カテゴリー「資格・試験」図書一覧

初心者のための海図教室(3訂増補版)

コースラインを引けますか?小型船舶の海図問題の解き方を順序立てて、航海計画の立て方、三角定規、デバイダーの使い方、線の引き方など基本に忠実に解説。 【増補改訂版の発行に寄せて】 吉野秀男さんがお書きになった本書『初心者のための海図教室(2訂版)』は、これから小型船舶操縦士の免許を取ろうとしている人や、免許は取ったもののまだ航海計画やチャートワーク(海図の作業)に十分慣れていない人のために、それらについてとても丁寧にわかりやすく解説した良書です。この度本書の改訂増補版が出版されるにあたり、私もお手伝いをさせていただきましたが、このような貴重なご縁と機会をいただいたことに対して心より感謝いたします。 航海術の出発点は空間認識です。つまり、「船の位置(船位)を求めること」と「船の向かう進路を決めること」です。それに、「船を正しく操ること」、すなわち操船術が伴って初めて航海は可能となりま……

新訂 二級小型船舶操縦士試験問題【解説と問題】

二級小型船舶操縦士学科試験は、学科試験科目の各細目から1問出題され、計50問が出題されます。本書は、細目毎に既出問題を中心として解説しています。また、練習用に既出試験問題を細目毎に掲載しています。掲載した問題は、2018年以降出題の最新のものです。問題文をよく読んで、適当でないもの、正しくないもの、当てはまるもの等、質問の内容をよく把握してから解答することをお勧めします。 実際の試験は、50問すべて4択問題で正解は1つだけで、答案用紙(別紙)の正解のマスに斜線を書き入れます。本書の解説を読み、問題に挑戦することを繰り返して出題傾向に馴れることが合格への道となることと確信し、お勧めします。 【新訂版発行にあたって】 本書は2008 年の初版から皆様にご活用いただき,おかげさまで3 訂版まで版を重ねてきました。このたびの新訂版発行にあたっては全体の内容を見直し,下記の点を改訂しました……

新訂 ステップアップのための一級小型船舶操縦士試験問題【模範解答と解説】

実際に出題された過去問題を収録。海図の扱い方など、初歩からやさしく解説した問題解答集。カラーの練習用海図収録、総問題数236問。1級へのアップグレードを目指すなら、この1冊。 本書の内容に誤りがありました。読者の皆様に深くお詫び申し上げますとともに、訂正させていただきます(2021年11月現在)。下記リンクをご覧ください。 【正誤表】 【新訂版発行にあたって】 本書は2006年の初版から皆様にご活用いただき,おかげさまで4訂版まで版を重ねてきました。このたびの新訂版発行にあたっては全体の内容を見直し,下記の点を改訂しました。  1 収録問題を見直し,新しい問題を加えました。  2 すべての解答に解説を加えました。  3 解説のための図や写真を追加しました。  4 難しい表現をできるだけわかりやすく改めました。 海上保安庁が発表した2020 年における海難の……
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG