指定および転係、転錨
 10.航路標識、防波堤等の航過

第2節 航海中に関する事項
 1.針路
 2.測程儀
 3.著明物標の視認および航過
 4.霧中航行
 5.測深
 6.風、天候ならびに海面の状況
 7.船体の動揺および海水奔入の状況
 8.船内使用時の改正
 9.日付変更線および赤道通過
 10.他船の航過
 11.信号、通信
 12.部署、操練
 13.天測ならびに海洋・気象観測
 14.レーダー、ロランおよび方探の使用
 15.見張り

第3節 停泊中に関する事項
 1.日課作業
 2.荷役作業
 3.荒天準備
 4.守錨当直
 5.燃料、水、食料の補給
 6.郵便物揚げ降ろし
 7.乗下船、交代
 8.消毒

第4節 ドックに関する事項
 1.入出渠
 2.ドック作業

第5節 漁船操業に関する事項
 1.まぐろ延縄漁船
 2.トロール漁船
 3.捕鯨船
 4.さんま棒受網漁船
 5.さば(かつお)一本釣り漁船
 6.さけ・ます流網漁船

第6節 事故および海難に関する事項
 1.錨および錨鎖関係の事故
 2.操舵装置の事故
 3.プロペラ事故
 4.接触および衝突
 5.座礁
 6.浸水
 7.火災
 8.荒天損傷
 9.作業事故
 10.人命救助

第7節 一般事項
 1.休日、儀式ならびに船飾
 2.病気および死亡
 3.船内点検ならびに巡検
 4.通風および船倉管理
 5.海難報告
 6.脱船、出産

(海事図書)
カテゴリー:辞典・英語 
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG