タグ「法令」 一覧

海技試験六法 2022年版

◆本書の特徴◆ 海技試験科目のうち、「海事法令」は、筆記試験が行われるいくつかの基本法令を除いて口述試験中心に行われ、同時に、口述試験場に法令集を持ち込み、これを見ながら回答することが許されています。このため、筆記試験はもとより、口述試験に合格するには、日頃から法令集を使いなじんでおく必要があります。 本書は、筆記試験と口述試験の全出題範囲を網羅したもので、国土交通省海事局海技課の監修を得て、口述試験場に携帯することが認められています。現在、海技試験のために編集されている専用の法令集は他に例がなく、まさに受験者必携の六法と言えます。 ◆2022年1月7日現在で収録の最新版。 ◆収録法令を実際の海技試験にあわせて見直し、関係する国内法令・条約を網羅。 ◆船員法・船舶安全法など主要16法令はすべて参照条文つき。 ◆ジャンル別見出し、巻頭に掲載の法令索引は検索に便利。 ◆試験専……

一・二・三級海技士(航海)口述試験の突破【七訂版】

海技試験科目細目に基づきながら、各科目ごとに丁寧な解説を加えるとともに、実践的に試験に出題されるような質問形式で例題を豊富に収録。各種法令などをより現行の出題傾向に即した内容に変更した改訂版。 【はしがき】より 海技試験に口述試験が課せられている理由などについては、本文の「口述試験について(解説)」で述べているとおりですが、口述試験を突破するには、結論的に、海技に関する知識・経験を豊富にもち、それを船舶運航の実際において的確に対応することができるものであることが肝要です。したがって、船内生活によって得た知識・経験を大切にし、これがどのように船舶運航に活かされていたかを思い出して頂きたいと思います。このような観点から本書は、口述試験で問われるであろう問題を重点的に挙げてはおりますが、その目指すところは、海技試験に合格して海技従事者として、船舶運航の指導者となった場合の実力を涵養すると……

二級・三級海技士(航海)口述試験の突破〈法規編〉【6訂版】

ニ級・三級(航海)の受験者を対象に海技士国家試験の「法規」の口述試験に挑むための参考書。 平成30年「海商法」および「国際海上物品運送法」の改正がありましたが、口述試験の突破(法規編)6訂版に反映されておらず、読者の方々には大変ご迷惑をお掛けいたしました。ここに改めてお詫び申し上げるとともに、以下の正誤表を参考にしていただくようにお願いいたします。 【正誤表】 【はしがき】より 本書は、二級海技士(航海)、三級海技士(航海)及び船橋当直三級海技士(航海)の免許を受けようとする人を主な対象としてまとめた、海技従事者国家試験の「法規」の口述試験を突破するための参考書です。 できるだけ分かりやすく、また覚えやすいように、各法令とも設問形式をとり、解答は箇条書で述べてあります。 「法規」に関する二級、三級及び当直三級の試験範囲は、1ページの海技従事者国家試験範囲一覧表〈法規)に……
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG