統計からみた気象の世界 気象ブックス041


978-4-425-55401-0
著者名:藤部文昭 著
ISBN:978-4-425-55401-0
発行年月日:2014/10/9
サイズ/頁数:A5判 160頁
在庫状況:在庫有り
価格¥2,200円(税込)
数量

Amazonでの購入はこちらから

猛暑や豪雨が多くなったのは地球温暖化のせい?
世の中そんなに単純ではありません。
刻々と移り変わる気象をどうやって切り取り、観測データから何が見えてくるか。
数字で読み解く気象の世界。

【はじめに】より  「夕焼けは晴れ」「太陽が暈をかぶると雨」 「西風日いっぱい」。これらは気象に関ることわざである。それらの中には、今の気象学の知識にちゃんと合っているものが少なくない。たとえば「西風日いっぱい」とは、冬の季節風が昼間は強く吹いていても、日が落ちると弱まることを指す。これは、日が暮れて気温が下がるにつれ、大気が安定になって風が弱まる傾向があることを表している。このようなことわざは、天気予報がなかった時代に、長年の経験の中で得られた知識を表している。日ごろの経験の中には、偶然や思い過ごしの類いもあるだろう。しかし、科学的根拠のないものは長い年月のうちに現実と合わなくなって廃れ、ちゃんとした根拠のあるものが経験に裏打ちされることによって生き残ってきたのであろう。
 統計と聞くと堅苦しい感じがするが、経験に相当することをデータに基づいて数量的に扱うこともその役割の1つである。言い換えると、統計はただ平均値を計算したり、それを表や図に表したりすることだけでなく、多くのデータの中から法則性を見つけたり、現象の背後にある因子を探り出したりすることにも活用できる。計算手段がそろばんと計算尺ぐらいだった時代には、1つの地点の数年感のデータを調べるのも大変だった。しかし、計算機器が進歩するにつれて大量のデータを短時間で処理できるようになり、統計的な調査研究の可能性が大きく広がった。今はデータが手に入れば、全国に数百ある観測所(アメダス)の30年間以上の観測結果をパソコンで処理することができる。
 統計学についてはたくさんの解説書が出ている。それらに書かれていることは、データを使った統計を行うときの基本になるものである。ただ、統計的な手法は使い方を誤るとまちがった結論に至ることもあり、それぞれの特性をよく弁えておく必要がある。また、気象の統計に特有の問題もある。それらは数学というより実務に関ることも多く、些末で科学の本質とは関係なさそうなものもあるが、統計の世界では一見ばかばかしいことが致命傷になって、結果を台無しにしてしまうこともあるのだ。本書では、気象に関るデータや統計結果を紹介しながら、その見方や問題点、注意すべき点などを議論する。統計学の本でも気象学の解説書でもないので、中途半端になってしまったかも知れない。しかし、教科書には書かれていないような、気象統計の舞台裏を紹介する機会になったと思う。
 普通、統計といえばテストの点数や世論調査のように同時期の多数のデータを扱う。しかし、気象の分野では現象の時間的な変化・変動が大事であり、長い基幹にわたるデータ(時系列データ)を使って変化傾向やその特徴を調べることもよく行われる。こうした時系列的な解析を含め、気象統計についてのきちんとした解説書としては、「気象学と海洋物理学で用いられるデータ解析法」(伊藤久徳・見延庄郎著)がある。また、「気象解析学」(廣田勇著)は、気象データを使って研究をするときの物の見方を深い洞察に基づいて述べた名著である。併せて紹介しておきたい。

2014年9月
藤部 文昭

【目次】
第1章 大雨は夜に多いかー統計で見えてくるものー
 1.1 大雨と時刻の関係
 1.2 休日は気温が低い
 1.3 気象観測とデータ・レスキュー

第2章 地球温暖化を捉えるー気候変動の検出ー
 2.1 今年の暑さは地球温暖化のせい?
 2.2 「コンマ以下」の大切さ
 2.3 ヒートアイランドと地球温暖化の関係
 2.4 増加率をめぐって
 2.5 異常気象は増えているか

第3章 「ゲリラ豪雨」はヒートアイランドのせいかー統計と因果論ー  3.1 工業化で降水が増えた?
 3.2 夏の暑さと熱中症の関係
 3.3 極端現象と地球温暖化の関係

第4章 気象台の気温と街の中の気温ー観測データの代表性ー  4.1 観測データの空間代表性
 4.2 観測所の移転とデータの補正
 4.3 分刻みで変動する気温
 4.4 最低気温が平均気温よりも高い日ー観測時刻の問題ー

第5章 データの信頼性を生み出すものー品質情報の大切さー  5.1 取り消された世界記録
 5.2 雨量計と捕捉率
 5.3 雪と気象観測
 5.4 昔と今の台風は違う?
 5.5 竜巻は多くなったか

第6章 平均値、変動、極値ー統計の基本事項ー
 6.1 平年値と特異日
 6.2 変動の尺度ー標準偏差と順位ー
 6.3 統計的検定と正規分布
 6.4 極値統計ー再現基幹と異常値
カテゴリー:気象ブックス タグ:気象 気象ブックス 気象観測 異常気象 
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG