イベント

2013年10月15日

「航空管制のはなし 交通ブックス303」の著者を囲んでの懇談会

「航空管制のはなし 交通ブックス303」の著者を囲んでの懇談会
2013年10月6日(日)、当社から発行している「航空管制のはなし 交通ブックス303」の著者である中野秀夫さんをお呼びして、当社の会議室で座談会を開催いたしました。

2013年10月6日(日)、当社から発行している「航空管制のはなし 交通ブックス303」の著者である中野秀夫さんをお呼びして、当社の会議室で座談会を開催いたしました。

今回で、この「著者を囲む会」も5回目の開催。
読んだ本の著者と話す機会というのは、なかなか無いものなので、いつもご好評をいただいています。

しかし、これまでは鉄道分野での開催が多く、航空分野は今回が初。
みなさんに興味を持っていただけるだろうか…?
という私たちの不安をよそに、今回も11名の方にご参加いただきました!



著者の中野秀夫さん。

中野さんは、「最もストレスが多い仕事」といわれる航空管制官として現場で10年間勤務された経験から、現場でご苦労されたことや本の執筆秘話などを話してくださいました。

「管制は英語なんだけど、忙しいと早口になっちゃうんですよね」
「あのときは冷や汗が出ました」
「レーダーというのは、革命的な技術で…」

どのお話も、臨場感たっぷりです。





参加者の方々も真剣な面持ちで聞き入っています。
ちなみに、参加者の中には「パイロットのためのICAO航空英語能力試験教本」著者のマイケル・ケリーさんや、「航空図のはなし 交通ブックス306」著者の太田弘さんもいらっしゃいました。

先生のお話のあとは、みなさんが自由に語り合うフリートーク。
みなさん、大好きな航空の話に夢中です。

「航空管制のゲーム、やった人いますか?」
「あれ、すごくよくできてるよね!」


みなさんに最後に書いていただいたアンケートには、
「とても勉強になった」
「楽しかった」
というような、嬉しいお声がありました!

引き続きイベント開催を行いますので、
皆さまのご参加をお待ちしております。

本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG