カテゴリー「交通」図書一覧

観光交通ビジネス

観光の基本的要素である交通(陸・海・空)について、ビジネス、サービスの視点で解説、新たな観光のスタイル、観光需要を増やすためのマーケティングや人材育成、まちづくりといった業界の理論と実務、現状と展望も紹介する。観光は21世紀の重要な成長産業として、その重要性はますます高まっている。本書は、一冊で観光とそれに関わる交通の概略を学ぶことができる観光テキストとなっている。 【はじめに】より 「観光交通ビジネス」で学びを深めようとしている皆さんへ 2001年に発足した小泉純一郎政権以来、わが国は一貫して、観光を次の成長戦略の柱のひとつとして重要視してきました。訪日外国人観光客も2016年には2400万人を超え、それに伴って彼らの消費も飛躍的に増加していることから、観光産業の重要性はますます高まっていると断言できます。現在、これを上回る大きな目標を立てています。一方で、インターネットやモバ……

新流通・マーケティング入門

流通とマーケティングの多様化するニーズを捉え、取り組むべき課題を明らかにする。 【序文】 近年、規制緩和や情報化・グローバル化の進展など企業を取り巻く環境条件が大きく変化し、各企業はかつてない厳しい状況に置かれている。 そのような状況のもとで、企業の成長に欠かせない流通・マーケティング、国際貿易などの専門知識を体系的に理解し、対応課題の解決ができる商業人の育成が大切となっている。 そこで、本書は、大学における流通・マーケティング論の基礎的なテキストとして、基礎概念と事例などを考察し、その諸問題の解決に向けた提言を行ってきた。本書は全7 章によって構成されている。 第1章では、流通の諸概念と各流通機構の流通戦略の現状、また早急に取組むべき課題提案を試みた。 第2章では、流通政策の目的と方法、また事例を考察し、今後の日本の流通政策のあり方を明らかにしている。……

自動車リユースとグローバル市場ー中古車・中古部品の国際流通ー

日本国内で使用された中古車・中古部品の国際的なリユースについて、流通面を中心に、その市場の歴史や制度の変遷、環境や産業面での規制、商品調達から輸出入、商品の仕向地の決定要素などを、各国の事例をあげながら、分析解説する。世界中で活躍する日本の中古車の国際市場の動向をまとめた意義ある一冊。 【まえがき】より 日本は自動車輸出大国であり、諸外国に出向くと多くの国で日本製自動車の活躍を目にすることができる。それは日本から新車で輸出されたものかもしれないし、現地工場で生産されたものかもしれない。あるいは他国の工場で製造されたものが輸入されるケースもあるだろう。 ところが明らかにそれらに当てはまらない自動車を目にする国々がある。たとえば「日本に一番近いヨーロッパ」と言われるロシアのウラジオストクでは、製造後幾年も経っていないトヨタの「プリウス」や、古めかしい1990年代製のセダン、「○○運輸……

道路課金と交通マネジメントー維持更新時代の戦略的イノベーションー 日本交通政策研究会研究双書31

交通インフラの維持更新時代を迎え、財源調達や交通環境改善を目的とした道路課金と交通マネジメントが重要となっている。本書はGPSを活用した大型車対距離課金、リアルタイムの交通状況を反映した混雑課金、総重量による料金、ITSを活用した大型車通行許可など、各国の革新的事例を見ながら、今後の道路交通行政のあり方について考察する1冊である。 【はじめに】より  わが国の道路整備は昭和29 年(1954年)「第1次道路整備5箇年計画」を契機に本格化し、2016年まで62年が経過した。全国をカバーする高速道路網である高規格幹線道路は、開通予定も加えて平成30年(2018年)3 月には11,666km になり、14,000km の目標も間もなく達成される見込みである。国道や都道府県道などの一般道路についても整備が進んでおり、わが国は大規模な道路ストックを保有するに至った。まだ開通されていない道路区間……

アジア交通文化論

交通を見れば文化がわかる! 多彩な特徴をもつアジアの交通と文化にスポットを当てる。インド、ミャンマー、タイ、カンボジア、ベトナム、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、香港、台湾、中国、韓国の交通や乗り物から観察される交通文化を抽出し、その特長は何か、なぜそのような文化が形成されたのか、どうして定着したのかなどについて解説する。 【目次】 序章 アジアの交通と文化  1 アジアの宗教と文化   アジアとは   宗教と文化の多様性   消えるアジアの文化  2 アジアの政治と経済   政治と民主主義   汚職と幸福   経済と民主主義と汚職  3 交通とアジア的貧困   乗用車と貧富の差   二輪車の一大文化圏   三輪自転車とアジア的貧困 第1章 インドの動物とヒンドゥー文化  1-1 動物とヒンドゥー教   馬と牛の神聖視   牛とヒンドゥー教   動……

ASEANの流通と貿易ーAEC発足後のGMS産業地図と企業戦略ー

ASEAN経済の現場を知る執筆陣が、アジアの流通と貿易を分析・展望! 2015年AECが発足し、域内関税の撤廃に加えて、東西経済回廊や南部経済回廊が整備され、現在新たな生産拠点として注目を集めているGMS新興国。さらに近年、中国への一極集中による生産リスクを回避し、労働集約型の産業の生産拠点として見直されているCLMVやバングラディッシュ。 本書は、その経済概況、ロジスティクス、輸出入通関、自動車、家電、繊維、食品、小売、経済回廊、工業団地など多岐の分野について、それぞれ第一線で活躍している専門家が一同に会した誌上シンポジウムの形で構成しました。 【はじめに】より ASEAN(東南アジア諸国連合)の中で、本著のテーマであるGMS(Greater Mekong Sub−region)経済圏(新興国)とは、タイ、ラオス、ミャンマー、カンボジア、ベトナムに中国雲南省と広西チワン族自治区を加え……

ココで差がつく! 貿易・輸送・通関実務

貿易実務や通関業務の仕事をしている人、現場で役立つスキルが身につく! 近年の貿易・通関業務はIT化が進み、PCの画面に従って業務を遂行すれば経験の浅い人でもそれなりにこなせるようになっています。しかし、ちょっとしたイレギュラーが発生するとうまく対応できずに想定外のミスが起きたり、取引先や輸送の現場のことを考えずに業務が進められるなどのトラブルは減っておらず、業界の悩みの種になっています。 本書は、これらのトラブルの原因は視野の狭さや基礎知識が身についていないことにあると捉え、「貿易」「輸送」「通関」の基礎知識を一貫して学べるように構成されたものです。本書を通読すれば、自分の業界のみならず取引先の事情もよく理解でき、無駄なミスをなくしてスムーズに業務を遂行できるよう配慮されています。また、ワンランク上の実務スペシャリストを目指すうえで必要となる知識をコラムで紹介しています。本書のタイトル通り……

現代交通問題 考

「交通」の研究者や学生はもちろん、公共交通・地方交通、流通に関わる企業人、そして行政や政策に携わる方たちに。種々の交通問題を解決に導くため20人の研究者が、専門知識の一端を提供するものである。 【まえがき】より 交通は、私たちの社会を支えるもっとも基本的で不可欠な基盤のひとつを形成している。人や物の移動という交通現象がすべての国や地域で観察されるわけであるが、その中身・内容は当然のことながら国や地域によって異なっている。 わが国では、人の移動の面で、交通手段や情報技術などのイノベーションによってハイレベルなモビリティ(移動)社会が実現されており、総体的にみて、交通が円滑に不自由なく行われている。多くの人々が適切な負担のもとで公平に、質の高い安全なモビリティを享受することができるようになっている。物の移動である物流の面においても、ソフト(制度・仕組み)、ハード(道路、港湾などのインフラ施設……

ネット通販時代の宅配便 日本交通政策研究会研究双書29

インターネットによる通信販売、すなわちネット通販の普及により、消費者の買い物は大きく変化した。実店舗に行かずとも、ネット空間のなかから、都合の良い方法で、あらゆる商品を購入することができる。購入された商品は、高度に発展した宅配便によって全国に確実に届けられ、主要都市向けであれば翌日配達も当然のこととなっている。さらに、激しい競争のなかで、当日配送などのサービス高度化も加速し、宅配便事業者・通販事業者にも新たな対応が求められている。本書は、こうした背景をベースにネット通販時代の宅配便の現状、課題などを、日本だけでなく、アメリカや中国など海外の事例を踏まえながら分析・解説する。ねっと通販とのリンクで、不況下でも成長を続ける宅配便市場について考察する意義ある一冊。 【まえがき】より インターネットによる通信販売、すなわちネット通販によって生活や流通が大きく変化している現代は、「ネット通販……

交通インフラ・ファイナンス 日本交通政策研究会研究双書27

1980年代以降、わが国では国鉄と日本道路公団が民営化された。近年は交通インフラのなかでも、国管理空港の運営の民間委託が進められようとしており、所有形態に関していっそうの議論が求められている。さらに、交通インフラが建設から運営の時代へと変わりつつある。交通インフラの今後の展開を考えるうえで、格付けの手法や考え方を学ぶことも重要である。本書は、交通インフラの所有形態、課金のあり方および資金調達に関する研究をひとつにまとめている。わが国の交通インフラの未来を見据えた1冊。 【まえがき】より  第二次大戦後、わが国の道路事情はワトキンス調査団の指摘にもあるように劣悪であった。その後、道路は揮発油税や自動車重量税もはじめ、自動車ユーザーの負担が財源となった。有料道路は言うまでもなく通恋雨量がはいっている。また、国内の資本不足を補うように、名神高速道路や東名高速道路は世界銀行からの借款で建設さ……
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG