航空ファンの聖地、伊丹空港

こんにちは、営業グループの大杉です。

梅雨空が続いていますね。早いものでもう6月も終わりで明後日から7月ですよ!1年の半分が過ぎちゃいました〜。早いなぁ、早すぎる。こんな感じで2020年が過ぎていくのかな。

さてさて、本題にいきましょうか!

今日は伊丹空港について書こうと思います。

兵庫県伊丹市は私の出身地で、物心ついた時から飛行機が大好き。実家からは、離陸した飛行機が左旋回して上昇していくのが見えます。実家に帰ってこの風景を見ると「あぁ、伊丹だな」って感じております。

伊丹空港は陸地にある空港。空港周辺では、近くで飛行機を見られることから航空ファンの聖地にもなっています。伊丹空港は関西国際空港開業後、国内線用の空港となり、一時期、さびれた状況が続いていましたが、気がつくとターミナルビルはリニューアルされて綺麗になっていたり、空港周辺は公園が整備されたり、観光スポットとして再注目されています。

滑走路沿いには伊丹スカイパークという公園があり、そこから離着陸する飛行機、離陸に向けて誘導路を走る飛行機を見ることができます。

公園から見るANA B767-300

ちょっとした望遠レンズがあれば撮影も楽しめます。

休日ともなると、航空ファンが望遠レンズを構えて飛行機をパシャパシャ撮っています。小さい子供連れの親子もたくさん来ていて、近くにはキッチンカーがあったり、コンビニもあるので、ちょっと食べ物や飲み物を買って過ごすことができます。これからの季節は暑くなるので、熱中症にならないよう注意が必要です。

伊丹スカイパークは駐車場もあるので、車やバイクで行くこともできますし、伊丹市営バスに乗って行くこともできます。伊丹市営バスで行く場合は、阪急伊丹駅から22・23系統の岩屋循環か25系統の大阪(伊丹)国際空港行きに乗り、伊丹スカイパーク上須古で下車するとすぐに行けます。

ということで、飛行機好きな方やどこに遊びに行こうかなぁって思っている方の参考になればと思い書いてみました。今日のブログはここまで!