海事

海事図書 1954年の創業から当社の大きな柱の一つとなっている 海事図書(船舶、海運、港湾、航海、機関、運用、造船、法令)。 日本は小さな国ながらも、海を含めると、とても大きな面積となっています。 そして、海から得られる恩恵もとってもたくさんあります。 その海に関する事柄(海事)について、当社では多くの専門書を発行しています。 遡ること、創業当時。 創業者である小川實は「海事図書をつくろう!」と思い、成山堂書店を立ち上げました。 戦争をくぐり抜け、船会社で勤めていた中、勉強しようにも当時は今のように豊富に本がある時代ではありませんでした。 「日本は海に囲まれているのに、その海に関する本がない。  日本人はもっともっと海について勉強していかなければならい」 そこから、海事図書の発行に向けて進み始めます。 し……
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG