自動改札機にも種類がある!

自動改札機にも種類がある!

こんにちは! 大杉です。最近、なるべく1日3食(日によって2食とか5食の時がありました・・・)食べるようにしたのと体を動かすように意識して過ごすようになってから年明けに増えた体重がもとに戻ってきました。年明けに65kg近くあったのが昨日体重を測ったら58.5kgでした。あと0.5で元の体重に! やっぱりきちんとした食事と適度な運動は必要なんですね~。

さて、さてそんな私のプライベートとは全然違うことですが、自動改札に関する豆知識を書きますよ~。今日は自動改札機の種類について。通勤・通学で電車に乗る際、必ず通る自動改札機。実はいろんな種類があるんです。

え?知らない?

では、そんな方のためにいくつか紹介しますね。気にしていると意外とその種類の多さに気付くことができます。最近ではICカードで乗り降りすることがメインとなっているので、ICカード専用の改札機も登場していますね。たまに切符で乗車するときに切符で通過できる自動改札きを探すのにアワアワすることもあります(汗)

1. 一般型自動改札機
首都圏や関西地区をはじめ、乗降客が多い駅に設置されているもの。

自動改札機導入したあとの改札

2.ワンラッチ型
他社の路線に乗り換える際、その境に設置されています。
(スミマセン、画像がありません・・・)

3.簡易型IC専用自動改札機
駅員のいない駅に設置されているもの。自動改札機のドアは付いていません。

Hamakawasaki_uninhabited_turnstile

4.新幹線型自動改札機
新幹線に乗り降りする際、乗車券と特急券の複数枚の処理ができる自動改札機。複数枚の乗車券を処理する時間と利用客の歩く早さの兼ね合いから、一般の自動改札機に比べてながーくなっています。

o0380028511337815147

この他にもいくつか種類があるようなんです。今度電車に乗るときはちょっと気にしてみてください。少しは電車に乗る楽しみが増えるかも?今日はちょっと文章を短くライトに書いてみました!ではまた明日!