図解 港則法(3訂版)


978-4-425-29104-5
著者名:国枝佳明・竹本孝弘 共著
ISBN:978-4-425-29104-5
発行年月日:2021/1/28
サイズ/頁数:A5判 212頁
在庫状況:在庫有り
価格

¥3,520円(税込)

数量
カラー図解で一目瞭然。
航海の常識を完全理解。
海には船舶の衝突を防ぐため「海上衝突予防法」「海上交通安全法」「港則法」(海上交通三法)が定められています。「港則法」は、港内における「交通の安全」と「港内の整とん」のために定めた法律です。

・本書の特徴
港則法をわかりやすいカラー図解で条文ごとに解説
各港の港域、灯標など必要な情報を図示
初学者の方はもちろん、改めて学習し直したい方にもおすすめです。

【まえがき】より 海上交通三法として知られる海上衝突予防法、海上交通安全法及び港則法は、船舶を運航する者にとって安全に航海の目的を達成するためには欠かせない海上交通規則です。特に港則法は、港内における船舶交通の安全と港内の整頓の確保に多大なる貢献をしています。
近年、経済発展に伴う船舶の増加に加え、船舶の大型化や原油、LNG・LPG 船などの危険物積載船の増加、プレジャーボートの増加などにより、港内の船舶交通は複雑かつ輻輳してきています。このような状況にある港内の安全を図るために港則法の重要性は増しています。船舶を運航する者は港内における安全のために港則法を正しく理解し、遵守することが求められています。本書は港則法の理解の促進のためにカラーを多用し、多くの図を活用するように工夫されています。また,船舶運航者の立場から、法の解釈のみならず、運用についても触れています。特に航法規定に関連する部分には多くのページを割いて、図もふんだんに盛り込んでいます。さらに海難事例を掲載し、法の理解と習得の一助としています。
本書により港則法の目的である港内の整頓が図られ、港内における船舶交通の安全が成し遂げられるために少しでもお役に立てば望外の幸いです。本書の出版にあたり、惜しみない助言をくださいました成山堂書店小川典子社長に心より感謝申し上げます。

2016年7月
國枝佳明
竹本孝弘

【3訂版にあたって】 最近の温暖化の影響でしょうか,世界各地で強い台風,ハリケーン,サイクロンや集中豪雨,干ばつ,熱波などの異常気象が生じています。近年は強い台風が発生するとともに,その勢力が衰えないまま日本に接近又は上陸するようになってきました。平成30(2018)年台風21 号では,大阪湾で錨泊中のタンカーが関西国際空港の連絡橋に衝突したのをはじめ,大阪湾に錨泊中の6割を超える33隻が走錨したとの報告があります。また,翌令和元(2019)年には台風15号が首都圏を直撃した際,東京湾に停泊していた船舶の3分の1にあたる107隻が走錨した可能性があると,第三管区海上保安本部が発表しています。
このような状況を踏まえ令和3(2021)年7月1日に海上交通安全法等の一部を改正する法律が施行されました。これに伴い,港則法においても「異常気象等時特定船舶に対する情報の提供等」及び「異常気象等時特定船舶に対する危険の防止のための勧告」が追加され,海難の防止を図っています。今回の改訂では,削除された条の整理が行われましたので合わせて改訂しています。
この度の法改正の効果により海難防止が実現することを切に願っています。

2022年1月
國枝佳明
竹本孝弘

【目次】
第1章 総則
 第1条 法律の目的
 第2条 港及びその区域
 第3条 定義

第2章 入出港及び停泊  第4条 入出港の届出
 第5条 びょう地
 第6条 移動の制限
 第7条 修繕及びけい船
 第8条 けい留等の制限
 第9条 移動命令
 第10条 停泊の制限

第3章 航路及び航法  第11条 航路
 第12条 航路内の投錨等の禁止
 第13条 航法
 第14条 航路外待機の指示
 第15条 防波堤入口付近の航法
 第16条 速力制限等
 第17条 工作物の突端付近等の航法
 第18条 汽艇等の航法
 第19条 特別の定め等

第4章 危険物  第20条 爆発物等
 第21条 停泊場所指定
 第22条 荷役・運搬

第5章 水路の保全  第23条 廃物及び散乱物等に関する規制
 第24条 海難発生時の措置
 第25条 除去命令

第6章 灯火等  第26条 小型帆船・櫓櫂船の灯火
 第27条 汽笛の制限
 第28条 私設信号の許可
 第29条 火災警報
 第30条 火災警報の方法の表示

第7章 雑則  第31条 工事等の許可及び進水等の届出
 第32条 行事の許可
 第33条 進水の届出
 第34条 竹木材の許可
 第35条 漁ろうの制限
 第36条 灯火の制限
 第37条 喫煙等の制限
 第38条 船舶交通の制限等
 第39条 交通制限等
 第40条 原子力船に対する規制
 第41条 港長が提供する情報の聴取
 第42条 航法の遵守及び危険の防止のための勧告
 第43条 異常気象等時特定船舶に対する情報の提供等
 第44条 異常気象等時特定船舶に対する危険の防止のための勧告
 第45条 準用規定
 第46条 非常災害時における海上保安庁長官の措置等
 第47条 非常災害時における海上保安庁長官の措置等
 第48条 海上保安庁長官による港長等の職権の代行
 第49条 非常災害時における海上保安庁長官の措置等
 第50条 行政手続法の適用除外

第8章 罰則及び政省令  第51条~第56条 罰則
 港則法施行令
 港則法施行規則
  第1章 通則
  第2章 各則
  附則
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG