海の道路地図「海図」

海の道路地図「海図」

営業グループの大杉です。
今日は「海図」の小話を・・・。

以前、石川が「海の地図「海図(Chart)」のおはなし」で海図について書いていますが、私はちょっと突っ込んで各海図について詳しく紹介したいと思います。

「海図」とはわかりやすく言うと、「海の道路地図」。大海原には道路みたいに区切られているわけではないですが、通るところがきちんと決められています。

なので、「海図」 は、航海する上で欠かせないものです。使う目的によって分類されていて、一般に「航海用海図」 と、「特殊図」に分けられます。今日は、このうち航海用に使用される「航海用海図」についてご紹介します。

「航海用海図」は縮尺によって分類されていて

・総図、
・航洋図、
・航海図、
・海岸図、
・港泊図、

の5種類があります。それぞれの海図の特徴は・・・。

1.総図
主に航海計画立案に使用されていて、長距離の航海にも使われます。縮尺1/400万よりも小縮尺のものがこの分類に入ります。

2.航洋図
長距離の航海に使われていて、沖合の水深、主要灯台の位置、遠距離からの視認可能の自然目標などが図示してあります。縮尺1/100万より小縮尺のものがこの分類に入ります。

3.航海図
陸地を視界に保って航行する場合に使用され、船の向きは陸上物標により決められるように表現されています。縮尺1/30万より小縮 尺のものがこの分類に入り、日本近海は1/50万の縮尺の図で全部包含されています。

4.海岸図
沿岸航海に使用するもので、沿岸地形が詳細に表現してあります。縮尺1/5万より小縮尺の図がこの分類に入り、日本沿岸は縮尺1/20万シリーズの図(一部1/25万、1/30万の図を含む)で包含されており、船舶が輻輳する海域や大港湾へのアプローチ用として縮尺1/10万の図が刊行されています。

5.港泊図
港湾、泊地、錨地、漁港、水道、瀬戸、のような小区域のものを詳細に描いたもので縮尺はいろいろありますが、1/5万未満の大縮尺の図は、すべてこの分類に含まれます。

この他にも、海洋開発、環境保全、防災等で使われる「海の基本図」があり、海図と一口に言っても様々な種類があります。大海原を安全に航行できるのは海図のおかげなのです。