スキンダイビング・セーフティ(改訂版)


著者名: 岡本美鈴・千足耕一・藤本浩一・須賀次郎 共著
ISBN: 978-4-425-95562-6
発行年月日: 2018-05-28
サイズ/頁数: 四六判 256頁
在庫状況: 予約可能
価格(本体価格)

1,944円 (1,800円)

数量:  

もし、こんなふうに思っているなら、あなたは事故を起こします!
「スキンダイビングは、スクーバダイビングより簡単だ」
「フィン・マスク・スノーケルの3点セットを使えば、泳げなくても水面の空気を呼吸できて遊べる」
「無理しないから、一人でも大丈夫」
「浅い素潜りだから危なくない」
「自分の限界を知りたい」
と思っている方にぜひとも読んでいただきたいです。

改訂版では、
・救命方法(AED等)、救命器具(レスキューチューブ、フロート、ロープ類)の解説
・スノーケリング、スキンダイビング、フリーダイビングの定義を一覧にした表
・ロープ類による拘束事故の対応
を追加しました。

【はじめに】より
海へ出て行く、水中に入って行くダイビングを続けている人(ダイバー)は、水中という、陸棲の動物である私たち人間が元来生存を続けられない環境に自分の活動範囲を拡大する冒険者である。冒険者は危険を明確に知り、自分の能力、水中の状況を適切に判断して自分の活動の限界を見極め、危険を避けなくてはならない。
著者一同は「危険を具体的に知り、避けるためにはどうしたらよいのか」に力点に置いて、この本を執筆した。
執筆者と分担
1 千足耕一(東京海洋大学教授)
主としてスキンダイビング入門について、大学の実習等での教育指導を行う視点から執筆した。

2 岡本美鈴(コンスタント・ウエイト・ウイズフィン(フィンを着けて深く潜る競技)での女性アジア・日本記録(2015年5月現在92m)保持者

スキンダイビング、フリーダイビングで発生する危険とその回避について執筆した。
3 藤本浩一(東京海洋大学准教授)

フリーダイビングの生理学を研究のテーマとしており、自らもフリーダイビングを行う。生理学的視点からの危険について執筆した。

4 須賀次郎(特定非営利活動法人 日本水中科学協会代表理事)
東京水産大学(現東京海洋大学)の学生時代からスキンダイビングを行い、後期高齢者の現在、自分の生きるためのトレーニングとして、スキンダイビングで泳ぎ、生涯スポーツとしてのスキンダイビングの指導を毎月およそ10回行っている。概論、スキンダイビング事故の分析、スキンダイビング活動について執筆した。

5 対談(須賀次郎×岡本美鈴)
岡本美鈴が92mを潜ったコンスタント競技での技術について、フリーダイビングの楽しみ方、その経験を活かしての注意事項などを、須賀次郎との対談で述べた。
それぞれ立場が違うし、視点も異なる。同じことを、別の表現で述べている部分もある。しかし、それぞれの視点からの記述を読むことで、多角的に理解が深まることを期待して、あえて必要以上の調整はしなかった。

【目次】
Section 1 概論

【須賀 次郎】
 1-1 息こらえ潜水
 1-2 危険と安全についての基本的な考え方
 1-3 区分けとネーミングについて
 1-4 プログラムとローカルルールについて
 1-5 海女・海士の素潜り漁
 1-6 スキンダイビング
 1-7 フリーダイビング
 1-8 スノーケリング

Section 2 スキンダイビング入門
【千足 耕一】
 2-1 健康状態や技能の確認
 2-2 練習方法(指導方法)の基本
 2-3 スキンダイビングの指導段階
 2-4 装備の選択とフィッティング
 2-5 プールや限定水域での練習
 2-6 海でのスノーケリングとスキンダイビング
 2-7 グループとしての安全管理
 2-8 活動(実習)のバリエーション
 2-9 海洋リテラシーについて

Section 3 スキンダイビング活動
【須賀 次郎】
 3-1 スクーバとスキンダイビング
 3-2  スノーケリング講習(親と子のスノーケリング)
 3-3 生涯スポーツとしてのスキンダイビング

Section 4 息こらえ潜水の生理学
【藤本 浩一】
 4-1 ブラックアウト
 4-2 ブレイクポイント
 4-3 ハイパーベンチレーション
 4-4 耳や鼻のトラブル
 4-5 肺の損傷(スクイーズ)
 4-6 パッキング
 4-7 神経系DCI(Decompression Illness)
 4-8 活性酸素
 4-9 脳へのダメージ

Section 5 スキンダイビングの事故例─学生の部活動について─
【須賀 次郎】
 5-1 ブラックアウト事故例1
 5-2  ブラックアウト事故例2
 5-3  ブラックアウト事故例3
 5-4  ブラックアウト事故例4
 5-5 学生の部活動・サークル活動
 5-6  学生のダイビングにおける安全のためのローカルルール

Section 6 器材と技術
【岡本・千足・藤本・須賀】
 6-1 マスク・ゴーグル
 6-2 スノーケル
 6-3 フィン
 6-4 ウエットスーツとウエイトベルト
 6-5 ネックウエイト
 6-6 ダイビングコンピューター
 6-7  レスキューチューブ
 6-8  フリーダイビング競技および練習での安全サポートシステム

Section 7 フリーダイビング・セーフティ
【岡本 美鈴】
 7-1 はじめに
 7-2 フリーダイビングの特性と特有のリスク
 7-3  フリーダイビング特有のリスク
 7-4 フリーダイビングの安全対策
 7-5  スキンダイビングとフリーダイビングの共通のリスク
 7-6  フリーダイビングにおけるブラックアウト調査と事故例
 7-7 フリーダイビング・セーフティの「鍵」

Section 8 対談:須賀次郎×岡本美鈴 ─フリーダイビングとは─
 8-1 なぜ、フリーダイビング
 8-2 深く潜る、ということ
 8-3 ハイパーベンチレーションと腹式呼吸
 8-4 パッキングについて
 8-5 耳抜きについて
 8-6 肺の変化について
 8-7 記録について
 8-8 トレーニングについて
 8-9 責任とルールについて

Section 9 資料
 講習、練習、ツアー、器材について
 索引
 あとがき

本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG