道路交通法が改正。前に入られても「ど〜ぞ」という気持ちで運転しよう

2020年6月30日、改正された道路交通法が施行されることになりました。これにより、問題とされていた「あおり運転」に対する罰則が強化されるそうですね。知らず知らずのうちに、自分の運転も相手からすると、あおり運転になっている可能性も。ここらで自分の運転を見直してみましょう。

みなさん、こんにちは。
成山堂書店という専門書をつくっている会社の三代目(専務)の小川啓人です。
海に関すること(船、海洋、水産)、気象、飛行機、鉄道などの物流の専門書から、
深海魚、釣り、海の生き物などの趣味的な本までを発行しています。

危険なあおり運転

毎日車に乗っていると、「どうしてそんなに飛ばすのか?」と思うような車に遭遇します。自分の道路かのように遅い車がいると「どけどけ」と言わんばかりの後ろからのあおり。ピタッとくっついて、吸い付いているのかのごとくのピッタリ具合。万が一前の車が急ブレーキ踏んだら絶対にぶつかります。そして抜かしていくときには相手を睨みつけるように過ぎ去っていく。だったら最初から普通に抜いていけばいいのにと思うんですよね。

これからは、このあおり運転の取締が強化され、罰則も厳しくなるそうです。あおり運転と判断されれば一発免許取り消しでしばらくは免許再取得ができないとか。あおり運転もピッタリとくっつくように走る、車間不保持。パッシング、クラクションを鳴らすなど。故意な急ブレーキもダメだそうですね。あとはわざとゆっくり走るとか。

しかし、ここで注意したいのが自分の運転の癖。自分のペースで運転しているのが、ゆっくり走っていると取られたり、車間をつめる癖がある人もいますね。教習所で教わったのは「流れにのって運転する」ということ。制限速度はあるものの、道路には流れがあるからそれに乗りましょうと。

車間はつめすぎると危ないです。僕は車2台分が入るくらいの間隔を空けています。そうすれば、もし前の車が急ブレーキを踏んだとしても安全に止まることができるし。

他にも罰則強化はあるので、それぞれで調べてみましょう。そしてそれを、友人や家族、職場の人にも教えてあげて、みんなで共有しましょう。

安全運転が何より大事

ハンドルを握っている以上、危険は付きもの。事故にあう可能性だってあるし、自分が加害者になるかもしれない。そして、狂気にもなり得る危険なものを扱っているという意識は忘れてはいけません。道路交通法を理解した上での運転。それを頭に入れながら、「急いだって一緒」と理解し、必要以上に急がない。都内を運転している分には、どれだけ急いだって同じなんです。信号でつかまるから。急がなきゃいけないことがあるなら、時間に余裕をもつ。常日頃から余裕をもった行動をする。心に焦りがあると、事故にもつながりやすいですから。

運転に遊びの要素を入れてみる

僕は車に燃費計がついているので、それで毎回どの程度の燃費だったのか、点数はどうだったのかを楽しんでいます。エコドライブすることで高得点になるしガソリンの減りも少ないですしね。急がば回れというように、流れにのること。右へ左へむやみやたらに車線変更をしない。道路はサーキットではないですから。飛ばしたいのなら、ライセンスとってサーキットへ行きましょう。その一瞬の判断が命取りにならないよう、安全運転を心がけて車に乗りましょう。

あと、脇見運転も危ないですからね。前を向いて時々後ろを確認しながら、前後左右の状況を確認して運転しましょう。