愛車に冷却ファン付きLEDフォグランプを付けた結果・・・。

こんにちは、営業グループの大杉です。
最近、毎日更新するはずのブログが滞り気味です(汗)

6月に入り、一気に暑くなって来ましたね。そして、いやーな梅雨にも突入。この暑さと湿度、うまく過ごしていきたいものです。

では本題にいってみましょうかね。

2年ほど前、愛車N-WGNに冷却ファン付きのLEDフォグランプを装着しました。で、先日、訳あってハロゲンバルブをつけようと思い、フロントタイヤのインナーフェンダーを見たら、え?割れている!


実は、N-WGNをはじめ軽自動車の場合、冷却ファン付きのLEDフォグランプをつけるとタイヤのインナーフェンダーに干渉する場合が多いのです。干渉していたのを知った上で使っていましたが、まさか割れるとは思いませんでした。

今まで使っていたのがこちら↓

で、再度LEDフォグランプを付けるのに今のものは付けられないので、干渉しないのを探していたらありました!

冷却ファン付きと比べるとだいぶスマートですね。

ただ、冷却機能は落ちるので、冷却ファン付きと比べると寿命は短くなります。これから装着しますが、どんな感じになるか楽しみです。干渉はしないと思いますが、明るさが気になるところです。以前と同じ30wのものを買ったので基本明るさは変わらないと思います。

装着してどんな感じになったかまた追ってブログでアップしたいと思います。

ではでは!