ワークマンのランニングウェアの快適性はいかに?

「行こうみんなでワークマン」というCMの歌が、子供心に響いた少年時代。当時はよくわからなかったけど、「仕事に着る服」という印象。そして大人になり、建築現場での作業着というのがわかった。しかし、自分には縁のないものだなと思っていたのが、今ではそんなことがなくなった。

みなさん、こんにちは。
成山堂書店という専門書をつくっている会社の三代目(専務)の小川啓人です。
海に関すること(船、海洋、水産)、気象、飛行機、鉄道などの物流の専門書から、
深海魚、釣り、海の生き物などの趣味的な本までを発行しています。

とにかく安い

都内には店舗が少ないワークマン。我が家の近くにはあるので行ってみると、作業着のスペースと同じくらいカラフルなものが展示されている。今の時期だとランニングウェア。初めて買ったのは、キャンプ用のレインウェア。安くて高機能なところがすごい。ただ、山用具のように超高機能を求めている人には物足りないと思う。値段なりといったところではあるけども、この値段でこのクオリティなら普段使いには十分すぎる。

サラッとしてて着心地良い

今回買ったランニングウェア上下と、靴下2足で2,000円ちょっと。「安すぎません?」っていうくらい安い。ユニクロより安いし、有名スポーツメーカーの靴下1足分くらいの値段。それをまとい走ってみると、何の違和感もないし快適。PUMAやNIKEのロゴはないけども、誰に見せるわけでもないし、走ることが目的だから安いに越したことはない。特にこの暑い時期には軽くて風通しが良いものがいい。

ブランドにこだわらなくなった

昔なら「ランニングウェアはPUMA」と決めていた。理由はかっこいいから。しかし、上下揃えると1万円以上。ロゴを見れば「それっぽい感じ」となるのかもしれないけど、見栄のために走っているわけではないし、自分が着たいものを着て走ればいい。安くて高機能なものがあればそっちを買う。そうやって、こだわりがどんどん無くなってきた。それはそれでいいことだと思う。だって、他にお金がかかることが増えているわけだし、将来のことを考え貯蓄もしたい。なにより、子供たちにお金がかかってくるからね。

ある程度の見た目は気にするけど、過剰になる必要はない。見た目よりも機能性。そんな選び方もいいんじゃないか。あとは、耐久性がどうかはこれから。ヘビーユースして、この夏を乗り切れたら、来年もまた買おうかな。