現代物流概論 【2訂版】


978-4-425-92423-3
著者名:國領英雄 編著
ISBN:978-4-425-92423-3
発行年月日:2003/4/18
サイズ/頁数:A5判 256頁
在庫状況:品切れ
価格¥3,080円(税込)
品切れ
サプライチェーン、サードパーティ・ロジスティクスなど最新の動向をとらえ、企業物流を中心に現代の物流を広く解説。学生・実務者向。

目次 第1章 物流とはなにか 1-1 物流とは
 (1)モノの流れ
 (2)物流の意義
 (3)物流の経済的性格
1-2 物流の役割
 (1)経済活動と物流
 (2)経済生活と物流
 (3)商流と物流
1-3 物流は誰のものか−物流の視点−
 (1)物流過程と物流主体
 (2)誰が物流を担っているか

第2章 物流の生成と発展 2-1 流通活動の発生と物流の諸活動
 (1)流通経済活動の発生
 (2)流通活動と物流の諸活動
2-2 物流概念の誕生
 (1)物流の定義
 (2)「物流」の誕生
 (3)わが国における「物流」の輸入と定着
2-3 わが国における物流の発展とその特徴
 (1)高度成長期における物流のとらえ方と特徴
 (2)石油ショックと物流への関心
 (3)経済の低成長と新たな物流サービス
 (4)円高局面と物流の国際化
 (5)消費の高度化と物流
 (6)経済環境の変化と物流

第3章 物流を構成する諸活動 3-1 物流の構成要素
 (1)輸送活動
   輸送とは
   輸送と輸送機関
   輸送と配送
 (2)保管活動
   保管とは
   貯蔵型施設から流通型施設へ
 (3)包装活動
   包装とは
   包装の機能
 (4)荷役活動
   荷役とは
   荷役の合理化
 (5)流通加工
   流通加工とは
   流通加工における諸作業とその機能
 (6)流通情報
   流通における情報
   情報処理活動による統合化
3-2 物流活動相互の関係
 (1)はじめに
 (2)輸送と保管
 (3)輸送と包装
 (4)輸送と荷役
 (5)包装と荷役
3-3 流通加工の展開とその波及効果
 (1)流通加工の目的と展開
 (2)流通加工の波及と物流効率化の問題
3-4 物流活動と情報処理
 (1)情報処理と物流管理活動
 (2)物流情報処理システムと経営

第4章 企業における物流 4-1 企業物流の意義
 (1)企業物流の概念
 (2)企業における物流の役割
   企業活動における生・販・物
   物流における川上と川下
 (3)企業のロジスティクス
 (4)企業のサプライチェーン・ロジスティクス
4-2 企業と顧客サービス
 (1)顧客満足と顧客サービス
 (2)企業経営マーケティング
4-3 単一企業の物流から連鎖企業の物流へ
 (1)物流からロジスティクスへ
 (2)ロジスティクスからサプライチェーンへ
4-4 企業の物流管理組織とその展開
 (1)企業組織と全社的な物流管理
  企業の組織
  企業のおける物流管理組織
 (2)物流子会社による物流管理
 (3)物流アウトソーシングと3PL

第5章 物流管理の意義と方法 5-1 物流管理の意義
5-2 在庫管理と物流
 (1)在庫管理とは
 (2)在庫管理とABC分析
 (3)在庫の回転率
 (4)適正在庫と情報システムの活用
5-3 物流管理と物流効率
 (1)サービスとコストのトレードオフ
 (2)物流管理の指標
5-4 物流コスト管理
 (1)物流コストの概要
 (2)物流コストの現状
   物流コストの実態
   流通は第3の利潤源
   物流氷山説
5-5 物流コストの算定
 (1)物流会計の定義
 (2)物流コストの「算定統一基準」と「算定活用マニュアル」
   物流コストの算定統一基準
   物流コスト算定活用マニュアル
   物流コスト計算の課題
 (3)物流ABCによるコスト算定
   物流ABCの概要
   物流ABCの手順
   伝統的コスト計算とABCとの違い
   物流ABM

第6章 物流の技術革新と物流システム 6-1 物流における技術革新とその問題点
 (1)輸送機関の大型化・高速化および効率化
  トラック
   鉄道
   船舶
   航空機
 (2)保管の機械化・自動化と集約化
 (3)荷役の機械化・自動化
 (4)包装の技術革新
 (5)情報の技術革新
6-2 物流システムの意義
 (1)物流の各機能の技術革新とトレードオフ
 (2)システムの定義とシステム思考
 (3)物流システムの目的と構築
6-3 物流ネットワーク
 (1)ネットワークの概念
 (2)物流のノード
  港湾
  空港
  トラックターミナル
 (3)物流ネットワークと物流システム
   リンクの問題
   ノードの問題
   ネットワークの問題
6-4 物流システムと社会システム

第7章 物流サービス 7-1 物流サービスの概念と特徴
 (1)物流サービスの特徴
   無形財としての物流サービス
   即時財としての物流サービス
   物流サービスの生産要素
 (2)物流サービスの需要(消費)
   本源的需要と派生的需要
   その他の物流サービス需要の特徴
7-2 物流における需給関係と物流市場
 (1)物流サービス市場の構成
 (2)物流における市場構造
 (3)自家物流の特徴

第8章 現代物流の担い手たち 8-1 国内物流と物流産業
 (1)企業物流と物流産業の関係
 (2)物流産業の従属性
 (3)物流産業が担う国内物流
8-2 物流産業における規制緩和
( 1)物流2法(1990年12月施行)
   アメリカの1980年トラック業法(MCA)
   トラック業の規制緩和と総資本の利益
   産業構造の変化、技術革新と複合一貫輸送
 (2)貨物自動車運送事業法−トラック業法
   参入規制の大幅な緩和
   事業区分の一本化
   認可制運賃から事前届出制運賃へ
   過労運転、過積載の禁止
   運航管理者の選任
 (3)貨物運送取扱事業法−利用運送業法
   明治からドアツードア輸送?
   貨物運送取扱事業法の概要と規制緩和
 (4)物流2法の影響
   トラック業
   フォワーダー業
   労働条件の悪化
 (5)その後の規制緩和
8-3 物流産業の現状とその特徴
 (1)トラック業界
   国内物流を担うトラック業
   中小零細性
   長時間労働・低賃金労働
   中核をなすコモンキャリア
   傭車市場
   自己生産・自己消費
   宅配便
 (2)内航海運業界
   国内物流第2の担い手
   インダストリアル・キャリジ
   オーナー・オペレーター構造
   中小零細性
   内航船員の高年齢化
 (3)鉄道貨物輸送
   コンテナ貨物の特徴
   車扱い貨物の特徴
 (4)航空貨物輸送
 (5)倉庫業界

第9章 国際物流の展開 9-1 舞台の国際化−貿易と物流−
 (1)国際貿易の流れ
 (2)国際物流の障壁
9-2 グローバル化と国際物流
 (1)企業の国際展開
 (2)企業の海外展開とともに変わる国際物流
 (3)物流事業者の対応
   荷主企業との合従連衝
   海外拠点構築
   国際複合一貫輸送への取り組み
   第3の物流主体
9-3 国際物流の担い手
 (1)海上輸送
   不定期船輸送
   定期船輸送
 (2)航空輸送
   航空貨物輸送の成長
   航空物流とエア・フレイト・フォワーダ−
   その他の航空サービス
 (3)国際複合一貫輸送
 (4)国際物流拠点としての港湾と空港
   港湾
   空港

第10章 サプライチェーン・マネジメント時代の物流 10-1 サプライチェーンとその管理(mannagement)
 (1)SCM(Supply Chain Management)とは
   サプライチェーン
   管理対象としてのサプライチェーン
 (2)SCMの時代的背景とその特徴
   SCMとその時代
   パートナーシップの特徴
   スピード経営とその方法
10-2 サプライチェーン・マネジメントの基礎
 (1)TOC(制約条件の理論)の概要
 (2)TOCとその改善技法
   ボーイスカウトの行進とDBR
   TOCとその改善技法
 (3)TOCとスループット会計
   スループット会計の概要
   ケース・スタディA:需要減退(売上減少)と意志決定
   ケース・スタディB:プロダクト・ミックス
   改善技法としてのスルートップ会計
10-3 サプライチェーン・マネジメント時代の物流
 (1)一括物流の事例
 (2)一括物流とサプライチェーン・マネジメント
   制約条件の発見
   一括物流センターと日本の商慣行
   チェーンリーダーの移動
   サプライチェーンの短縮
 (3)サードパーティ・ロジスティクス(3PL)
   3PL誕生の背景と成長要因
   3PLの特徴
   3PL化が進捗しない要因

第11章 社会との共生 11-1 物流分野の社会的課題
 (1)エネルギー問題
 (2)環境問題
 (3)交通渋滞−都市内物流の課題−
11-2 物流分野の政策的課題
 (1)総合物流施策大綱の策定
 (2)横断的課題−特に社会資本整備について−
 (3)物流拠点の整備
11-3 荷主企業と物流産業の課題
 (1)荷主企業の物流拠点政策
 (2)荷主企業とモーダルシフト
 (3)物流システムの高度化
 (4)荷主企業と物流企業とのあるべき関係
11-4 社会との共生
 (1)社会システムへの適合
 (2)地域、社会への適合
 (3)ソーシャル・ロジスティクス
カテゴリー:物流 
本を出版したい方へ

成山堂書店のBLOG