井田寛子の気象キャスターになりたい人へ伝えたいこと


著者名: 気象キャスター 井田寛子
ISBN: 978-4-425-51331-4
発行年月日: 2013-02-19
サイズ/頁数: 四六判 224頁
在庫状況: 在庫あり
価格(本体価格)

1,728円 (1,600円)

数量:  

「就職活動を始めた大学生はNHKのお天気お姉さん・井田寛子さんに学べ」
2013年12月2日(月)Yahoo! ニュースのトップで就職活動をしている学生向けの記事として紹介されました。
本書は井田さんが気象予報士試験・気象キャスターオーディション合格の
ノウハウが詰まった内容のほんではありますが、それだけには終わりません。
夢を持ちながらもそれが叶わず、幾多の挫折を経験。
しかし諦めずに進み続けたことで、夢をつかみ取ることができました。
「夢は諦めなければ、絶対に叶います!」と語る井田さん。

就職活動をしている学生、働きながらも自分の夢や目標に向かって進むも、
なかなかうまくいかない方などに読んでいただきたいと言っています。
「タイトルには『気象キャスター』と入っていますが、その部分は
 ご自身の夢や目標に置き換えて考えてください」とのメッセージも。
がんばっている全ての人に読んでいただきたい1冊です。

【本書の内容】
気象キャスターになるためのノウハウが詰まった本
気象予報士や気象キャスターを目指している方は必読。他では聞くことのできない、
試験合格への勉強方法や気象キャスターへの道のりなど、本人の「生の声」を収録。

蜘蛛が大好き、蛙をポッケに詰め込んで親をビックリさせた子供の頃。獣医を志すがことごとく惨敗。キャスターを目指すも夢かなわず。そして、製薬会社へ。しかし、転機がおとずれキャスターの道へ。3年半の勉強の末、5度目の試験で気象予報士の試験の合格。そして、全国放送の気象キャスターとなった「いま」を語ります。

あなたの夢は、なんですか?
誰でも秘めている叶えたいこと、好きなこと。
もう一歩踏み出せば必ずつかめる宝物。
私はそれが、たまたま気象キャスターだった。

                井田寛子

【目次】
巻頭インタビュー 私がこの本に託したこと
井田寛子プロフィール
第1部 資格取得 オーディション突破のノウハウ一挙公開

 第1章 基礎・気象予報士の仕事とは?
  気象予報士ってなに?
  どうして気象予報士が誕生したのか?
  プロ中のプロといわれる気象予報士を目指す
  あなたの一言が「気温1℃の経済効果」の根拠になる
  気象キャスターイコール気象予報士ではありません

 第2章 すべてを語ります。私はこうして「気象予報士」をとった
  ポケットいっぱいのカエルを母にプレゼントした子供時代
  最初の挫折「ホントは獣医になりたかった」
  製薬会社の営業で身につけたプレゼン力
  キャスターとしてのスタートは静岡の地から
  気象予報士を目指すが、久しぶりの数式に立ち止まる・・・
  期限を決めることで、自分を追い込む
  仕事をしながらトライする人に勧めたい「ながら勉強法」
  過去問は早い時期に始め、解けば解くほど合格へ近づく
  スクールに通うため、毎週新幹線で横浜へ
  通学講座でパッと開いた「未来」
  3年半の勉強期間、5回目の試験で手にした合格
  私の考える、仕事と勉強の両立の秘訣
  周囲の人に「予報士になる!」と話す効果は絶大!

 第3章 「気象キャスター」になる!
  「資格が死んでしまう」と思った東京時代
  オーディションに合格。すぐに大阪へ
  何を考え、どう動いているのか? 「気象キャスター井田寛子の1日」
  「取材もできる気象予報士」でなければならない
  社会の変化を伝えることで「リアルな天気情報」が生まれる
  「旬」をとらえ、企画にまとめ、提案する
  私の原点、「大阪時代」を語ります
  まずは地名・地形を覚えるところからスタート   最初の夏。「局地的大雨」を伝える
  全国放送と地域放送の違いを噛みしめて
  1年で最も忙しいのは台風シーズン。ある「災害報道の1日」
  気象情報を伝える「4分半」という時間のために生きる
  テレビ以上の緊張感に包まれる「講演会」
  出前授業のすべては子供たちのために

第2部 気象キャスターになる「あなたのための情報ボックス」
 第1章 各季節の「典型的な天気」を伝えます
  春の天気図
  強風
  黄砂
   ○取材日記:風とこいのぼり
  花粉症
   ○きれいになるコラム:野菜と乳酸菌は相性バツグン
  梅雨の天気
   ○取材日記:気象記念日
  1ミリの雨
   ○きれいになるコラム:朝の一杯に手作りスムージー
  夏の天気図
  雷雨
   ○取材日記:暑さを表す言葉
  熱中症
   ○取材日記:海・山シーズン
   ○きれいになるコラム:お酢たっぷり、自家製ピクルスで夏バテ防止
  秋の天気図
  台風
  台風の備え
   ○取材日記:雲の種類
  木枯らし
   ○きれいになるコラム:秋は食べて走ること!
  冬の天気図
  雪か雨かの判別
   ○取材日記:大阪に樹氷スポット!
  日本の寒さの記録は氷点下41度
  雪に不慣れな地域の注意点
   ○きれいになるコラム:お肌に潤いを届け風邪に負けない元気な体をつくる野菜

 第2章 踏まえておきたい「最近の気象災害」
  平成20年8月末豪雨
  平成22年観測史上最も暑い夏
  平成23年台風12号
  平成24年5月6日 茨城県・栃木県の竜巻
 第3章 変わる気象情報
  大雨に関する情報の見方
  大雨警報
  土砂災害警戒情報
  記録的短時間大雨情報
  洪水警報
  指定河川洪水予報
  竜巻注意情報
  異常天候早期警戒情報
  高温注意情報
  気象情報の表現の変化
  気象キャスターとして伝えたいこと

第3部 もっと知りたい! 井田流「勉強法」と「気象キャスター」への道のり
   巻末インタビュー 担当編集者が引き出した!「井田流勉強術」

第4部 井田寛子視点の「知っておきたい豆知識」
 ○井田寛子目線による、気象予報士・気象キャスターに必要な能力ベスト10
 ○気象予報士試験に挑む人へ~合格を掴む7つのポイント~
 ○先輩が見た「井田寛子」
   テレビの先輩
    キャスター 大越健介(ニュースウオッチ9)
   気象キャスターの先輩
    気象キャスター 平井信行(NHK首都圏ネットワーク、ゆうどきネットワーク)
    気象キャスター 南 利幸(NHKおはよう日本【土日・祝日】・週刊ニュース深読み)
 ○あなたを合格に導く「テキスト」、「Webサイト」、「通信・通学講座」
 ○気象予報士試験について
 みなさまへ ありがとう

【読者からの声】
●H様
「視覚を目指す上で励みになりました」

●T様 25歳
「井田さんのような気象予報士、キャスター目指して現在就職活動中です。原稿作成、読み上げなどの練習をしていますが、モチベーションが下がった時などに読んで、やる気をアップさせています」

(気象図書)

本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG