エルニーニョ現象を学ぶ 【改訂増補版】 気象ブックス007


978-4-425-55062-3
著者名:佐伯理郎 著
ISBN:978-4-425-55062-3
発行年月日:2003/8/8
サイズ/頁数:四六判 172頁
在庫状況:在庫有り
価格¥1,760円(税込)
数量

Amazonでの購入はこちらから

ペルー沖の海水温度上昇が、遠くの日本の冷夏など、地球規模の異常気象をもたらすというエルニーニョ現象。知っておきたいその仕組から発生の予測、社会的影響まで地球の躍動をやさしく、ていねいに解説。大気と海洋の、微妙なバランスがつくりだす現象の全貌を、最新の研究成果から明らかにする。

【まえがき】より
 学校における「理科離れ」が問題になって久しいものがあります。この「気象ブックス」シリーズの刊行の趣旨では、その理科離れを引き戻すことも念頭においています。私も微力ながらその趣旨に沿うよう協力できたらというのが、本書を執筆した動機です。
 しかし、私にしてみれば、理科離れは本当だろうかと思うこともしばしばです。毎日移り変わる気象現象を見ていると、おのずと明日の天気が気になりますし、天気予報を知りたければ、テレビのチャンネルをを気象情報の番組に合わせます。最近のテレビ各局は、競って天気予報番組に力を入れ、それぞれわかりやすく見栄えの良いものを作っていると思います。また、お天気キャスターの中にはタレント並の人気を博している方も多いようです。そして、年二回実施されている気象予報士の試験には、毎回三千人以上が受験しているといいます。
 このように、一般の方々の気象への関心は非常に大きいといえるでしょう。また、この10年の間には、地球温暖化問題が顕在化し、マスコミが、その科学的な背景などをわかりやすく解説する機会も非常に多くなっています。また、景気の動向もお天気に大いに左右される側面が多いようです。
 本書のテーマである「エルニーニョ現象」は、このような流れからいえば、一般の方々の関心が非常に大きなもので、こういった本の出版はまさに時宜を得た企画といえるでしょう。しかし、残念ながら私の手にも余るところが多いのも事実です。
 エルニーニョ現象が気象学に大きな注目を浴びるようになったのは、1972〜73年の現象からといってよいでしょう。この現象がきっかけとなり、米国を中心として、エルニーニョ現象を科学的に、しかしながら、海洋と気象とはまだ個別に、それぞれ研究が進められ始めました。この比較的大きな現象は、豆腐の値段が二倍にもなった元凶として、日本の新聞にも紹介されました。
 しかし、日本における研究の開始は、次の大きな現象である1982?83年の現象まで待たなくてはなりませんでした。当時今世紀最大規模といわれた1982?83年の現象は、1982年の冷夏、1982年から83年にかけての暖冬をもたらし、また、82年の長崎豪雨、83年の山陰豪雨とも関係があるのではないかと取り沙汰されました。
 この1982?83年のエルニーニョ現象が発生する一年前に、気象庁内で一つの活動が始まりました。以前から大気と海洋の相互作用の重要性については、気象学でも、海洋学でも十分認識されていましたが、気象・海洋業務において、また、研究においてこの両者が本当に結びついていたいたかというと、当時は″?”マークを付けざるを得ない状況でした。1981年に、私が気象庁海洋課に在籍していた時、海洋課と長期予報課の間で、月に一度気象と情報象と海況についての情報交換をしようということになりました。これは、前年の80年の大冷夏が引き金となって、長期予報に海洋の情報も取り込んでいこうという気運が高まったことが影響していました。部外と人から見ると随分遅れているなと思われるかもしれませんが、同じ気象庁でも、それまではほとんど情報交換がなかったといわざるを得ませんでした。毎月10日頃、長期予報課の現業室でわれわれ海洋課は、毎月の北西大西洋の海面水温の状況や親潮・黒潮の流れについて解説を行い、また長期予報課は北半球の循環場の解説等を行っていました。このおかげで、私自身随分と長期予報の勉強をさせてもらうことになりました。また、長期予報課の方も海洋のデータを長期予報に使えるかもしれないとの印象を持ったのではないかと思います。
 この会が始まって一年ほどして、1982?83年のエルニーニョ現象が発生したわけですが、当時気象庁は、東部太平洋の海面水温の分析・監視を行っていなかったので、毎月米国の海洋大気庁(NOAA)から郵送されてくる太平洋全域の海面水温分布図だけを頼りにいろいろ議論したことが思い出されます。これを契機として、気象庁海洋課でも、太平洋全域の海面水温の解析を開始しました。
 一方、長期予報課では、日本の気象とエルニーニョ現象との関係を調査し、中部日本を中心として、現象発生中は冷夏・暖冬になる傾向があることが統計的に示されました。この調査結果は長期予報の大きな武器となりました。それからは、大規模な大気・海洋相互作用として生ずるエルニーニョ現象の原因解明、現象の観測・監視、そして現象の予測と、環太平洋の主要国ばかりでなくヨーロッパの国々も含め、研究が加速的度的に進展してきました。現在では、エルニーニョは時代の寵児になったようで、中学校の入学試験にも、また、テレビのクイズ番組にも登場する人気者となっています。ちなみに、エルニーニョ現象は、小学校では学習しないそうです。その一方で、世界各地で発生する異常気の原因をすべて、エルニーニョのせいにするといった悪しき風潮も出てきています。
 本書では、エルニーニョ現象について、その発生のメカニズムから、予測、そして社会経済的な影響まで、幅広い話題を取り上げ、解説しました。私が気象庁海洋課において、エルニーニョを担当した当時、部外の方々色々な質問を受けたりした時の話をもとにしたエピソードについても、第八章で少し触れさせていただきました。これらの部外の方々からの声が、その後の仕事の発展につながったことも多くありました。しかし、私は海洋を専門としている関係で、記述も自然と海洋の方に重きを置くようなことになってしまったことをお断りしなければなりません。特に、エルニーニョ現象に監視についての第四章は、ほとんどが海洋の観測・監視に関する記述となってしまいました。気象を軸とした記述を心掛けるという点では、「気象ブックス」の一冊としては不適当な面もあるかと思います。しかし、気象庁に身を置き、海洋業務に携わる私にとっては、気象観測と同様に、海洋の観測から得られるデータの一つ一つも気象や気候の予測にとって不可欠なものであるということを、声を大にして訴えたいというのも本音です。
 そして、本書が、読者の皆さんに、気象のことや海洋のことをもっと勉強してみたいという気持ちを起こさせる「はずみ車」の役割を担うことができれば、これに勝る喜びはありません。
 本書を執筆するにあたっては、気象庁が出版している参考図書類を大いに活用させていただきました。さらに、インターネットにより、エルニーニョ関係のホームページから最新の情報を取得し、本書の執筆にも利用しました。これがヒントになって、本書の第10章を書き加えました。また、現在、エルニーニョ現象の監視・予報を担当されている気象庁エルニーニョ監視予報センターの長谷川直之さんと石井正好さんには、エルニーニョ現象に係わる重要な図の作成や原稿に対するコメントなどを頂き、お忙しいなか一方ならずお世話になりました。
お二人のご支援、励ましがなければ、本書が出来上がらなかったといっても過言ではないでしょう。お二人に深く感謝申し上げます。
 また、本シリーズの編集委員会の委員長である朝倉正先生をはじめ編集委員の皆様、また、(株)成山堂書店編集部の皆様には、原稿に対して適切なご助言をたくさん頂きました。記してお礼申し上げます。

【目次】
第1章 エルニーニョ現象とは
 1 エルニーニョの由来
 2 エルニーニョ現象の定義

第2章 太平洋の海と大気
 1 ウォーカー循環と南方振動
 2 海水の温度
 3 太平洋赤道域の海洋表層の特徴
 4 コリオリの力
 5 エクマン輸送と湧昇
 6 地衝流と太平洋熱帯域の海流
 7 赤道の海面水温の分析

第3章 エルニーニョ現象のメカニズム
 1 エルニーニョ現象発生の仕組み
 2 赤道近くで暖水・冷水の伝播
 3 サイクル的に変化する赤道域の海況

第4章 エルニーニョ現象を観測・監視する
 1 国際協力によるエルニーニョ現象の観測
 2 観測船による海洋観測
 3 篤志観測船による表層水温観測
 4 赤道域の定置ブイ
 5 検潮所における海面水位の監視
 6 気象衛星による対流活動の観測
 7 人工衛星による海面水位の観測
 8 データの収集と利用
 9 海洋データ同化システム
 10 アルゴ計画

第5章 過去のエルニーニョ現象の特徴
 1 1950年以前のエルニーニョ現象
 2 1950?70年代のエルニーニョ現象
 3 1980年以降のエルニーニョ現象

第6章 エルニーニョ現象を予測する
 1 予測の必要性
 2 失敗に終わった最初の予測
 3 統計的手法による予測
 4 力学的手法による予測

第7章 エルニーニョ現象と世界・日本の天候
 1 エルニーニョ現象に伴う特徴的な天候
 2 テレコネクション
 3 エルニーニョ現象に伴う世界の天候の変化
 4 ハドレー循環とロスビー循環
 5 エルニーニョ現象と日本の天候
 6 ラニーニャ現象に伴う世界の天候の変化

第8章 エルニーニョ現象の社会経済的影響
 1 エルニーニョ現象と自然災害
 2 ペルーのアンチョビ
 3 アフリカとエルニーニョ現象
 4 穀物相場とエルニーニョ
 5 日本経済とエルニーニョ現象
 6 日本企業とエルニーニョ現象
 7 エルニーニョ現象は害よりも益を多くもたらす?
 8 伝染病とエルニーニョ現象

第9章 エルニーニョ現象と気候変動
 1 地球温暖化と海洋
 2 二酸化炭素と海洋の湧昇
 3 地球温暖化とエルニーニョ現象
 4 北西太平洋における二酸化炭素の観測

第10章 インターネットで見るエルニーニョ現象の情報

(気象図書)
カテゴリー:気象ブックス タグ:気象 気象ブックス 異常気象 
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG