カテゴリー「交通」図書一覧

高崎商科大学叢書 新流通・経営概論

ロジスティクスやマーケティングの現状、情報化社会における通信システムを取り上げ、それぞれの問題を指摘し、戦略敵視点からの明確な方向性を指示。 【序文】より  近年、日本の流通構造は大きな転換期を迎えている。経済の高度成長を前提に成立し維持されてきた現行の流通システムに構造変革が迫られている。バブル経済の崩壊後の不況の長期化、政府に寄る規制緩和政策、情報技術の著しい進展、商品調達のグローバル化、環境問題の国際化などの様々な要因が流通における競争関係をますますグローバルな範囲に拡張させている。  とりわけ、小売業間の競争は卸売業の競争を引き起こし、同業者間のいわゆる水平的競争をはじめとして、卸売機能を獲得しているメーカーや小売業との垂直的競争、さらにロジスティクス業者や他のサービス業者との斜方向の競争が多様化を増している。  一方、企業に対する評価の視点が、生産性・収益性・効率性という財務指……

写真集 昭和の電車がいっぱい−関西の私鉄−

近畿日本鉄道、南海電気鉄道、京阪電気鉄道、京福電気鉄道、阪急電鉄、阪神電気鉄道、山陽電気鉄道、神戸電鉄 ― 私鉄の「聖地」といわれる関西の電車、なかでも「昭和の電車」を紹介しています。 明治の面影を残す木造車、戦前の黄金期に製造された数々の名車、世界の注目を浴びた新幹線。昭和の時代は、新旧入り混じった、電車の魅力的な時代でした。技術の発展とあいまって創意と工夫が凝らされた「電車たち」は、たくさんの人々に愛されました。 本書に登場するのは、いずれも昭和の電車全盛時代を駆け抜けてきた関西の多彩な名車たち。作者が50余年もの間、昭和の時代をとおして撮影してきた汽車、電車のなかから選りすぐった155点を掲載。鉄道会社ごとに、小史やエピソードと貴重なコレクション資料を添えて紹介しています。懐かしい電車の姿とともに、関西・西日本の発展の様、そして沿線の美しい情景や懐かしい街並みまでも甦えります。ペ……

タイタニックから飛鳥2へ−客船からクルーズ船への歴史− 交通ブックス217

歴史への招待状 クルーズ客船史、豪華300頁の旅! ・約150枚におよぶ豊富な船の写真と、客船史研究の第一人者による明解な解説! ・戦争や海難事故、船会社の熾烈な争いなど、客船史にまつわるドラマティックな出来事も多数収録。 ・船に関する緻密なデータ(トン数、造船所、船会社の変遷など)を満載! ・資料的価値が高く、客船史の初学者や船会社の社員教育にも最適な一冊。 19世紀、欧米では大西洋航路を最速で横断した船に贈られる「ブルー・リボン」獲得のため、有力船主による壮烈なスピード競争が繰り広げられていました。航海速力を重視する客船は、高価な重油燃料を無制限に焚くため、実に不経済でした。 このような時代に、豪華な内装や客室を兼ね備え、食事やサービスなどを最大限に高め、世界最高級の豪華客船として誕生した「タイタニック」。処女航海で氷山に衝突し、1500人以上の犠牲者を出す大惨事を起……

蒸気機関車の技術史(改訂増補版) 交通ブックス117

元鉄研三田会会長がまとめた蒸気機関車の歴史書 誕生から200年でその使命を終えた蒸気機関車。しかし、第一次機械文明の星として近代社会の発展に貢献した役割は計り知れない。 表舞台から去った今も人々に愛され続けている。力強く、より早く走ることをめざした開発の努力ーそこには人類の英知が結集された。本書は、その技術の側面にスポットをあて生涯をたどった。 改訂増補版では、列車の速度や重量を増加させるのに欠かせないブレーキの技術についての章を追加。有効なブレーキの普及に100年以上の年月を要した。その歴史に埋もれそうな技術を紹介。 【まえがき】より 「汽車」という言葉はすでに死語となってしまった。「汽」は水が蒸発して気体になったものなので,汽車は蒸気機関車の牽く列車をいう。約200年前生を受けた蒸気機関車は1世紀半にわたり華々しい進化を続けてきた。しかし20世紀後半,第2次世界大戦後突如……

空港のはなし(2訂版) 交通ブックス307

空の旅の玄関口“空港”はどのような施設か?安全で快適な空港を作るためにどのような工夫がなされているのか?そんな空港の基礎が体系的にわかる本です。これを読むと空港に行くのが楽しくなります。 ●ひと口に空港といっても種々様々、内外の空港事例を紹介。 ●空港は色んな施設の組み合わせ、その成り立ちをわかりやすく解説。 ●空港の計画・建設から管理・運用にいたるまで、各段階の知識を網羅。 ●わが国の航空と空港の歴史を振り返り、これからの空港を考える。 ●2訂版では、情報のアップデートはもちろん、話題の国産航空機MRJやホンダジェットが登場。日本の空港一覧に加えて、海外の50主要空港一覧も掲載! 【まえがき】より  出張や旅行で空港を利用するとき、少し早めに空港に着かれたらターミナルビルの屋上にある展望デッキに上がって、しばし空港を眺めることをお薦めしたいと思います。羽田空港のような大きな空港では、大……

列車ダイヤと運行管理(2訂版) 交通ブックス116

鉄道会社の輸送のプロの教科書にもなり得るとともに、「鉄道」に興味をお持ちの方々の入門書としても最適です! 部門の連携を図り、鉄道運行を支える列車ダイヤ。ダイヤ作成には、需要予測、列車計画の諸条件や仕組みなどへの理解が必要です。日々の運行のためにダイヤはどのように構築されているのか?ダイヤ作りと運行管理の実際がわかる1冊です。 ◆以下の情報を盛り込んだ2訂版!◆ ・上野東京ライン、北陸新幹線、北海道新幹線開業のダイヤ改正まで対応した2訂版 ・執筆はJR東日本運輸車両部所属の方たち ・列車を自国と位置で表し、安全・正確な輸送を支えるダイヤのすべてを豊富なデータと図版写真で解説 【2訂版によせて】より  平成23(2011)年、我々にとって忘れることのできない東日本大震災が発生した。新幹線をはじめとして、多くの路線が長期間の運休を余儀なくされることとなった。 こうした状況……

鉄道連絡船のその後

【まえがき】より 昭和63年(1988)、北の津軽海峡に「青函トンネル」が、そして南の備讃瀬戸に「瀬戸大橋」が開通し、鉄道連絡の「青函航路」と「宇高航路」が姿を消した。 『鉄道連絡船』は、もともと、いますぐ橋をかけたり、トンネルをほることのできない川や海などで、“動く橋”として両岸の鉄道を連絡する船であるから、橋などができてしまえば消え去るのが運命である。 ただ、前記両航路がこれまでと運命を異にするのは、自らが起こした「事件」が、当時の社会情勢では夢とさえ思われていたトンネルと橋の実現に向けて世論を大きく一変させたことである。事件とは、昭和29年(1954)の「洞爺丸事件」であり、翌30年(1955)の「紫雲丸事件」であった。このことは、連絡船にとって“動く橋失格”を宣告されたに等しく、さらには、これまでの近代日本の発展の一翼を担い、ときには大きな犠牲を強いられながら、営々として築き上げた……

日本の航空機事故90年 交通ブックス304

90年に及ぶ日本の航空史の中、事故はどのように変遷していったのか?技術革新と共に様変りする航空機事故を時系列に沿って解説する。 【まえがき】より 世界で最初に航空会社が誕生したのは1909年で、ドイツに飛行船を使って貨客を輸送する会社が生まれ、10年後の1919年には飛行機を使用する本格的な航空会社が欧米で誕生した。しかし、第1次、第2次世界大戦中は、航空機は民間航空輸送よりも軍事用に開発が進められ、民間航空の本格的な発展は第2次世界大戦の終結を待つことになる。 第2次世界大戦の大勢が連合国側に圧倒的に有利になり、終戦はもはや時間の問題となった頃、米国と英国を中心に世界の各国は戦後の航空秩序のあり方を議論し始めた。これが1944年のシカゴ会議であり、同年末には民間航空に関する多国間条約(「シカゴ条約」とも「国際民間航空協定」とも呼ばれるもの)が署名された。1945年8月の戦争終結とともに……

電気鉄道概論 【改訂増補版】

鉄道に関する法体系から、線路の規格・構造やブレーキ・保安装置等の車両に関する技術まで運転に必要な基礎知識を解説。 【目次】 第1章 鉄道に関する法体系  1・1 鉄道の施設・設備と運転に関する法体系   1・1・1 法律の読み方、考え方   1・1・2 施設・設備と運転に関する法律  1・2 鉄道事業法の改正及び今後の鉄道技術行政   1・2・1 鉄道事業法の改正   1・2・2 今後の鉄道技術行政   1・2・3 認定事業者制度  1・3 鉄道事業者の監督   1・3・1 鉄道事業の安全確保に関する制度   1・3・2 鉄道運転事故等の報告及び事業改善命令   1・3・3 保安監査制度   1・3・4 事故調査等の充実 第2章 線路一般  2・1 施工基面幅・軌道中心間隔   2・1・1 施工基面幅   2・1・2 軌道中心間隔   2・……

ハイジャックとの戦い−安全運航をめざして− 交通ブックス305

次々に登場するハイジャックの脅威を防ぎ、安全運航をめざす各国の対策とは?その実態を世界・日本の1185事件のデータ検証とともに紹介。 第一章 9.11米中枢部同時多発テロ事件の衝撃  アメリカからの第一報  狙われた航空便  9.11事件の後日談  20番目の容疑者など  死者、不明者2982人。NY市の損失額は1050億ドル  米民間航空業界への深刻な影響  独立調査委員会の報告  NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)  Aもミスを連発  大統領、旅客機撃墜を決断! 第二章 ハイジャック事件の諸相  ハイジャックとは何か。各国の被害は  ハイジャック事件の分析  ハイジャックの主流は  自由への逃亡  自由からの逃走。アメリカの場合  政治的ハイジャックとパレスチナ・ゲリラ  犯罪ハイジャックとは  目的不明の事件  その他の事件 第三章 日本のハイジャック  赤軍派と「よど」……
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG