カテゴリー「海事」図書一覧

船舶の転覆と復原性

本書は、「船の復原性」についてはこれまでの普遍的な内容をできるだけ「船の転覆」と結び付けて、「船の安定性・安全性」を確保する観点からまとめており、「船の転覆」については「船の復原性」に関する説明文の行間から読み取るのではなく、できるだけ直接的に言及・記述しています。 【はしがき】 「船の転覆」を防ぎ、人と船の安全性を確保することは、造船学上の最も重要な問題の一つである。 船は水上に浮かぶ構造物のひとつであるから、構造物としての横安定性だけを考えれば、造船学上はすでに一定の成果をもたらしていると言っても過言ではない。 にも拘らず、「船の転覆」事故が跡を絶たないのは、船が大小様々な形状をしており、しかも人により操縦され風波浪中の大海原を主な活動域とする構造物であるからである。従って、「船の転覆」の要因は浮体としての構造物そのものの持つ特質から取り上げられるものと、それを操船する人の……

水波問題の解法 ー2次元線形理論と数値計算ー

重力の作用によって、水面に生ずる重力波―水波。 この水波の中に、静止したり、揺れ動いたり、進行したりする物体があるときに、その物体の周りに波がどのように生じ、変形するのか。物体には、どのような力が働き、どのように揺れるのか。 コンピューターの発展により、純数値計算が容易になった現在、あらためて古典的な計算方法を用いた解法を学び、その意義を問い直す。 計算プログラム・サンプル動画 付 【計算プログラム・サンプル動画】は以下からダウンロードしてください。 【計算プログラム】 ■低常造波問題 SemiSubCircle_q-method.f SemiSubCircle_Phi-method.f HydroFoil_q-method.f WVSingulars.Subs.f ■周期的波浪中問題(一様流なし) SemiSub-LewisForm_Phi-metho……

LNG・LH2のタンクシステムー物理モデルとCFDによる熱流動解析ー

長年の研究成果を基に、4つのタンク様式ごとに支配力方程式を作成。 実務者に必要な固有の解を得るために、多くの条件設定をして数値解を算出。 超低温液化ガスの熱的な挙動や電熱現象を解説した稀有な一冊である。 【まえがき】より 最近のクリーンエネルギーとしての世界的なLNG海上輸送の増加や各種のタンク方式の開発と実用化を眺めると、著者が最初にLNG関連の研究、設計を始めた1970年当時から考えると隔世の感がある。また次世代エネルギーとして注目を浴びるようになった水素エネルギーの現状、さらに家庭向けの燃料電池の普及や一般消費者向けの燃料電池車の出現、水素発電推進の日本政府方針を見るに、同じくその可能性についての検討を命じられた1987年の当時から見るとようやくその時代が到来したかと感慨を覚える。我が国のようにエネルギー資源を海外に頼らざるを得ない状況において、さらに原子力発電に制約を課せられた国……

船舶で躍進する新高張力鋼―TMCP鋼の実用展開―

日本の造船界、学会、船級協会ほかが技術を結集して開発してきたTMCP鋼と呼ばれる高性能の鋼材について、 安全性確保の検討・評価を船級規則からの視点でまとめた一冊!船会社、造船所、製鉄所、船級協会の若手技 術者や船舶の設計、施工、材料の開発実務者の方にオススメです。 【まえがき】より  日本の造船業は、高度成長期の1960年代中頃には新造船の建造量で全ヨーロッパを抜き、世界の建造量の約50%を占めるまでに成長した。その後2度の造船不況に見舞われたが、1990年以降のグローバルな経済発展に伴う船舶需要拡大により日本の建造量は右肩上がりで増加し、トップシェアを韓国に明け渡すまで世界第1位を維持してきた。  2000年代に入って日本の造船各社は、長期化する円高や台頭する韓国・中国との過酷な競争に対応するため、事業規模とグローバルな競争力を確保すべく徹底的な固定費削減、さらには分社化・事業統合の時……

SFアニメで学ぶ船と海−深海から宇宙まで−

航空宇宙工学やロボット工学関係者は、SF作品やアニメ、コミックに影響を受けてその専門の道に進んだ人が多い。本書は、そのような人材を船舶海洋工学の分野でも増やしたいという著者の願いを実現したものです。船や海に関するSF作品やアニメを取り上げて、実際の物理学的な現象と対比しながら船舶海洋工学(流体力学)の話を進めています。あくまで工学的な内容を中心としていて、SF作品は導入として用いているだけで、科学的な検証をしているものではありません。 【はしがき】より 本書では、主に船や海が登場するSF作品(コミック、アニメ、小説、映画)あるいは関連する啓蒙書をとおして、船や海のはなしを大まじめに、ただし肩のこらないようにはなしをさせていただき、空間として深海から宇宙まで、船として深海探査船から宇宙船までを紹介します。SF作品の中でもコミックやアニメ作品については、今でも荒唐無稽あるいは教育への弊害、……

商船設計の基礎知識【改訂版】

基本用語から法規にいたる概要、基本計画、船殻・船体艤装設計について、設計の実務者がわかりやすくまとめた入門書。 【まえがき】より  本書は昭和59年9月に初版を出版し、また平成7年に改訂した「商船設計の概要」の全面改訂版である。改訂に当たっては、新しい技術の進歩や関連する規則を取り入れて見直しを行ったほか、一層分かりやすい記述や各編の整合性にも充分な配慮を心掛けた。また書名もこの機会に「商船設計の基礎知識」に改めることにした。  本書の意図するところは、これから商船の設計を勉強しようと思っておられる学生や技術者に、実際に役立つ基礎知識を出来るだけ分かりやすく説明することにある。また設計のベテランの方々にも知識の整理に充分役に立つと考える。更に船舶に関係しておられる技術者以外の方々でも、商船に対する理解を深めて頂くのに参考になると思われる。このような著者等の意図が受け入れられて、今……

造船技術と生産システム

幅広い造船技術を生産システムの面からとらえ、建造技術の発達の歴史や、現在の最新技術を紹介した本。 造船業界は長引いた不況の影響で、団塊の世代である造船のベテラン技術者・技能者が退職した後の後継者が育っておらず、技術や技能の継承に断絶が見られています。 著者は大阪大学接合科学研究所特任教授。企業で技術開発やシステム開発に携わった経験と、その後の大学での研究成果を合わせ、その蓄積を次世代に残そうと本書をまとめました。 造船システムの歴史と概要、生産計画・管理、3次元CADを中心とした生産設計、切断・曲げ・溶接・艤装・塗装など各工事の基礎と現在の最新技術を10章にわたり紹介しています。造船の生産技術全般にわたって記述した書籍は今までになく、貴重な資料です。 今や日本の造船技術は韓国に追いつかれ、次いで中国がひたひたと押し寄せています。このような状況を打開し、造船ニッポンを蘇らすためにはIT時代に……

船舶の軸系とプロペラ

推進軸系とプロペラの保守・管理の実際を豊富な図面をもとに実務者、海技試験受験者向に解説。新しい推進技術も紹介する。 【まえがき】より  長年、練習船の機関士として、また、海難審判庁の審判官、理事官としての職務についてまいりました。この間に多くの先輩から貴重な指導を受け、また、実務にあたり、必要に応じていろいろな資料、参考書を集めてきました。今回、退職したのに伴い、これらの資料をこのまま散逸するのも惜しいとの思いから系統的に整理し、軸系装置についてまとめてみました。  モーターボートから大型船までの装置を対象にし、現在では実用に伴されていない装置から、いまだ試験、実証段階のものまで取り上げています。開発、発展の早い船舶関係各部門の中でも、軸系関連部門は省力化、効率化の面から特にそのテンポが早いのではないかと思います。  軸系については大型船、小型船でさほどの差はなく、船舶機関士と……

金属材料の腐食と防食の基礎

金属の腐食解明と防食対策に取り組む際に必要な概念や用語等の基礎知識を数式もまじえて、丁寧にわかりやすく解説した入門書。 【序文】より  本書は「腐食はどうもわからん!」と思っている方のために書かれた本である。特に、材料学や化学が得意でない技術者のために書かれたものである。  著者自身、企業の技術者として腐食防食の問題に直面し、困って独学した経験がある。アノードとカソード、陽極と陰極、正極と負極、電位と電極電位・・・等の専門用語に悩まされ、『電位の低い電極から高い電極へ腐食電流は流れる』と言った記述に「逆ではないのか?」と混乱した経験がある。会社の研究所に相談したり学協会の講習会に参加したりして勉強したが、学際分野である腐食・防食学は、現象的には記述されていたにもかかわらず、まだ体系だって整理はされていなかった。最近は専門的な参考書が出版され、随分改善されてきてはいる。しかし改めて仔細に読……

基本造船学 【船体編】

鋼船についての基礎に始まり、船体の構成、鋼船の材料、鋼材の接合、船体の一般構造、特殊船体構造まで、図表を豊富に使って解説。 【序】より  船に関係のある仕事に就いて30余年、その間、本職(逓信省管船局→運輸省船舶局)のほかに、縁があって東京高等商船学校で10年間、工学院で2年間、東京明治工業専門学校で5年間、丁度戦前から戦後へかけて、10数年間、造船学特に鋼船の構造について講義をしたことがある。  当時、それらの講義には、教科書を使用せず、自分で作った講義の原稿に基づいていた。いざ教えるとなると、いろいろと疑問が起こって更に調べたりして、その講義の原稿も次第にまとまっていった。それでも、教科書があったら、もっと能率よく講義ができたであろうと、幾度か考えながら、月日は進んだ。  それから本職の方でも、船体構造関係の法規の運用から、その制定改廃などは重要な仕事であったので、鋼船の構……
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG