本当は編集に配属されると思っていた!

本当は編集に配属されると思っていた!

こんにちは、営業グループの大杉です。
成山堂書店に2004年に入社して今年でもうすぐ14年目を迎えます。

僕がこの会社に入ろうと思ったのは、大学で地学を勉強していたので、気象関係の本の製作に携わりたいと思ったからなんです。でもね、いざ入社して「はい、大杉くんは営業部ね」って言われた時「えーーー!まじですか!!僕、トークうまくないし、どちらかというとモクモクと作業を続けるのに向いているんだけどな、あちゃーどうしようかなぁ」って心の中で叫んでいました。

でもね、今は営業でよかったと思います。

そりゃ大変なことはたくさんありますが、当社の本を売ってくれている書店さんと一緒に棚作りをしたり、ニュースレターを通じて読者の方に情報をお届けできたり、やりがいのある仕事ばかりで楽しいです。ちなみに昨年4月からは用紙の発注と製本所さんとのやり取りもするようになって、仕事としてはものすごく増えていますが、なんとかやっております。

大変ですが、色々なことができるのはやっぱりプラスだと考えています。

昨年からはSNS販促も本格的にやるようになって、特にこれからは本のことや成山堂書店のことをきっちり伝えていきたいと思っています。必要としている方にきちんと情報が届くように。

ということで、今日は僕がこの会社に入社したこととこれからのことをちょいと書いてみました~。