一個52万円のアワビ文化−環境立国日本をめざす海からの提言−


978-4-425-82771-8
著者名:境 一郎 著
ISBN:978-4-425-82771-8
発行年月日:2000/1/28
サイズ/頁数:A5判 242頁
在庫状況:品切れ
価格¥2,640円(税込)
品切れ
世界一の高級食品アワビを安く大量に作る方法は? アワビとコンブの複合養殖を提唱し、漁場の再生と日本独特のアワビ文化を解説する。

○アワビと日本人の深い絆を探り、
○磯焼けで荒れ果てた海、ヘドロで埋まった湾を再生し、
○アワビが一般の人にも気軽に食べられるようになり、
○二酸化炭素を減らして地球温暖化防止にも役立つ!

こんなおいしい話が盛りだくさんの本です!

【目次】
第一章 アワビよなぜ高い
 1.アワビ一個52万円
 2.アワビ食べれば死刑!の江戸時代
 3.秦の始皇帝と不老長寿の薬
 4.値段は水産物のチャンピオン
 5.幻のアワビ資源
 6.世界中で枯渇するアワビ
 7.『海の小判』と密漁アワビ御殿

第二章 アワビの生態と漁法
 1.アワビ・鮑・不老貝
 2.アワビの種類と分布
 3.アワビの生態
 4.アワビの繁殖
 5.世界一のアワビ種苗生産技術
 6.アワビの食生活
 7.アワビの増殖・養殖
 8.アワビ漁業と漁具・漁法

第三章 アワビのルーツと海女(海士)
 1.アワビのルーツは長野県・山梨健に
 2.無土器時代とアワビ
 3.縄文時代とアワビ貝塚
 4.ドン・ロドリゴ事件
 5.玄海町鐘崎-宗像海人族-(福岡県)
 6.『国崎』の海女(三重県)
 7.輪島市『海士町』(石川県)
 8.南部潜りの里(岩手県種市町宿戸)
 9.三陸「吉浜アワビ」物語
 10.アワビ漁業技術は旧石器時代並み

第四章 間違いだらけのアワビ栽培漁業
 1.稚貝を放流しても減るアワビ
 2.アワビ栽培漁業を検証する
 3.陸上アワビ養殖への期待と挫折

第五章 こうすればアワビは増える
 1.アワビの餌「コンブ」を殖やせ
 2.日本の五倍!中国の漁獲量の謎
 3.アワビを増やすテクニック

第六章 環境立国をめざす海からの提言
 1.エコアワビは地球温暖化対策のエース
 2.太陽光利用システムによる藻場造成
 3.愛媛県宇和島市遊子漁協とアワビ養殖
 4.エコアワビを環境万博に

第七章 アワビ文化の創造
 1.人間は「文化」を持つ
 2.いま始まった漁業文化-栽培漁業-
 3.一個52万円の食文化を考える
 4.美味しいアワビ料理
 5.アワビの加工食品
 6.尊重されるアワビ
 7.アワビと文芸
カテゴリー:水産 
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG