コーヒーツイートを発信し続けた結果

こんにちは、営業グループの大杉です。

今日はハナキンです!といってどれくらい通じる人がいるかなぁ。仕事が終わったら今日はちょっとお酒を楽しもうかと思っています。といっても自宅でですけどね。今日やるべき仕事が終わるように頑張るのみです!

さて、本題にいってみましょうかね。

3年前から始まったSNS(Twitter)を使った当社の情報発信。見てもらったり興味を持ってもらうために毎日発信することが大事なので、何をツイートしようかなぁと迷った挙句に始まったコーヒーツイート。最初は「いいね」も一桁台でしたが、今では三桁まで行くようになり、なんてことないツイートをいつも見ていただいて本当にありがたいなぁと思っています。朝のコーヒーツイートから始まり日中は当社の本の情報、休みの日は趣味の発信などを行ってきました。

このような発信を続けて3年、特にコーヒーツイートについてはすっかり「コーヒーの人」としてイメージが定着し、実際にフォロワーさんにお会いした時は「あ!!コーヒーの人!本物だ!」と言われるまでに(笑)こういったイメージが定着したおかげで、当社の本にも興味を持ってもらうこともでき、実際に当社の本の購入に繋がったり、紹介した他社本の売り上げにもわずかながら貢献したり(笑)

先日、こんな嬉しいことがありました。

取引先の営業マンが来社し、帰り間際に「これどうぞ!」とコーヒーのドリップパックをいただきました。私のコーヒーツイートを毎日見てくれていたのです。突然のできごとにビックリしたのと嬉しさでテンションがあがりました。コーヒーツイートを続けた結果ですね。

自分のお店、会社を知ってもらうためにSNSを使っている方多いと思います。なかなか思うような反応が出ていない方もいるかもしれません。

私の場合は、まずは自分に興味をもってもらうためにコーヒーツイートを始めてそこから当社のことや本のことにも興味をもってもらえるようになったので、そのような発信をしてみると良いかもしれません。そして何より大事なのが、毎日欠かさず発信すること。本当にこれは重要です!反応が出ないと面白くないと思うかもしれませんが、継続は力なりでやり続けて見てください。きっと何かしらの反応があるはずです。

と、ちょっとえらそうな感じで書いてしまいましたが、今日の記事がSNSを販促ツールとして使っている方の参考になればと思い書いてみました〜。