これからの季節に楽しい「潮干狩り」で活躍する2冊を紹介。

これからの季節に楽しい「潮干狩り」で活躍する2冊を紹介。

こんにちは、石川です。
今日は久しぶりに販促物の紹介ですよ(^.^)

もうすぐ出来てくる新刊、『みんなが知りたいシリーズ③ 潮干狩りの疑問77』のご案内FAXを書店さんへお送りしました。
これで3巻目となった「みんなが知りたいシリーズ」は、「海藻」「雪と氷」につづいて「潮干狩り」がテーマです!
4月からゴールデンウィークにかけてシーズンを迎える潮干狩りは、言わずと知れた春先の人気レジャーですね。その場で獲るだけでなく、持ち帰った貝を美味しくいただくところまで楽しいイベント。
この本では、潮干狩りに「行くまで」、「している時」、「帰ってから」に分けて潮干狩りに関する素朴なギモンに答えていきます。「アサリのポイントはどこ?」、「砂抜きが上手にできない!」などなど、知っておくと潮干狩りが10倍楽しくなるような知識が満載の一冊です。

0214

紙面ではシンプルに「読めば潮干狩りが楽しくなる本だよ!」とアピールしました。
潮干狩りだけにクローズアップした本の類書はほとんどないんです。

2014②

そしてもういっちょ、当社の既刊に潮干狩りや海遊びで活躍できる本があるんです!
それが『海辺の生きもの図鑑』。この本の特徴はなんといっても、はっ水加工の施された紙を使用していること。
水辺で生き物を探しているときに、濡れた手のままページを繰って使える便利な図鑑です。これを機に、この本ももっと知ってもらわなければ!と紙面に盛り込み、書店様での展開をご提案しています。

新刊とあわせて既刊を紹介することは多々ありますが、きっかけは何にしろどんな切り口で、どんな組み合わせを提案できるだろう?と、日々アンテナを張らなければな~と思うのでした。