カテゴリー「趣味・実用」図書一覧

海辺の生きもの図鑑

潮間帯に住む魚やエビ、カニ、ヤドカリ、ウミウシ、ヒザラガイ、貝、イソギンチャク、ヒトデ、ウニ、フジツボ、海藻など、300種類以上を掲載。すべて海辺にいる生きものだけを掲載しています。 【目次】 ・魚 磯では、潮がよく引いた干潮のときに潮だまりで魚を観察することができます。潮だまりに集まる魚は決してはでではありませんが、小さくかわいらしいものがたくさんいます。夏から秋にかけて黒潮に乗って南の海から渡ってくるチョウチョウウオやスズメダイの子どもも観察できます。 ・甲殻類 磯で人気のエビやヤドカリ、カニは甲殻類のなかまになります。またふしぎかもしれませんが、岩にはりついているフジツボや、虫のようなフナムシも甲殻類です。エビやカニは潮だまりの石の下などにかくれていることが多く、石ににせた色をしているものがいます。見つからないなと思ったら、そっと石の下をのぞいてみましょう。 ……

実用海事六法 2022年版

収録法令数約160件。 重要法令を収録した本書は、業務はもとより、海事代理士試験の受験参考書としてもご利用いただけます。 2022年1月12日現在の改正を収録。

海洋白書 2022

多方面にわたる海洋・沿岸域に関する出来事や活動を総合的・分野横断的に取り上げる「海洋白書2021」。最近の海洋をめぐる“日本の動き 世界の動き”を総合的な視点で整理・分析するとともに新たな海洋政策の推進を多様な角度から提言する。 【目次】 第1部 海洋をめぐる取組み  第1章 海洋からのカーボンニュートラルの実現に向けて   第1節 求められる海洋からの温暖化対策    1. IPCC第6次評価報告書第1作業部会報告書    2. 海洋・沿岸域における評価結果    3. 国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)と海洋    コラム01 研究者を育む自由な風土         ―眞鍋博士のノーベル賞受賞を祝して   第2節 期待される洋上風力発電の拡大    1. カーボンニュートラルと洋上風力発電の拡大    2. 洋上風力の研究の歴史    3……

二級・三級海技士(航海)口述試験の突破【航海編】6訂版

海技試験において重要性を高める口述試験に対して、完璧な受験準備ができるよう詳細にまとめた内容。付録として「海技士国家試験・受験と免許の手引」を収録。 ■6訂版のポイント 電波計器・電波航法航路の進展、標識の近代化、水路図誌等を取り巻く状況の変化等や最近の口述試験問題の出題傾向に合わせて、新しい問題を収録。 【はしがき】 船舶職員の訓練要件及び資格基準を定めるSTCW条約の批准に伴い,昭和58年4月船員法及び船舶職員法が大幅に改正され,従来甲種,乙種及び丙種の8段階であったものを,1~6級までの6段階に再編し,海技従事者国家試験細目も新たに定められ現在に至っています。 さらに1995年改正STCW条約の採択及び2010年マニラ改正を経て,海技従事者にはこれまでにも増して技術・技能の維持が求められ,甲板部職員に対するECDIS使用に関する能力及び非常事態に対応する訓練等,わが……

地震と火山と防災のはなし

自然豊かな日本においては、その恵みを存分に享受し独自の文化を育んできた一方、地震や火山噴火などの災害からは目をそらすことはできない。近いうちに起きるとされている南海トラフ地震までを視野に、地震、火山のメカニズムから、それに伴う災害への備え、地域での取り組みなどを分かりやすく解説。 【はじめに】 本書は、大学生や高校生に少しでも日本の自然に興味を持ち、防災の心構えを持っていただければと思い、語りかける様に書いた読み物です。 富士山があり、海にも囲まれた日本は、自然豊かで風光明媚な国です。日本人は、山海の幸や温泉など、自然の恵みを存分に生かした独自の文化を育み、現在の日本を創り上げてきました。一方、その自然は、突然の災害を引き起こす原因にもなることはご存知の通りです。2011年の東日本大震災、2018年の西日本豪雨災害、2019年には台風19号が発生し、静岡県、関東甲信越、東北地方で……

進化する羽田空港 交通ブックス313

世界的にも屈指の大空港である「羽田空港」について、歴史や管理・運営、施設、働く人々まであらゆる視点から解説。特に運営に関して、長年携わった著者ならではの知識を元に非常に詳しく解説しています。これまで一般には知りえなかった情報が数多く掲載されており、航空ファンのみならず航空関連企業に務める専門家をも納得させられる内容です。 【はじめに】 あなたは羽田空港を使ったことがありますか。日本で最も多くの航空旅客が利用し、最も大量の航空機が離着陸するこの巨大空港の正式な名前は東京国際空港ですが、ほとんどの人は羽田空港と呼んでいます。ハネダでも通じますよね。たくさんの人々に親しまれている羽田空港。でもその実態を詳細にご存じの方は少ないと思います。 羽田空港は訪れる旅行者、来港者、そしてそこで働く人達を魅了してやみません。初めにその魅力の秘密を探っていくことにしましょう。 この首都圏第1空港は……

新訂 船員実務英会話

外国人船員との混乗率が高まり英会話は重要な役割を持ちます。船員にとって必須の英会話を実務に沿って学べるよう、ページごとに補足説明を掲載!現状の船舶実務に合わせて「甲板部」「機関部」の2部構成となっています。海の仕事を目指す方々へお役に立つ一冊となることを願っています。 【はじめに】 日本郵船株式会社海務部により編集された旧版『船員実務英会話』は、外航船実務の様々な状況を鮮明にイメージしながら英会話を学習できるテキストです。現在外航船で勤務されている方々のなかには、学生時代に『船員実務英会話』を学び、将来の外航航海へ心躍らせた方も少なくないのではないでしょうか。長らく学生たちに愛されてきた『船員実務英会話』は、外国人船員との混乗率がますます高まる昨今の外航海運においてもいっそう重要な役割を持っています。 本書『新訂船員実務英会話』では、英会話本文の英語表現を一部平易な、現在使用され……

海上保安大学校 海上保安学校への道 【2022年版】

海上保安官をめざす人の入学する海上保安大学校、海上保安学校の入学案内・教育内容や海上保安庁の機構、業務内容を詳しく解説。 ・海上保安学校、海上保安大学校ってどんなところ? ・海上保安庁はどういう役割を担っているのか? ・海上保安官の仕事とは? ・採用試験の概要 ・現役の海上保安大学校の学生へのインタビュー など、知りたいことがこの1冊でよくわかります。 巻末には昨年度の過去問題を掲載しているので、受験対策にもバッチリです! 【目次】 1  海上保安庁・海上保安官の任務 2  海上保安官になるには―目指せ!海上保安官― 3  海上保安大学校 本科/ 初任科 4  海上保安学校   船舶運航システム課程/ 情報システム課程/ 管制課程/ 海洋科学課程/ 航空課程 5  海上保安学校門司分校 6  海上保安官の待遇・キャリア 7  海上保安大学校学生に聞く! ……

海事法規の解説

海事法規解説の定番書。 海事の理解と運用に必須の16法令を丁寧に解説。商法の改正など最新の法令改正に対応。初学者から海技士・海事代理士の勉強にも役立つ海事法規の入門書。 【はしがき】 『概説海事法規』の初版は、2010(平成22)年に刊行された。以来改訂版、2訂版と法律等のルール改正に応じて必要な改訂を行ってきた。今般は、タイトルを変更し、『海事法規の解説』として新たに刊行するものである。 2007(平成19)年の日本籍船の外航船舶数が92隻という最少船舶隻数は、2020(令和2)年には270隻(構成比12.1%)へ増加している。コロナ禍での東京オリンピック・パラリンピックの開催(2021)、オンライン会議や授業の実施、コロナウイルスのデルタ株からオミクロン株への変移等、社会生活のニューノーマル時代を航海する生活が継続している。 このような状況にあっても日本における海運の重要……

グローバルエアラインの経営と実務 AIRLINE OPERATIONS AND MANAGEMENT

航空業界について経営的な観点から概説したテキストブック。 経済、オペレーション、ファイナンスなど、経営学の主要分野の基礎理論を適用し、それらを組み合わせて業界を俯瞰しています。また、戦略的なマネジメントではなく、航空業界に特徴的に見られる戦術的なマネジメントに焦点を当てて解説しています。 【監訳者はしがき】 本書は、主に米国や欧州の航空会社を題材として、航空会社の経営理論と実践的な戦術を、豊富な事例を織り交ぜながら解説しています。我が国の航空会社の経営について学びたい、研究したいとお考えの読者には的外れかと言えば、そうではありません。むしろ、航空会社の経営理論の本質に迫りたければ、米国や欧州でどのように競争が行われているかを理解し、それを我が国の状況に当てはめるアプローチはとても有効です。例えば、東京に一極集中した市場のうえに構築された日本の航空ネットワークを俯瞰しても、真のハブ……
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG