第26回 神保町ブックフェスティバルに参加!多くのお客さんが来てくれました。

第26回 神保町ブックフェスティバルに参加!多くのお客さんが来てくれました。

こんにちは、営業グループの大杉です。
先週土曜日、日曜日と2日間に渡って開催された神保町ブックフェスティバル。心配されていた天気もなんとか持ちこたえてくれて盛況のうちに終えることができました。今日のブログはそのレポートとしてアップします。

今回は私がこのイベントを担当。昨年よりもっと売れるためにはどんな本を持って行けばいいかセレクトするところからやりました。私は1日目を担当。オープニングのパレード終了直後にお客さんが殺到し3人体制でしたがしばらくの間てんやわんやの状態。

多数のお客さんに来ていただいて本当に嬉しかったです。

多数のお客さんに来ていただいて本当に嬉しかったです。

 
本を手にとっては次々と「これください」とバンバン売れていきました。昨年は陸・海・空の乗り物関係や史資料、趣味実用本が売れて逆に自然科学書は売れ行きが鈍かったので自然科学を大幅にカットし売れる銘柄のラインナップを増やしました。高定価本も売れて、実際にこうやって売れていく様子を見るとやっぱり嬉しいですね。

今回、なるやま君缶バッジを売るべく、ガチャガチャマシンを用意したのですが、ワゴンとワゴンの間にしか置けず、しかも人が殺到したため隠れてしまい、その存在すら気づかれないことも(泣)これは来年どうすればうまくできるか課題となりました。2日目はワゴン内に置けるスペースが確保できたのでそこで販売。

ミニテーブルの上に置くも高さが低くて目につきにくかったです。

ミニテーブルの上に置くも高さが低くて目につきにくかったです。

画像右側にあるのがガチャガチャマシンです。

画像右側にあるのがガチャガチャマシンです。

 
お客さんの中には当社のことをよく知っている方も見えて「成山堂さん、海関係の船しっかり出されているよね」とウレシイお言葉もいただきました。

今年で出展するのは3年目。昨年、一昨年来られた方が今年も来ていたので、徐々にこのイベントに当社が参加していることが知られるようになってきたのかなという印象を受けました。

2日目はちょっとレイアウトを変えて販売。

2日目はちょっとレイアウトを変えて販売。

このような形で本を敷き詰めて販売。

このような形で本を敷き詰めて販売。

img_3069

 
今回自分が担当となってやってみて、「もっと売れたはずだ!」という手ごたえを感じました。というのも、品切れになった銘柄で「さっきあった大江戸線の本、もうないの?」という声があったからです。他にも初日で品切れになった銘柄があったので2日目のことも考慮してもっと持って行けば売れていたかもしれません。

売れる分野を絞ったことについては昨年よりもいい結果を出せたので今度は持って行く冊数をどうするかも考えて来年チャレンジできればと思います。色々と大変な部分はありましたが、充実感でいっぱいの神保町ブックフェスティバルとなりました。

お疲れ様でしたー!

お疲れ様でしたー!