「海」のおはなし。「285億円かけてでも守る排他的経済水域」の巻。

太平洋上、硫黄島から南西約700キロメートルのところに「沖ノ鳥島」という島があります。

東京都小笠原支庁小笠原村に属している日本最南端の島。島といっても、満潮時に海上に露出するのは北露岩と東露岩の二つの小岩だけで、それ以外の珊瑚礁の部分は絶えず波にさらされています。この島の付近は台風の通り道になっているため、二つの岩が波による浸食で水没する危機がありました。そこで日本政府は、1988年から2年かけて補強工事を行ったのですが、この時の費用がなんと285億円。すごい金額ですよね!これだけの費用をかけて守るにはきちんとした理由があったのです。

もしこの島がなくなってしまうと40万平方キロメートルの排他的経済水域を失ってしまう事になります。排他的経済水域とは、経済活動を行うにあたって、水産・海洋資源を自由に使うことができる海域のこと。水域が狭くなるということは、獲ることができる資源が少なくなることを意味します。

国土が狭い日本ですが、この排他的経済水域の広さは世界第6位! 日本は海洋資源に恵まれた海洋国家。だからこそ、沖ノ鳥島は日本にとって大事な島なんです。