人生初のラジオ収録「Radio Leader’s」

365日ラジオを聞いているんじゃないかというくらいラジオが好きな僕です。ラジオはテレビと違って想像力をかき立ててくれたり、ふと流れてくる曲に手を止めて、昔を思い出したり、最新の曲を聞けたり、聞いていて飽きることがないんですよね。好きなラジオDJはピストン西沢さんです。ぶっ壊れた感じがとてもおもしろいですね。

みなさん、こんにちは。
成山堂書店という専門書をつくっている会社の三代目(専務)の小川啓人です。
海に関すること(船、海洋、水産)、気象、飛行機、鉄道などの物流の専門書から、
深海魚、釣り、海の生き物などの趣味的な本までを発行しています。

活躍するリーダーを紹介

お恥ずかしながら、活躍しているリーダーとして収録しました。きっかけはマーケティングを教わっている藤村先生からのメッセージ。

「ラジオ出ない?」

というコメントと、短い概要。尊敬する先生のお誘い。断る理由がありません。出演する番組は、MUSIC BIRDという全国のコミュニティFMの、「Radio Leader’s」という、各業界で活躍する人たちを紹介するもの。

「僕が出ていんですか?」と聞いちゃいましたけど、これはいいきっかけだと思い行ってきました。何を話すのかもよくわからなかったけど、自社の本を持っていき、なんとなく話したいことをイメージ。「ミスったらどうしよう」という不安はすぐになくなりました。向こうはラジオのプロ。DJ、プロディーサーの上手はリードで、楽しく話すことができました。

チャンスを掴むのも運のうち

何事も一生懸命やっていれば、チャンスは巡ってくるもの。中途半端にやっていたり、不平不満をもらしている人にチャンスはやってきません。そしてチャンスが来たら即断。迷っている場合ではない。今回のラジオ出演もそんな感じでした。すぐに決めた理由は藤村先生からのお声がけもありましたが、ラジオに出るのは密かな夢。毎日聞いているラジオ。どんな風に収録しているのか興味があったというのも決め手。

僕以外にも藤村先生の元で学んだ仲間が4人。みんな、それなりの実績を上げている経営者。そんな仲間に久々に会えたのもラッキーだった。コロな禍でもしっかりと実績あげていますからね。そこから自社のヒントも見つかり、早速実践。異業種であっても参考になることは必ずある。「うちは業界が違うからね」ではチャンスは掴めない。そこが、結果を出せるかどうかの分かれ目なのかも。知った気にならずに、いつでも初心者の気持ちで人の話を聞けば、なんでも吸収できる。

聞き上手は話し上手

人の話を聞き出すことが上手な人は、話すことも上手。今回はDJの方からいろいろと聞かれながら話すわけです。事前の打ち合わせがあるにせよ、ついついあれこれと喋りたくなるような聞かれ方は、とても参考になりました。社員たちと話をするとき、どうしても僕が喋るほうが多くなる。伝えたいことは山ほどあるけど、社員だって言いたいことはあるはず。そこをまずは聞き出す。話したくなるように聞き出すコツってあるんだろうな。ガツガツ聞くんじゃなくて、「教えてくれないかな?」という聞き方なのかな。そういうことがわかったのも一つの収穫でした。

オンエアされるのはまだ先だけど、どういう風に仕上がっているのか楽しみです。

収録前のランチ。久々すぎる外食でした。