IWC脱退と国際交渉


978-4-425-98501-2
著者名:森下丈二 著
ISBN:978-4-425-98501-2
発行年月日:2019/7/28
サイズ/頁数:A5判 260頁
在庫状況:予約
価格(本体価格)

3800円(税別)


2019年6月1日発送分より発送費が値上がりとなります。
地域、サイズ、重量により発送費が異なりますので、注文後、発送費のご連絡をいたします。
数量

【はしがき】より
2018年12月26日、日本政府は菅義偉官房長官の談話により国際捕鯨委員会(IWC : International Whaling Commission)からの脱退(正確にはIWCを設立した国際捕鯨取締条約からの脱退)と商業捕鯨の再開を発表した。この決定は国際捕鯨取締条約の寄託国である米国政府に直ちに通告され、同条約第11条の規定に基づき、翌2019年6月30日に脱退が実現した。
このIWC からの脱退と商業捕鯨再開の決定について、日本国内からは歓迎と期待の声が聞かれる一方で、特に脱退については「なぜ今脱退か」、「国際協調に影を落とす」、「短慮に過ぎる」、「冷静な判断を」などといった批判や懸念も表明された。脱退の決定が、IWC において自らの主張が通らない日本がついに堪忍袋の緒が切れて、感情的に国際社会に背を向けるものであるというイメージに基づく批判や懸念ではないかと思われるが、実はIWC においては1990年代から数度にわたって捕鯨支持国(あるいは鯨類の持続的利用支持国)と反捕鯨国の間の妥協点を探る「和平交渉」が試みられ、様々な議論や妥協案が俎上にあがり、これらがすべて失敗してきたという歴史がある。なぜこれらの国際交渉がことごとく決裂したのか? それは感情論のせいけで片付けられるものなのか?
2018年9月にブラジルのフロリアノポリスで開催されたIWC 第67回総会での日本からの提案の否決が、脱退の決定の直接の原因であるかのような報道もなされたが、実際には、過去の度重なる「和平交渉」の失敗とその原因の分析を受けて、2014年のIWC第65回総会の前に大きな交渉方針の転換を行い、約5年の月日をかけて第67回総会での提案につながるステップを積み上げたという背景がある。そして、さらに2018年の第67回総会での日本提案の否決は、非常に残念ではあったが、同時に十分予見されていた事態であったのである。この交渉方針の転換とは何か? 5年をかけて積み上げたステップとはいったいどのような交渉であったのか? 本書の目的の一つは約30年に渡る捕鯨問題に関する歴史とその争点を通史として記述することにある。とかく一面的に論じられ、誤解も多い捕鯨をめぐる交渉について、このような形で記録と考察をまとめることは、この交渉に関わってきたものの義務と責任であると感じている。
本書にはもう一つの大きな目的がある。国際捕鯨問題は時に他の外交交渉とは独立した特殊な問題として理解されることも多い。しかし、捕鯨問題は他の国際的な問題における重要な要素を凝縮したような点が多々ある。本書では、国際捕鯨問題をめぐる外交交渉の展開の中からこれらの要素を抽出し、分析することで特に紛争を抱える他の外交交渉に参考となり得る論点を提供することを試みる。例えば、捕鯨問題では鯨類に関する科学が重要な役割を果たすとともに、論争の種ともなっている。この構図は気候変動をはじめ、多くの科学的要素をめぐる議論や外交交渉に通じる。国際法の解釈とその運用をめぐる意見の相違と対立も捕鯨問題の構成要因である。国際捕鯨取締条約の目的や商業捕鯨モラトリアムを導入した条約附表第10項e の規定の解釈は常にIWC での議論を生んできたし、2014年に判決が下された捕鯨をめぐる国際司法裁判所での論争の要素であった。ちなみに、国際司法裁判所の判決は日本の全面敗訴と報道されたが、国際法の解釈についてはむしろ日本の主張に沿った判決となっている。これについても本書で詳しく解説する。
国際交渉や国際紛争におけるプレスや世論、広報活動の重要性も捕鯨問題からの教訓の一つであろう。国内政治だけではなく、国際問題でさえサウンドバイト(ニュースなどの放送用に抜粋された、政治家や評論家などの刺激的な言動や映像、あるいは注意を引き付ける簡潔なスローガンなど)やそれから生じるパーセプション(認識・認知・知覚)で動く。ポピュリズム(大衆迎合・大衆扇動)が影響力を拡大し、フェイクニュースが飛び交い、ソーシャルメディアが外交問題の帰趨を左右する事態は捕鯨問題では経験済み、かつ対応が難しい問題である。この観点についても捕鯨問題は他の外交交渉への何らかの教訓を提供しうる。
そして、国際機関からの脱退という決断に至った捕鯨問題の展開と経験、そしてその背景は全ての国際交渉への対応において指針と教訓を提供する。国際機関からの脱退という決断は重い決断であり、南極海での鯨類科学調査の停止という犠牲も払った。その理由と論理は明確に説明され、理解されなければならない。他の国際交渉において脱退を避けるという視点からも、脱退を国際交渉の一つのオプションとして捉えるという視点からも、本書は一定の貢献ができると期待したい。
本書の第1章では、まず捕鯨をめぐる国際的対立について、その事の起こり、対立の争点、捕鯨の管理システムの変遷など、国際捕鯨問題に関する基礎的な情報をまとめた。第2章は、30年を超えるIWC における「和平交渉」の議論を資料も含めて記述するとともに、なぜすべての「和平交渉」が失敗に終わってきたかを分析した。第3 章は2014年に判決が出た南極海の鯨類捕獲調査をめぐる国際司法裁判所での訴訟の経緯と判決の解説を試みた。第4章では、日本のIWCからの脱退につながった、2018年9月のフロリアノポリス(ブラジル)で開催された第67回総会での日本提案に至った経緯、総会での議論について述べた。第5章はIWC からの脱退が意味するものについて、その理由、問題点の整理、国際法上の位置付け、商業捕鯨再開の形と今後などについて考えた。最終の第6章では、本書の目的である捕鯨問題と他の国際交渉とのつながり、捕鯨問題からの教訓などを分析して、様々な国際的な紛争へのアプローチへの参考となることを目指した。
捕鯨論争については不毛で感情的な議論が長年続いてきたというイメージが強いと思われる。これは間違ってはいないが、同時に30年を超える論争の歴史的展開の中で、何が争点となり、それらがどう議論され、また争点自身がどう変わってきたかということについては系統的にとらえられていない。また、その議論の内容と展開は他の国際問題や漁業資源管理問題からは、孤立した異質の問題であるという認識もあるかと思えるが、本書で述べるように、捕鯨論争は実に様々な要素を含み、その帰趨は広範な国際交渉に影響を及ぼす潜在性が有る。また、日本のIWCからの脱退はゴール、もしくは捕鯨問題の解決ととらえられている向きもあるが、脱退はこれから鯨類資源の国際管理をいかに進めていくかのスタートである。捕鯨問題はフェーズが変化するもののなくなりはしない。
筆者はIWC での議論を中心に1990年代から」捕鯨問題にかかわって来ており、公表されていない情報にもアクセスがあるが、本書は公表された情報と資料に基づいて執筆した。本書の内容は筆者個人の見解であり、日本政府の見解を代表するものではない。また本書中の誤解や誤りはすべて筆者の責任に帰する。
なお、本書は次の2 編をベースとし、大幅に加筆修正を加えた。
1)森下丈二、「海洋生物資源の保存管理における科学と国際政治の役割に関する研究:捕鯨問題と公海生物資源管理問題を巡る議論の矛盾と現実」、京都大学論農博2828号.
2)森下丈二、「岸本充弘、商業捕鯨再開へ向けて ―国際捕鯨委員会(IWC)への我が国の戦略と地方自治体の役割について―」、下関市立大学 地域共創センター年報 
2018 vol.11、49p ~99p.

2019年5月
森下丈二

本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG