蒸溜所がわからないウイスキー

こんにちは!営業グループの大杉です。

7月に入り、今年も後半戦に突入しました。4月に例の騒動で在宅勤務が始まり振り返ってみるとあっという間だったなぁと感じています。さてと、1日1日を大事にしながら過ごしていきたいと思います。

ということで本題へいきましょうか。

僕はお酒が好きで、けっこうなんでも飲みます。赤ワインがちょっと苦手ですが(悪酔いするので)。中でも好きなのがウイスキー。安くて美味しいのがないか日夜探し求めています(日夜は言い過ぎでした、スミマセン)。

好きな銘柄は色々ありますが、最近は「ピーツビースト」という銘柄が気に入っています。これは以前、BARで飲んだウイスキーで美味しくてボトルも入れちゃいました。買うと4000円くらいなのでけっこうリーズナブルだと思います。

パッケージはこんなのです

けっこうピート臭の強いクセのあるお酒ですが、これがまたいいんです。ラフロイグがお好きな人ならこの銘柄も好きかもしれません。ボトルはこんな感じです。

焼け焦げたようなラベルが印象的です。このお酒面白いのはスコッチウイスキーというところまではわかっているのですが、どこの蒸溜所のウイスキーなのか「不明」なんです。どうやらBARのマスター曰く「ほんちゃんのウイスキーを出す間、このウイスキーで資金を稼いでいるのではないな?もしかしたら、将来なくなる銘柄になるかも」とのことです。こないだ、自宅でも楽しみたいので買っちゃいました。

ウイスキーが好きな方、ぜひこの銘柄おためしあれ。ソーダ割りにするとピートの香りがふわっとして美味しいですよ(あくまでも個人の感想)。

ということで、お酒好きな方の参考になればと思い、ウイスキーのことを書いてみました♪