初めてのテレワーク(在宅勤務)とTwitterのお話

皆さんこんにちは。イッケーこと池田素楓です。

今日から約1ヶ月間、当社はテレワークとなりました。当然私も、今は自宅にてこの記事を書いております。

こういう時、Twitterやブログでの発信は会社にいなくとも滞りなく行えるので、良い時代だな〜なんて思ったり。

時間は全て自分で管理。信頼を失わないようにやるべき事はキッチリ前もって決めておくことが大事だと思います。私は前日に予めスケジュールを(ザックリとですが)組んで臨んでいますが、普段の仕事以上に時間配分をしっかりと考える必要がありそうです。

なまじ通勤時間がない分時間が増えているからと油断してはいけません。あくまでも家で仕事をするという意識、それを忘れてはいけないのだと思います。

今回のテレワークでTwitterの発信がとても捗っているように感じます。皆さんもテレワークや、休日であっても外出をしていないためか、ツイートに反応して返信して下さいます。

こういう状況ではありますが、より明るい話題、楽しくTwitterをやっていきたいですよね。先が見えない中、気が滅入ってイライラしてしまうことってあると思います(私も何度か経験したことがあります)。そんな中でも何かしらの楽しみを見つけて、それを発信して皆と共有していく。「楽しい!」「面白い!」という輪が広がっていけば、きっと事態は良い方向へ進んでいくのではないでしょうか。そんな気が私はするのです。

Twitterといえばもう一つ。最近、書籍や趣味のツイートをする時間帯によって「いいね」「リツイート」の数が変化するように感じるのです。

例えば、私が帰宅途中の電車の中で発信したツイートはあまり反応が返ってきません。それは大体17:30〜18:30ほどの時間なのですが、その時間帯は皆さんも帰宅途中であったり、仕事終わり間際であったり、夕飯等の準備でバタバタしているため、Twitterを見ていることがないのかな?と思ったり。

逆に21:00以降ですと、皆さん落ち着かれたのかTwitterでのツイートも多いように感じます。

また、ただ「この書籍面白い!オススメ!」というツイートだけでなく、その書籍に載っている知識を少しだけ載せてツイートするようにしています。そうすると「この本を読むとこんな事を知ることが出来るんだ」と興味をもってもらいやすくなるかな?という狙いがあります。

ただ発信をすれば良いというものではなく、「自分ならこの時間帯はTwitterを見たいとおもうだろうか?」「このツイートを面白いと思うか?」ということも考えつつ、これからも発信を続けたいなと思いました。

それでは、またお会いしましょう!

『Till All Are One!』