日本の国石「ひすい」ーバラエティに富んだ鉱物の国ー


978-4-425-95621-0
著者名:一般社団法人 日本鉱物科学会 監修/土山 明 編著
ISBN:978-4-425-95621-0
発行年月日:2019/4/28
サイズ/頁数:A5判 240頁
在庫状況:在庫有り
価格(本体価格)

3000円(税別)


2019年6月1日発送分より発送費が値上がりとなります。
地域、サイズ、重量により発送費が異なりますので、注文後、発送費のご連絡をいたします。
数量

(一社)日本鉱物科学会が2016年9月実施した「日本の国石」選定事業を導入部として、「石」の定義から「石」を調べて地球の歴史を探り宇宙とをつなぐ学問である「鉱物学」について、そして「国石」に選ばれた「ひすい」と日本・日本人との古くからの関わりや多様な地形をもち多くの鉱物が産出される日本の地質的な特異さ、資源としての利用や石との身近な楽しみ方まで、アカデミックな基礎知識を盛り込みつつ、日本の「石」「岩石」「鉱物」の魅力を存分に伝える。

※クリックすると拡大します






Chapter 1 日本の「国石」を決める
 「国石」とは?
 「国石」は「水晶」であるとの説
 なぜ「国石」を選定するのか?
 「国石」の条件
 選定方法
 22の候補
 最終候補5選
  花崗岩、輝安鉱、自然金、水晶、ひすい
 いざ投票へ!「国石」の決定
 投票を終えて―“Gem sparkles deep”

Chapter 2 「石」ってなんだろう?
 「石」とは
  鉱物、岩石、宝石、鉱石、化石、盆石、岩、砂、泥、土…
 「鉱物」と「岩石」の違い
 「鉱物」について
  化学組成/結晶構造/結晶の対称性/鉱物の性質/鉱物の分類
 「岩石」について
  火成岩/堆積岩/変成岩
 その他の「石」について
  鉱石/宝石/石材
 「石」はどうやって出来るの?
 「石」の調べ方〜身近な「石」から何がわかるか

Chapter 3 「鉱物科学」とは?
 地球の歴史を探るワンダ―な学問!?
 地球と宇宙の声を聴く
 「石」を採集する
 飛んできた石を拾う〜「隕石」の起源
 「新鉱物」の発見
 「石」を作る

Chapter 4 日本の「国石」ひすい
 ひすいはなぜ国石になれたのか
  国石の条件とひすい
 ひすいの基礎知識
  ひすいとは何か
  硬玉と軟玉
  ひすいを英語では何という
  ひすいとカワセミ
 宝石としてのひすい
  日本産の宝石の頂点に立つひすい
  琅?とは何か
  ひすいは緑色?
 ひすいの鉱物学・岩石学
  ひすい輝石
  輝石の仲間
  ひすい産地
  ひすいができる場所
  ひすいのできかた
  ひすいと蛇紋岩
  ひすいの年齢
  ひすいの中の新鉱物と稀産鉱物
 ひすいと日本人
  ひすい文化
  最初のひすいの利用
  大珠と垂飾
  勾玉
  ひすいの加工
  ひすい利用の終焉
 ひすい再発見の不思議
  ひすい問題
  クンツのひすいの研究
  大正時代の幻のひすい発見
  相馬御風とひすい再発見
  河野義礼の研究
  広まらなかった大発見
  御風の沈黙の理由
 ひすいの保護と活用
  ひすいの保護
  ひすいの採集
  ひすいの持続可能な活用“ワイズユース”

Chapter 5 バラエティーに富む「国石」候補たち
 1. 最終選考に残った4候補
  水晶(日本式双晶、瑪瑙、玉髄、碧玉を含む)
   水晶と石英
   身近な鉱物
   社会生活と石英
   石英の結晶構造
   キラリティー(対掌性)
   さまざまな形の水晶
   さまざまな色の水晶
   石英の組織:双晶
   まりも入り水晶、草入り水晶 瑪瑙
   石英の仲間たち
   高温石英
   碧玉
  輝安鉱〜愛媛県市之川鉱山産輝安鉱・世界に誇る巨大で美しい結晶〜
   アンチモンと言う元素
   「アンチモンの里」市之川鉱山
   輝安鉱という鉱物
   博物館で輝安鉱を見る
  自然金
   自然金とは
   日本の自然金
   社会生活と自然金
  花崗岩(花崗岩質岩およびそのペグマタイト)
   花崗岩とは
   花崗岩はどこで出来るのか
   日本の花崗岩
   石材としての花崗岩
   ペグマタイト
 2. その他の1次候補
  桜石(菫青石仮像)−第6の国石候補
  トパーズ
  玄武岩
  黒曜石(黒曜岩)
  讃岐岩(サヌカイト)
  無人岩
 3. その他の候補
  安山岩
  かんらん岩
  大谷石
  石灰岩(古生代の化石入りおよび大理石と方解石結晶)
  さざれ石(石灰質角礫岩)
  硯石(黒色粘板岩)
  赤間石
  結晶片岩(とくに紅簾石石英片岩)
  黒鉱
  絹雲母(セリサイト)
  琥珀(コハク、アンバー)

Chapter 6 生活を支える「鉱物」とチャレンジする「鉱物科学」
 昔から利用されていた岩石と鉱物
  石器
  土器
  建築材料(石材・レンガ)
  石薬
 身近な鉱物
  化粧品
  粘土
  岩絵具・顔料
  ガラス・硫黄・砥石
  陶土・陶石
 日本の鉱物資源
  ベースメタル(鉄・アルミニウム・銅・鉛・亜鉛・スズ)
  希土類元素(海底レアアース)
  メタンハイドレート
 巨大災害と地球環境問題
  放射性物質回収
  土砂災害
  重金属等の処理
  太陽熱利用冷房システム

Chapter 7 「鉱物」をみてみよう!
 石で楽しむビーチ
  砂つぶは鉱物だ
  波でよりわけられた砂
  ビーチコーミング
 石で楽しむ川
  鉱物がつくる岩石の模様
  パンニング
 石で楽しむハイキング
  岩石からわかる地殻変動
  露頭ウォッチング
 石で楽しむ街歩き
  街は岩石博物館
  石垣ウォッチング
 石で楽しむ博物館
  石を楽しむための知識がいっぱい
  ジオパーク
付録 「県の石」(一般社団法人 日本地質学会 選定)
一般社団法人 日本鉱物科学会とその歴史

【執筆者一覧】
各章執筆担当。( )内は執筆時の所属等
1章、2章、3章:土山 明(京都大学)
4章:宮島 宏(糸魚川フォッサマグナミュージアム)、辻森 樹(東北大学)
5章:下林典正(京都大学)、長瀬敏郎(東北大学)、今井裕之(元山梨県立宝石美術専門学校)、
   豊 遙秋(元産業技術総合研究所)、坂野靖行(産業技術総合研究所)、土谷信高(岩手大学)、
   石橋 隆(益富地学会館)
6章:鈴木正哉(産業技術総合研究所)
7章:西本昌司(名古屋市科学館)

本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG