『麒麟が来る』にも出ている織田氏のお話

こんにちは!イッケーこと池田素楓です。

突然ですが皆さん、『麒麟が来る』観ていますか?私は歴史が大好きなので、勿論毎週楽しく観ているのですが、その中でも特に“織田氏”に注目しています。

かの織田信長の苗字なので有名ではありますが、実は!信長の父・織田信秀の代にはそれほど大きな勢力ではありませんでした。

そもそも尾張国(愛知県西部)には守護である斯波氏がいて、その斯波氏の家臣である織田氏に仕えるのが織田信秀の“織田氏”でした。つまり尾張国のトップの家臣の家臣だったのです。織田信秀は謀略と戦で尾張の一大勢力にのし上がりましたが、美濃の斎藤道三、駿河の今川義元に敗北を喫し、そして道三に同盟を持ち掛け…というのがドラマ内での流れになっています。

今後信秀の織田氏はどうなっていくのか…!というところにも注目してみてください。

 

それでは、またお会いしましょう!

『Till All Are One!』