LNG船運航の実務がわかる本

こんにちは、営業グループの大杉です。

最近、朝早くに目が覚めることが多くなり、コーヒーを飲んで出かける時間までゆっくりしています。ちょっと前までは4時頃とか空が明るくなり始めていましたが、最近はまだ暗いです。こういうのを見ると季節を感じますねぇ。

ということで、本題にいってみましょうかね。

今日は当社の海事図書LNG船運航のABC(2訂版)をご紹介。

先月できたばかりの新刊です。この本は、LNG船の入出港、荷役、航海、エンジニアリングを通してそのしくみと実際の業務を紹介した本です。LNG燃料船に関して現状や今後の動向になどについて前版よりも広く解説しています。

主に運航実務者や海運会社で働いていてより業務内容を理解するために役立つ本ですが、船が好きな方でも十分に読める内容です。

ちなみに時々ニュースで目にする座礁や衝突といった海難事故がありますが、LNG船運航の歴史において、他の船舶よりも極めて少なく、大規模なガス爆発やガス漏れといった環境破壊に直結する事故は一度も発生していません。

それが一体なぜなのかは、この本を読めばわかりますよ。気になる方はぜひ本書を読んでみてください。ということで、ちょっと簡単に紹介してみました~。