二級・三級海技士(航海)口述試験の突破〈法規編〉【6訂版】


978-4-425-02827-6
著者名:岩瀬 潔 著
ISBN:978-4-425-02827-6
発行年月日:2019/2/28
サイズ/頁数:A5判 224頁
在庫状況:在庫有り
価格¥4,180円(税込)
数量
ニ級・三級(航海)の受験者を対象に海技士国家試験の「法規」の口述試験に挑むための参考書。

平成30年「海商法」および「国際海上物品運送法」の改正がありましたが、口述試験の突破(法規編)6訂版に反映されておらず、読者の方々には大変ご迷惑をお掛けいたしました。ここに改めてお詫び申し上げるとともに、以下の正誤表を参考にしていただくようにお願いいたします。
【正誤表】

【はしがき】より 本書は、二級海技士(航海)、三級海技士(航海)及び船橋当直三級海技士(航海)の免許を受けようとする人を主な対象としてまとめた、海技従事者国家試験の「法規」の口述試験を突破するための参考書です。
できるだけ分かりやすく、また覚えやすいように、各法令とも設問形式をとり、解答は箇条書で述べてあります。
「法規」に関する二級、三級及び当直三級の試験範囲は、1ページの海技従事者国家試験範囲一覧表〈法規)に示してありますから、これに従って勉強して下さい。
特に「法規」においては、口述試験のみを課し、筆記試験を課さない部分(法令)がかなり設けられています。
「法規」の法令は、広範かつ多岐にわたり、隅々まで覚えることは至難でありますから、口述試験のみが課せられる法令については、それぞれの法令の目的・趣旨をよく把握し、ポイントを覚えておくことが大切です。あとは、法令集を調べて関係条文が早く引けるように練習を重ねて下さい。
また、海上衝突予防法などの筆記試験と口述試験の両方が課せられている法令については、問題に対し答がすらすら出てくる努力が必要です。
本書は、口述試験に限らず、今までの勉強の総仕上げにも大いに役立つと信じています。
この度の改訂に当たっては、さきの版以後において、関係法令の改正がありましたので、それに即応した新しい内容に改めました。
本書を十分に活用され、首尾よく栄冠を勝ち取られることを願ってやみません。

2019年1月
著者識

【目次】 第1章 海上衝突予防法
第2章 海上交通安全法
第3章 港則法
第4章 船員法
  船員労働安全衛生規則

第5章 船舶職員及び小型船舶操縦者法
第6章 海難審判法
第7章 船舶法
第8章 船舶のトン数の測度に関する法律
第9章 船舶安全法
  船舶復原性規則
  船舶設備規程
  船舶消防設備規則
  危険物船舶運送及び貯蔵規則
  特殊貨物船舶運送規則
  海上における人命の安全のための国際条約等による証書に関する省令
  漁船特殊規則

第10章 海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律
第11章 検疫法
第12章 水先法
第13章 関税法
第14章 領海及び接続水域に関する法律
第15章 海商法
  国際海上物品運送法
  船舶の所有者等の責任の制限に関する法律
  船舶油濁損害賠償保障法

第16章 国際公法
  SOLAS条約(海上における人命の安全のための国際条約)
  STCW条約(船員の訓練及び資格証明並びに当直の基準に関する国際条約)
  国際保健規則
  船舶による汚染の防止のための国際条約
  国際海上危険物規程

【読者からの声】 ●S様 25歳
「実務に役立つ知識や口述試験で質問される内容がわかりやすく記載されており、重宝した。本書のおかげで試験に合格できたと思う。ありがとうございました」
カテゴリー:海技試験参考書 タグ:口述試験 国家試験 国家資格 東京湾 機関士 海員 海技士 海技士試験 海運  筆記試験 航海士  船員 船舶 船長 資格 
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG