図書目録がカナダへ!そして、その出来事から思ったこと。

図書目録がカナダへ!そして、その出来事から思ったこと。

こんにちは、営業グループの 大杉です。

ゴールデンウイーク後半が終わり、今日からお仕事。7月まで祝日がないので、頑張らなきゃですね。さてとさっそく、本題に移りましょうかね。

4月にできた総合図書目録。

これには、当社、成山堂書店の出版物の情報が載っているカタログです。

これが図書目録!

これが図書目録!

書名、著者名、定価、内容紹介文が載っています。

書名、著者名、定価、内容紹介文が載っています。

この図書目録ができてから、Twitter上で「図書目録ご希望の方はなるやま君グッズと一緒に送りますよ」と発信したら「ほしい~!!」というコメントを次々といただき、お手紙も添えて送りました!

僕が「毎日のように図書目録の問い合わせが来ている」と発信したり、受け取った方が「なるやま君グッズと一緒に届いた~!」という発信してくれたり、そんな日が続いていたある日、SNSでつながっているロッキーさんこと田中康一さんからも「図書目録がほしい!」とリクエストが!!

田中さんはカナダ在住の方で、ロッキー山脈の麓で日本人旅行者のためのガイド、ツアーのお仕事をされています。昨年、日本に帰国されたときに一度お会いしたことがありました。

まさか、海を隔てた地に図書目録を送ることになるとは夢に思いませんでした。

とりあえず、送る方法をネットで調べて、AIR MAILの扱いで送れることがわかったので、目録やなるやま君グッズなどを封筒に入れて郵便局へ。

無事に届くかな~ドキドキするなぁ、なんて思いながら過ごすこと約2週間。Twitterで「届いたよ~」ってアップしてくれました~!ホッと一安心。

 

いやぁ、うれしいですねえ。

そして、Twitterだけにとどまらず、Facebookでもこのことについて発信してくれていました。

IMG_9066

IMG_9068

IMG_9067

Facebookの記事では、SNSでの発信で参考になることも書かれていたので、画像にある田中さんの記事を引用しますね。

↓以下、田中さんのFacebook記事より引用

ぼくが、わざわざ日本から図書目録を取り寄せた理由は、営業マンの大杉たかしさん 大杉 たかし (Takashi Ohsugi) とTwitterで繋がらせてもらって、彼の毎日の、お仕事とは無縁の投稿(笑)を見てたから。

毎朝、缶コーヒーを買う(ときどきコンビニ)、車やバイクが大好き、嫁さんはSNSへの顔出しが恥かしい、キーボードを弾ける、行きつけの美容室が横浜にある、川崎の自宅から浦安の定食屋さんへ頻繁に通ってる とか、お仕事以外の投稿が8割なんだけど(笑)、だから、彼の人柄が分かって気になるから投稿も見てしまう。

そして、2割くらいしかないお仕事や会社の投稿で、以外にもぼくに興味がある本が紹介されたりしていて、だんだん気になった結果の図書目録の郵送お願いでした。

なにより、手書きのお手紙や、海外へ郵送するにはどんな手順で料金は?? 多忙なお仕事のすき間時間を工夫して、手間暇をかけてくれたことが嬉しいです。すぐりゅん、ホントにありがとう(*^^*)

と書かれていました(^^)

とっても嬉しかったです!

僕のTwitterの発信って、2割3割くらいが仕事であとはプライベートなことばかり。でも、そのおかげで僕に興味を持ち、そこから紹介している本にも興味を持ってくれました。

SNSの発信を仕事でやる際、最終的には利益に結びつかなければならないので、商品のことばっかりアップしがちになります。でも結局、人からモノを買うのでその人がどんな人かわからなければ買わないし、似たような商品はいくらでもあるから他で買ってしまうよなぁって思うんです。

今回の出来事で改めて共感してもらったり、自分に興味を持ってもらうことで最終的には「じゃあ大杉さんから本買うよ」というところにつながっていくんだよなぁって思いました。

再認識できたことに改めて田中さんに感謝いたします!

ありがとうございます!