社内で作るものすべてが販促物。チラシ、名刺の活用。

社内で作るものすべてが販促物。チラシ、名刺の活用。

こんにちは!営業グループの大杉です。年度末時期、皆さま多忙かと思います。当社も、年度末納品や新刊本の刊行で忙しくなっております。こういう時はミスも発生しやすいので、何度もチェックして仕事を進めています。

さてさて、今日は販促物についてのはなしです。↑上の画像見て、何かお気づきになりましたでしょうか? 右の新刊案内のチラシがBefore、左のチラシはAfter。わかりますか? ヒントはチラシの下の方を見てください。何かが加わっていますよね。

IMG_1638

そうです!SNSの情報です。今年から作成するチラシにはこのような情報を入れています。当社ではホームページ以外に、現在Twitter、YouTube、Facebook、販促ブログといったツールを使って書籍の情報や、社内で作った販促物についての紹介等をアップしています。当然、たくさんの人に見てもらってなんぼです。でもどうすればもっとたくさんの人に見てもらえるチャンスができるのか。考えた結果、社内で作っている新刊案内のチラシに載せたらどうかと思い、編集グループの方に協力してもらってこのような形になりました。

社内では様々なものが作られます。書籍、書類、名刺などなど。例えば、名刺は表に日本語、裏に英語表記を載せたものがありますが、そうじゃなければ大体は裏は真っ白ですよね。せっかくなら何かメッセージを書いたりして、相手に覚えてもらえるよう工夫するのがいいかと思います。

ちなみに当社の名刺の裏はこんなふうになっています。

IMG_1639

どんな出版社なのかイメージしてもらえるようこのようなメッセージを載せています。
SNSについては、まだまだ力不足なところもあってこれからですが、見てくれた方の評価は高いです。これからも機会あるごとに当社のSNSのことを知ってもらいたいと思います。YouTubeについては「成山堂さん、動画まで始めちゃったの? すごいことするね~」と驚かれることがあります。様々なツールをフルに活用できるようこれからもがんばってまいります。