初学者向けの海事図書もありますよ~

営業グループの大杉でーす♬

当社は専門書出版社で船関係の本を中心に出版している会社です。どの本も専門性の高い本ばかりですが、中には初学者向け、その分野に興味ある方に十分読んでいたでける本があります。それがこの3冊!

『新訂 ビジュアルでわかる船と海運のはなし』

『船舶知識のABC(10訂版)』

『海事一般がわかる本(改訂版)』

船と一口に言っても貨物船・商船・クルーズ船と種類があります。それぞれの説明や船の重さ(トン数の種類)について等、詳しく紹介しています。ここに挙げた順番で読んでいくと、海事、船のことが理解しやすいかもしれません。『海事一般がわかる本(改訂版)』は、船員を目指す学生のことを考慮した内容になっていて、他の2冊よりも船で使われている装備の解説まで突っ込んで書かれています。なので、ちょっとだけ難しいと感じるかもしれません。

これからの本、船会社さんで船員さんや船をまったく知らずに入社してきた人への教科書として使われていたりします。とてもありがたいことです。

難しい専門書だけではないので「こんな本を探しているんだけど」という時は遠慮せずお問合せくださいね。

ということで、この記事はここまで♬