魅惑の貝がらアート セーラーズバレンタイン


978-4-425-95581-7
著者名:飯室はつえ 著
ISBN:978-4-425-95581-7
発行年月日:2016/11/18
サイズ/頁数:B5判 82頁
在庫状況:在庫有り
価格¥2,420円(税込)
数量

Amazonでの購入はこちらから

貝殻を組み合わせてつくるアート作品

セーラーズバレンタインとは、アメリカ東海岸で最も古い歴史を持つアメリカ独自の貝がらで作る伝統美術工芸。ヨーロッパやアメリカ大陸を目指し、長い間、家に帰ることができなかったSailors(船乗りたち)が、遠く離れて暮らす恋人や家族を想い、航海の無事と再会への祈りを込めて作った愛のメッセージアートです。長い航海の間、羅針盤がそのルーツと言われる独特の八角形の額の中に、愛する人を想いながらさまざまな種類の天然の貝を一枚一枚丁寧にアレンジして作り上げるValentine(贈り物)なのです。
本書は、日本で活躍するセーラーズバレンタインアーティストの飯室はつえ氏による作品を紹介するとともに、「セーラーズバレンタイン」の魅力を余すことなく伝える日本で初めての書籍。世界中の珍しい貝がらを緻密に配置構成し、美しくデザインされる“魅惑の貝がらアート”を存分に堪能できる内容です。

中身を見てみる

【はじめに】より 誰にでも、ある日突然に訪れる、後になって思えばその後の人生を変えてしまうような特別な「出会いの瞬間」があります。映画や小説、音楽や絵画、さまざまな、もちろん大切な人との出会いだったりもします。その時、私に訪れたのは、言うまでもなくセーラーズバレンタインとの出会いでした。
家族と過ごしたボストン生活も1 年目の頃、何気にふと訪れたとあるギャラリーショップ、店先の壁に見かけた、かつて見たこともない、単純に美しいという言葉だけは伝えきれない、何とも魅惑的なオーラを放つ八角形の額縁。気が付けばそのガラスの向こう側に吸い込まれるように立ちすくみ見入っている私に気づき、怪訝な表情の店員に向かい私は思わず問いかけました。
What is this? ( これなに? )これが私がその後の人生の意味さえ見つけた瞬間でした。
その場で彼から知りえたことはとてもわずかで、アメリカ伝統のアートであり八角形が定番であると言うことくらい、そして、内側に広がる繊細な世界、なんとそのすべてが天然の貝がらで作られていると言うことでした。
What is this? ( これなに? )…からもっと知りたいという気持ちが生まれ、調べ廻り、学びたい、作りたいという思いが育ちいつしか虜になり、その後のアメリカ生活はセーラーズバレンタイン一色の日々となりました。
帰国後もそれは変わることなく、時を経ずして八ヶ岳の南麓の静かな林の中にアトリエを構え、制作を開始しました。独学で学び技術を磨こうとする私を、いつしか日米の多くの人との出会いと援助が支えてくれるようになりました。
アメリカで最も歴史の長い伝統芸術でありながら、あまりにも日本国内では知られていない。その現実に対し、自らが伝道師のように「正しくセーラーズバレンタインを伝えたい」という気持ち。
そして、日本人の私だからこそ作れる日本文化を融合させた新しいスタイルのセーラーズバレンタインをアメリカの人々に「日本人のセーラーズバレンタインを伝えたい」という気持ち。
その2つの使命感がいつしか、ささやかでも「貝がらが繋ぐ日米文化の懸け橋」になれたならという夢さえもみさせてくれるようになりました。
ここ数年開かれるようになった展覧会や、ギャラリーショップでは時折、私や生徒さんたちの作品の前で立ちすくむように見入る人を見かけます。その人にとっての「出会いの瞬間」であることを願いながら、その人の、What is this?(これなに?)…にちゃんと答えたい。
この本はセーラーズバレンタインの日本国内で初めて出版される本です。この本がちゃんと答えになり、一人でも多くの人の出会いを「魅惑の貝がらアート」へ導いてくれることを心から願ってやみません。

2016年10月
日本セーラーズバレンタイン協会代表
飯室はつえ

【目次】 【Roots】セーラーズバレンタインとは 
【Gallery】シングルセーラーズバレンタイン
  Floral Breeze
  Oriental Breeze
  Japan Rise Again
  Japanese Blossom
  Mandara
【Gallery】ダブルセーラーズバレンタイン
 貝合わせ
 きみこいし
【Gallery】トラディショナルセーラーズバレンタイン
  With all my love【A】
  With all my love【B】
  I love Sailors’ Valentine
【Gallery】ミラージュバレンタイン 
  Mirage「Endress World」
  Mirage Scope「華」
  Mirage Scope「雅」
  Mirage Scope
 「Shells in wonderland」
  Mirage window
  Lighting Mirage「Galaxy」
  Lighting Mirage
 「Brilliant Valentine」
  Basic Mirage「Flower」
  Basic Mirage「Star」
【Gallery】バリエーション
  Shell Forest
 セーラーズバレンタインテーブル
  Magnificent Relation World
【Scene】暮らしを彩るセーラーズバレンタイン
  和の空間に/洋の空間に/レストラン/ウェディング/ギフト
【Tool】材料と道具
【Catalog】貝がらカタログ
【Production process】制作工程
【Former teacher】誇り高きプロフェッショナルを目指して
  ビル・ジョーダン/ポール・カロモン
【Shell show】
 歴史と文化を伝承する「シェルショー」
 毎年盛大に催される貝好きの祭典「シェルショー」/
  The Bailey-Matthews National Shell Museum
  (ベイリー・マシューズ ナショナルシェルミュージアム)
【Try】気軽に楽しめるキット
【Atelier & Studio】セーラーズバレンタイン教室
【History】貝がらに魅せられて
【Q&A】
 セーラーズバレンタインを
 もっと知りたいあなたへ
【Gallery & Museum】
 美しき貝がらたちと出合える空間
  マテリアルアート&クラフト ギャラリー樹環/
  Artist Selection Gallery Flashpoint /
  アトリエサロン シェルフォレスト目黒/
  アトリエサロン シェルフォレスト八ヶ岳/鳥羽水族館/
  真鶴町立遠藤貝類博物館
【Policy】
 伝統を繋いでいくために

【飯室はつえ プロフィール】 海の無い山梨県甲府市生まれ。2人の二十代の娘の母。特技は料理、家事、テニス。
夫の海外赴任を機に家族4人で渡米。
セーラーズバレンタインとの運命的な出会いにより突然アートの世界へ。
4年間のボストン暮らしは貝がらづけ。
帰国後はさらに海の無い八ヶ岳南麓の森の中にアトリエを開き制作開始、その名もShellForest( 貝の森)。
こども相手のシェルアート教室をきっかけに、日本でのセーラーズバレンタイン普及を天命と感じ、「日本セーラーズバレンタイン協会」を設立。
教室を開催し、講師育成に尽力するのと同時に、アメリカのシェルショー出展を目指し本格的に制作を開始。
また、同時に異ジャンルの作家との交流を通して独学で学びながらさまざまな素材の美術工芸に触れる中、日本の伝統美術や工芸素材をセーラーズバレンタインと結びつけることに思いが至る。
2012年、初チャレンジのフロリダのシェルショーに出展し、いきなり日本人初のブルーリボン賞受賞。
その後は毎年フロリダ、フィラデルフィア、ニュージャージー、ケープコッド等で毎回実験的作品の出展を重ね、徐々に評価を高める。
そのすべてでブルーリボン賞やレッドリボン賞、さらには大会最優秀賞等を受賞。
現在、東京目黒と八ヶ岳のアトリエで制作と指導にあたる多忙な日々を送る。
その作風は「オリエンタルセーラーズバレンタイン」と称され、2016年度フロリダ大会、ケープコッド大会にて連続「大会最優秀賞」を獲得。
夢は「日本シェルショー」の開催と、「貝がらがつなぐ日米文化の懸け橋」になること。貝に魅了された日本女性の情熱は遥か海を越えて弾け続ける。
カテゴリー:趣味・実用 
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG